液タブ『Wacom DTH-W1310T/K0』でコストカット!

ペンタブ, 液タブ

ワコム Windows搭載液晶ペンタブレット Cintiq Companion2 64GB SSD DTH-W1310T/K0

液タブは、デジタルのイラストを製作しやすいだけではなく、高機能になっている事から、多くのイラストレーターたちが利用しています。

しかし、高機能な液タブでも、パソコンを併用しなければ、デジタルのイラストを製作できないケースもあるので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『Wacom DTH-W1310T/K0』です。

この液タブは、パソコンを併用する必要がないので、あまりお金をかけないで、デジタルのイラストを製作できます。

そのため、コストカットしたい方たちには、興味深い機種だと思うので、本製品について詳しく紹介しましょう。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)


Wacom DTH-W1310M/K0の特徴

ワコム Windows搭載液晶ペンタブレット Cintiq Companion2 64GB SSD DTH-W1310T/K0

本製品は、パソコンと併用する必要がない上に、高機能な液タブになっています。

そのため、少しでも機能が高くなっている液タブを探している方は詳しく知りたいと思うので、本製品の特徴について説明します。

単独で利用可能

液タブは、板タブとは違ってペンタブ本体の液晶画面にイラストが表示されますが、それでもパソコンと接続しなければ作業を進められない機種が多くあります。

しかし、本製品が同じ液タブなのに、パソコンを併用する必要が無いのは、ペンタブ本体に『Windows』が搭載されているからです。

実際に、液タブとパソコンを併用しようとしたら、ペンタブ本体に対応可能なOSをパソコンにインストールする必要があります。

しかし、本製品は、そのような事をする必要がないので、パソコンについての知識がない方でも気軽にデジタルのイラストを製作できるのです。

2048レベル

デジタルのイラストを効率よく製作したい場合には『筆圧レベル』に注目する必要があります。

なぜなら、筆圧機能が搭載されているペンタブでも、筆圧レベルが低くなっていたら、線や色の太さの幅が狭くなってしまうからです。

実際に、筆圧のレベルが高い液タブを利用していれば、簡単に極太から極細まで線や色を描き分ける事が可能です。

そして、本製品の筆圧は2048レベルもあるので、ひと塗りでキャラクターの眉毛を描く事ができます。

そのため、短時間で線画を製作したい方には、本製品はおすすめです。

傾きを検知

筆圧機能を搭載しているペンタブであれば、多く販売されていますが、専用ペンの『傾き』まで検知できる機種は、それほど多くありません。

実は、本製品は筆圧だけではなく、傾きまで検知できるのです。

この傾き検知機能が搭載されていれば、専用ペンを傾ける事によって、線の太さだけではなく濃淡まで調整する事ができます。

そのため、筆圧をコントロールするだけでは物足りない方は、傾き検知機能まで搭載されている本製品を検討してみる価値があります。

ショートカット

デジタルのイラストを効率よく製作できる液タブには、共通しているポイントがあって、それが『ショートカット』です。

このショートカットとは、液タブ本体に搭載されているボタンをカスタマイズする事によって、ワンタッチ操作で作業を切り替えられる機能です。

本製品はショートカットまで搭載されているので、様々な作業へ簡単に切り替える事ができます。

そして、カスタマイズできるボタンの種類は、ファンクションキー・タッチホイール・サイドスイッチなど様々な物があります。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)


本製品のメリット

本製品は、他の液タブよりも利便性が優れているので、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、本製品を詳しく知りたい方のために、どのようなメリットを得る事ができるのか紹介するので、確認してみて下さい。

外出先でも利用可能

多くのペンタブは、パソコンを併用する必要があるので、外出先でペンタブを利用する際にはパソコンのある場所でしか作業を進められませんでした。

ところが、本製品はパソコンを必要としないので、外出先でも気軽に作業を進める事が可能です。

そのため、自宅や会社ばかりでイラストを製作していたら、集中力が低下する場合には、カフェで作業を進める事も可能です。

ただし、カフェによっては長居する事をお断りしている場所もあるので、注意して下さい。

作業効率をアップ

本製品は、ショートカットキーや傾き検知など様々な機能を搭載しているので、作業を効率化する事ができます。

そのため、短期間で多くのイラストを完成させる事が可能です。

そのような特徴がある液タブなので、今まで1ヶ月に3~4個のイラストしか製作できなかった方でも、それよりも多くのイラストを完成させる事も可能です(個人差があるので注意)。

そのため、イラストレーターの方で、固定給ではなく歩合制の場合には、本製品を利用する事によって収入を増やす事も目指せます。

製品情報の詳細

液タブを購入する際には『デザイン性』や『価格』などが気になる方もいるでしょう。

そこで、製品情報の詳細も紹介するので、本製品を購入するべきか悩んでいる方は確認してみて下さい。

デザイン性

本製品は、全体的にブラックやグレーのカラーになっていて、サイドの部分がグレーになっています。

そのため、ボタンもブラック系になっているので、シックで落ち着いたデザインになっているのです。

そのため、ブラックまたはホワイトなどを基調にしている部屋に合いやすいデザインになっています。

ただし、全体的に同じカラーになっているので、視力が低い方は、どこにボタンがあるのか見えづらくなってるので、注意して下さい。

コストパフォーマンス

本製品は、高機能になっている上に、Windowsまで搭載されているので、コストをかけられた製品になっています。

そのため、本製品は、Amazonでは送料無料ですが、税込価格192,240円で販売されているのです(2018年6月15日時点)。

実は、数多くあるペンタブの中には、5,000円前後で販売されている機種はいくつもあります。

それを考えたら、本製品は高額な機種のように思うかもしれませんが、パソコンを必要としないので、コストパフォーマンスが優れているほうの機種です。

利用者たちの口コミ

本製品は、パソコンが必要ではない機種でも、値段が高くなっている事に変わりはありません。

そのため、本製品は値段に見合うほどの価値があるのか、頭を悩ませてしまった方は多いでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、購入するほどの価値があるのか参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品に専用ペンを引こうとしたら、ツルツルとした描き心地になっていて、満足している方がいました。

実際に、専用ペンが引っかかりやすい液晶画面になっていたら、なめらかな線や色を引く事が難しいので注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、液晶画面がツルツルとしているのは、本製品の大きな魅力です。

さらに本製品は機能が高くなっている事から、値段が安くなっているように感じている方までいました。

悪い口コミ

本製品を購入している方たちの中には、電源が自動で落ちてしまうケースがありました。

この方は初期不良という形で、交換してもらえました。

そのため、本製品が自宅に届いた時に、何か異変があった場合には、メーカーに早めに連絡したほうが良いです。

そして本製品を利用していたら、ファンの音が少し大きく感じてしまうケースがありました。

そのため、深夜の時間帯まで液タブを利用したい場合には、家族の方に迷惑をかける可能性もあるので、気を付ける必要があります。

まとめ

日本で販売されているパソコンは、以前に比べたら低価格な機種が増えてきました。

それでも、最新のパソコンは、200,000円近い機種が多いので、パソコンと液タブの両方を購入しようとしたら、多くのお金が必要になります。

しかし、本製品はパソコンが必要ではないのに、200,000円以下になっています。

それを考えたら、パソコンを持っていなくてもデジタルのイラストを製作したい方には、本製品はお買い得な液タブです。






ペンタブ, 液タブ