富士通のRPAでオフィスに改革?その魅力や注意点を解説

日本は、デフレが長引いているので、少しでもコストをカットしたいと考えている経営者は多いでしょう。

実は、富士通のRPAを利用したら、コストカットをする事は十分に可能なのです。

しかし、全ての企業にRPAが浸透している訳ではないので、まずはRPAがどのようなもの知っておく事が重要です。

そこで、富士通のRPAの特徴や注意点などを紹介するので参考にしてみて下さい。





スポンサーリンク

富士通のRPAソリューション

富士通のRPAソリューションを利用したら、様々なメリットを得る事ができるので、コストカットしたい場合には活用してみる価値があるので詳しく解説しましょう。

オフィスの改革

RPAは、簡単に言ってしまえば、オフィスの単純作業を自動化できるものです。

実際に、オフィスでは様々な仕事をする必要があるので、定時までに作業を終わらせる事ができない場合があります。

ところが、富士通のRPAを導入したら、オフィスの作業を自動化する事ができるのです。

私たち人間がオフィスの作業を行おうとしたら、マウスを操作して、必要なデータを探す必要があります。

それに引き換え、RPAはロボットなので、効率よく作業を進める事ができます。

コストカット

オフィスの作業量が多くなっていたら、多くの社員が必要になるので、人件費が高くなってしまいます。

人件費が高くなってしまえば、企業経営を圧迫してしまうので注意しなければいけません。

ところが、RPAを導入しておけば、社員の人数が少なくても、オフィスの作業を終わらせる事は十分に可能です。

今まで社員教育に力を入れても、作業を予定通りに終わらせる事ができなくて、人件費ばかりかかってしまう場合には、RPAの導入をおすすめします。

RPA活用を支援

企業の経営者にとって、RPAは便利なシステムですが、どのように導入していけば良いのか分からなければ失敗してしまう可能性があります。

そこで、富士通では、どのように導入していけば良いのか、企業に導入方法を提案してくれるのです。

実際に、富士通のRPAを導入する場合には、全体計画策定・検証・POC・評価検証・構築まで考えた上で、提案してくれるので失敗する可能性が低くなっています。

今まで、RPAを導入した事が1回もなくて心配な場合には、富士通のRPAを検討してみる価値はあるでしょう。

高い信頼性

RPAは、様々なツールがあるので、どのツールが信頼できるのか頭を悩ませてしまうかもしれません。

実は、富士通のRPAは多くの実績を誇っているので、信頼性の高いツールなのです。

実際に、今まで、自治体で『住宅管理システム入力実証事業』を行ったり『市民税業務へのRPA適用の職員作業効率化』などを行ったりしてきました。

様々な実績があるので、少しでも信頼できるツールを導入したいと思う場合には、まずは富士通のRPAを試してみるのも悪くはないでしょう。





スポンサーリンク

RPAの注意点

RPAは便利なシステムですが、いくつか注意すべきポイントがあります。

その注意点を把握しないで導入してみたら「このような予定ではなかった」と後悔する事があり得るので、注意点について解説します。

活用できない業務

RPAは、オフィス作業の多くを自動化する事はできますが、工場で製品を作る事まで行えないので、注意しなければいけません。

工場を経営している場合には、オフィス作業しか自動化できないという事を把握した上で、導入するべきか検討したほうが良いです。

さらに、オフィス作業であっても、難しい作業の場合には、RPAに任せる事は難しいです。

RPAの技術は進化しているので、今後は行える業務の種類が増えていく可能性もありますが、導入する場合にはどのような業務が行えるのか把握してからにしましょう。

コストパフォーマンス

RPAは、様々なツールがあるので『無料』になっているものもあれば『有料』になっているものもあります。

有料のRPAツールを導入した場合には、費用対効果まで考えておかなくては、損をしてしまう事もあり得るので注意しなければいけません。

RPAを導入しようとして、会議で反対意見が出た場合には、まずは無料のRPAツールを提案してみましょう。

無料版を導入してみて、ある程度の成果が出るようになれば、その次から有料のツールを導入しても遅くはないです。





スポンサーリンク

富士通のRPAのメリット

RPAの特徴や注意点を理解してもらえた所で、次に富士通のRPAの場合には、どのようなメリットがあるのか紹介するので参考にしてみて下さい。

作業時間を短縮

富士通のRPAで『入所選考マッチング』を実証した事があって、さいたま市の約8,000人の匿名化データによる実証実験を行って、数秒で保育所割り当てを算出しようとしたのです。

そうしたら、入所選考時間を短縮する事ができたので、市民サービスを維持する事が難しくなってきた場合でも、富士通のRPAを導入すれば作業時間を短縮化する事が可能です。

作業時間を短縮できたら、今まで手を付けられなかった作業を行う事もできるので、市民サービスを維持しやすくなるでしょう(業務の種類によって違いがあるので注意)。

作業量を軽減

富士通は、自治体と一緒にRPAの実証事業を行った事もあって『減免徴収猶予申請書』を1600枚まで読み込んで、システムに登録しようとしました。

驚くべき事に、適用前後では、全ての所要時間が83%も減少したのです。

RPAに任せれば、これほど作業を早く終わらせる事ができますし、自動化する事もできるので、人間が行う作業量を減らす事も可能です。

そうすれば、残業や休日出勤を減らす事もできるので、作業が楽になっていくので転職していく方も減っていく可能性は高くなります。





スポンサーリンク

ワークスタイルを変革

富士通のRPAを活用すれば、ワークスタイルを改革する事もできます。

実際に、ワークスタイルを活用できれば、企業だけではなく社員にとってもメリットが多いので、どのような変化が起きるのか紹介しましょう。

デジタル化

RPAを活用したら、オフィス作業を自動化できるので、膨大な書類をデジタル化する事が可能です。

実際に、数多くある書類をアナログとして活用していたら、どこに書類を保管していたのか調べる必要があります。

それに引き換え、パソコンにデジタルデータとして保存しておけば、検索機能を活用したら簡単に必要なデータを見つける事が可能です。

さらに、紙の書類はボロボロになっていきますが、デジタルデータの書類であれば、時間が経っても状態が悪化しません。

対人関係が変化

社員の作業が多くなっていたら、それだけ多くの仕事をする必要があるので、大勢の社員たちが連携する必要があります。

実際に、一人だけに作業を任せていたら、いつまでも作業を終わらせる事ができません。

しかし、多くの社員たちに仕事を共有させようとしたら、人間関係が悪い場合には、対人関係が悪化する場合もあります。

そこで、RPAを活用して作業量を減らす事ができれば、社員同士で仕事を共有する機会も減るので、対人関係が悪化しづらくなるのです(確実に悪化しないという事ではないので注意)。





スポンサーリンク

まとめ

RPAを導入すれば、コストカットする事はできますが、失敗してしまえば、逆に損をしてしまう事もあるので注意する必要があります。

ところが、富士通では、色々と提案してくれるので、今までRPAを導入してこなかった企業でも、スムーズに導入する事が可能です。

日本の人口は減少しているので、これからは新入社員を採用する事が難しい時代がくるので、早めのうちに対処したい場合には、富士通のRPAを検討してみる価値があります。





スポンサーリンク

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.fujitsu.com/jp/solution…
https://www.fujitsu.com/jp/solution…
https://www.fujitsu.com/jp/group/fj…
https://search.yahoo.co.jp/search?p…
https://it-trend.jp/rpa_tool/articl…
https://www.fujitsu.com/jp/solution…
https://www.fujitsu.com/jp/innovati…
https://www.fujitsu.com/jp/innovati…