導入しやすいRPAツール『Uipath』で作業を効率化!

日本国内で、RPAツール『Uipath』を導入している企業が増えています。

RPAとは、人間に変わって作業をしてくれるシステムなので、コストカットしたい企業から注目されているのです。

しかし、RPAの事もUipathについても分からない企業は多いでしょう。

そこで、RPAのメリットや、Uipathの特徴などを紹介するので参考にしてみて下さい。





スポンサーリンク

RPAを利用するメリット

Uipathを知るためには、まずはRPAのメリットを知らなくてはいけません。

なぜなら、UipathはRPAのツールなので、UipathとRPAのメリットは同じ部分が多いからです。

そこで、RPAのメリットを紹介するので、自社のコストカットを進めたい方は、参考にしてみて下さい。

人口減少に対応

日本の人口減少は深刻度を増していて、自民党は密かに移民政策を進めています。

その移民政策とは、日本国民の数を増やす訳ではなく、労働者を増やそうとしています。

その方法は、留学生に単純労働をさせて、人口減少による生産性の減少を防ごうとしているのです。

ブルーカラー(作業着を着て働く方)であれば、留学生に働いてもらう事は可能ですが、ホワイトカラー(オフィスで働く方)は作業が複雑になるので、留学生に頼る事は難しいのが現状です。

RPAは工場で活用する事は難しくても、オフィスでは人間に変わって作業できる所は多くあります。

そのため、オフィスで人手不足に悩んでいる場合には、RPAを利用するメリットは大きいです。

コストカット

RPAを利用すれば、オフィスで社員に変わって、ある程度まで仕事を行なってくれます。

そのため、企業は社員を採用する人数を抑える事ができるので、社員に支払う給与額も少なく済むのです。

企業はRPAを導入する事によって、コストカットを簡単に実現できます。

さらに社員の場合は人間なので、休日を設ける必要がありますが、RPAに休日は必要がありません。

そのため、多くの作業を済ませる事ができるので、コストカットを進めたい場合には、RPAはおすすめです。





スポンサーリンク

Uipathの特徴

Uipathが、他のRPAとは違うポイントが3つあって、それが、独立性・サポートシステム・対応力です。

この3つのポイントを理解できたら、Uipathがいかに優れたRPAツールなのか分かると思うので、詳しく紹介しましょう。

3つの機能が独立

Uipathには、3つの機能が独立していて、開発機能・実行機能・管理機能が、それぞれ独立しています。

この3つのツールが独立している事によって、サーバーにインストールした後でも、端末となるパソコンで開発や実行をする事ができるのです。

そのため、他のRPAのようにサーバー型に偏る訳でもなく、クライアント型に偏る訳でもありません。

Uipathは自由度の高いRPAツールになっているので、利便性が優れています。

日本語でサポート

RPAツールを導入してみても、日本語に対応していなかったら、何か問題が起きた場合には、その問題を解決する事は容易ではありません。

そこで、Uipathは日本語でサポートするようになっていて、日本企業にとっては利用しやすいRPAツールになっているのです。

そのため、自社に外国語に精通している社員が少ない状態でも、Uipathであれば導入しても、すぐに問題へ対応できるようになっています。

企業規模に対応

日本国内には、大企業もあれば、中小企業もあるので、その規模に対応できなければ、RPAツールを導入するのに大きなリスクが生じてしまいます。

実際に、多くの方たちは、RPAのようなシステムは、大企業が導入しているようなイメージを抱いているでしょう。

ところが、Uipathではパソコンの台数に対応できるようになっているので、大企業だけではなく中小企業が利用した場合でも、大きなメリットを得る事ができるのです。





スポンサーリンク

Uipathの3つの機能

Uipathには、3つのツール(UiPath Studio・UiPath Orchestrator・UiPath Robot)がありますが、その特徴を詳しく把握しておかなければ、導入した後にイメージしたものと違ってしまう可能性があります。

そこで、この3つのツールには、どのような特徴があるのか説明するので、確認してみて下さい。

UiPath Studio

UiPath Studioを利用すれば、プログラミングのコードを利用する必要がなくて、単純な操作で、作業フローを作成する事ができます。

そのため、自社のオフィスにプログラミングについて詳しい方がいなくても、UiPath Studioを活用する事が十分に可能です。

仮にプログラミングの知識を持っている社員がいたとしても、プログラムのコードを打ち込んでいる間に、どこかで間違いを犯していたら、作業が行き詰まってしまいます。

そのような事を考えたら、UiPath Studioは利便性が優れているだけではなく、正確性まで優れているのです。

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestratorは簡単に説明したら、作成したロボットの状況を管理するツールになります。

その管理は多岐にわたっていて、監視や監査だけではなく、プロセスのスケジュールと待ち行列(作業処理の順番待ち)なども管理できるようになります。

さらに、リリース管理(本番環境の変更管理)や包括的なログ管理なども行う事が可能です。

ここまで様々な事を管理できれば、企業が行いたい作業を進めやすくなるので、おすすめのRPAツールです。

UiPath Robot

UiPath Robotでは、2つのロボットを用意していて、1つ目が『Front Office Robot』で、2つ目が『Back Office Robot』です。

Front Office Robotは社員が操作する事によって動作するロボットで、Back Office Robotは社員が操作する必要がないロボットになっています。

このように社員が操作できるロボットもあれば、社員が操作する必要がないロボットもあるので、この2つのロボットを上手く活用する事によって、Uipathを活用できる幅を広げる事が可能です。





スポンサーリンク

Uipathの実用例

RPAのメリットや、Uipathの特徴などを紹介してきましたが、実際に成功している例があるのか、知りたい方も多いでしょう。

そこで、Uipathを導入した実用例を二つほど紹介するので、みていきましょう。

三井住友信託銀行

神託銀行大手として知られている『三井住友信託銀行』は、2017年12月にUipathを導入して、2018年4月から本格的にUipathを活用し始めました。

UipathはRPAツールなので、ルーティン(単純作業)を社員に代わってする事ができるので、三井住友信託銀行では社員の負担が大幅に減りました。

実際に、それまでは少量多品種の業務ばかりしていたのに、それをRPAが行なってくれるようになったのです。

社員の作業量が減れば、社員は単純作業ではない仕事にとりかかる事ができるので、今まで手をつけられなかった仕事も行う事ができるのです。

NTTコミュニケーションズ

NTTコミュニケーションズが、Uipathを導入したら、正確性がアップしました。

ただし、NTTコミュニケーションズが何も対策を講じないで、RPAツールを導入した訳ではなくて、まずは受入試験を行なってみて不具合が起きるのか確かめてから100%の適用に踏み切ったのです。

実際に、最初から全ての分野にRPAツールに任せてから、何か問題が起きたら、その損害は大きなものになります。

そのため、RPAツールを導入するのに心配な場合には、NTTコミュニケーションズのように、まずは受入試験を行なってみてから、本格的な導入に踏み切ったほうが良いでしょう。





スポンサーリンク

まとめ

Uipathは、簡単な操作で管理をする事ができるRPAツールなので、気軽に導入する事ができます。

RPAを導入したら、オフィスで働く社員たちの負担を軽減する事ができるので、コストカットを進める事が可能です。

さらに正確性が増すので、単純ミスを犯さなくなるので、何か間違いがないのか確認する作業も減らす事ができます。