日立のRPAでコストカットが可能!その理由や特徴とは?

RPAは、様々なツールがあって、海外製もあれば日本製もあります。

日本製であれば操作しやすくなっていて、その中には『日立ソリューションズ』もあります。

日立ソリューションズも利用すれば、コストカットする事ができて、これからの時代に対応する事も可能です。

企業を経営している方にとっては、興味深い所だと思うので、日立のRPAについて詳しく紹介しましょう。





スポンサーリンク

日立ソリューションズの魅力

日立ソリューションズは、今まで行っていた作業を自動化する事ができるので、利用価値の高いものです。

今までのオフィス作業に改革を行う事ができるので、その魅力に迫ってみましょう。

紙資料のデータ化

現代は、至る所で『デジタル化』が進んでいるので、他の企業や部署から送られてくる紙の資料をデジタル化している企業は多いでしょう。

実際に、紙資料をデジタル化するためには、紙資料をスキャンしていく必要があるので、紙資料が多くなれば作業量も多くなってしまうので注意しなければいけません。

ところが、日立ソリューションズを利用すれば、紙資料をスキャンしてOCRをかけた上に、データ入力するまでの作業を自動化する事ができるのです。

時間と労力をカット

日立ソリューションズを利用すれば、多くのオフィス作業を自動化する事ができるので、時間や労力をカットする事ができます。

日本では、人権を保証している国なので、社員には決められた就業時間や給与を保証しなくてはいけません。

作業量が多くなっているからとは言え、残業をさせたら手当を払わなくてはいけないですし、残業や休日出勤の数を増やそうとしても上限が決められています。

それに引き換え、日立のRPAはロボットなので、そのような手当を払う必要もなければ、時間も気にする必要がないのです。

企業をサポート

RPAツールを導入している日本企業は増えていますが、運用の仕方が難しくて、頭を悩ませている経営者や担当者がいるのも事実です。

実際に、コストカットできるツールであっても、運用する事ができなければ、逆に出費のほうが多くなる可能性があるので注意しなければいけません。

そこで、日立ソリューションズでは『RPA開発ガイドライン』や『ヘルプデスク』を提供していて、企業展開をスムーズに行えるように支援しています。

そのような魅力があるので、今までRPAの運用に自信がない場合でも、日立ソリューションズはおすすめです。





スポンサーリンク

RPAツール WinActorの特徴

日立のRPAツール『WinActor』は、様々な特徴があって、多くの日本企業が導入したくなるツールになっています。

それでは、RPAツールを導入するべきか悩んでいる経営者や担当者たちのために、どのような特徴があるのか紹介しましょう。

日本語インターフェース

海外製であれば、外国語が利用されているので、担当者は操作法が分からなくて頭を悩ませてしまうケースがあります。

それに引き換え、WinActorは日本製なので、日本人であれば利用しやすいツールになっているのです。

実際に、日本語であれば、短時間で操作の仕方が分かるので、早めのうちにRPAの効果を出したい場合には魅力的なツールです。

ただし、導入を急いでしまって、あまり準備をしないで導入したら、問題が起きてしまう事もあるので注意して下さい。

運用が容易

RPAツールは魅力的であっても、運用は難しいように感じてしまう方は多いかもしれません。

確かに、操作法が難しいツールもあるので、どのように操作したら良いのか悩んでしまうツールもあるのです。

ところが、WinActorの場合には『録画機能』や『GUI操作』で運用する事ができて、簡単にロボットを作成できます。

GUI操作とは、パソコンの画面上でマウスを操作する事を指すものです。

現代であれば、マウスの操作法を知っている社員は多いので、WinActorであれば簡単に運用する事ができます。

シナリオを作成

WinActorは、複数のパソコンで『シナリオ』を作成する事により、膨大なデータの繰り返し作業を自動化する事ができます。

大量のデータ作業を自動化できたら、社員が行う必要がなくなっていくので、コストカットする事は十分に可能です。

WinActorの場合には、人間とは違ってロボットを利用する事になるので、単純ミスを犯す事がありません。

単純ミスがなくなれば、確認作業を減らす事もできるので、効率よく作業を進める事が可能です。





スポンサーリンク

RPAが必要とされる理由

多くの日本企業がRPAを導入していると言っても、経営者や担当者たちの中には「まだ様子を見ておきたい」と思う場合もあるかもしれません。

しかし、早めのうちにRPAを導入したほうが良い理由があるので、詳しく解説しましょう。

日本の社会が変化

RPAツールの導入を早めたほうが良い理由として、日本社会の変化が挙げられます。

最近では、NGT事件の余波によって、アイドルグループ『NGT48』の山口真帆さんが連日ニュースで報道されています(2019年4月時点)。

昔の日本であれば、一人のアイドルが告発する事は不可能に近いものがありました。

しかし、現在はインターネットが普及しているので、テレビ局が動かなくてもインターネットを利用する事により、企業の内情を告発できる時代になりました。

そのような事を考えたら、RPAを導入しないで、社員にばかり負担をかけていたら、ブラック企業と告発しただけで企業は大きなイメージダウンになってしまいます。

RPAを導入して、社会にかかる負担を軽減させておけば、そのような可能性を低くする事ができるので、早めのうちに導入してみる事をおすすめします。

企業と社員の力関係

日本は、人口減少時代に突入しているので、企業と社員の力関係も変化してきました。

今までは、不景気だったので、社員よりも企業のほうが強い立場でした。

しかし、新入社員を確保する事が難しくなってきたので、社員の立場が少しずつ強くなっているのです。

早めにRPAを導入して社員にかかる負担を軽減しなければ、転職していく恐れがあるので、注意したほうが良いでしょう。





スポンサーリンク

RPAを導入するメリット

RPAは様々なツールがある事は説明してきた通りですが、共通するメリットがいくつもあります。

そのメリットを知れば、日立のRPAを導入する理由もよく分かると思うので詳しく解説しましょう。

時間を有効活用

オフィス作業を自動化する事ができれば、社員は作業量が減っていくので、他の作業をできるようになります。

実は、RPAツールと言っても、複雑なオフィス作業を行う事は難しくて、単純なオフィス作業しかできないという問題点があるのです。

作業を自動化する事はできても『考えながら作業』をする事は難しいのです。

しかし、難しい作業を社員に任せて、単純作業をRPAに任せておけば、今まで行えなかった改善提案を行わせる事ができます。

競争力がアップ

RPAを導入して、改善提案を進めていけば、企業の競争力を高める事はできます。

実際に、多くの日本企業がRPAを導入する事によって、競争が激しくなっているので、RPAツールを導入するメリットは大きいです。

逆の言い方をすれば、競争力を高めておかなければ、ライバル企業に負けてしまって、赤字経営に陥る可能性もあるので注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、RPAを導入して、早めのうちに競争力を高めたほうが良いでしょう。





スポンサーリンク

まとめ

日立のRPAは、日本製なので、海外製よりも簡単に運用する事ができます。

RPAツールを上手く運用できたら、コストカットする事ができるので、人口減少時代に対応する事も可能です。

企業の競争力を高めておけば、国内企業だけではなく、海外の企業と競争しても、赤字経営になる可能性も低くなります。

そのような事を考えたら、RPAの導入に悩んでいる場合には、運用しやすい日立のRPAは、おすすめです。





スポンサーリンク

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.hitachi-solutions.co.jp…
https://www.hitachi-systems.com/sol…
https://www.hitachi-systems.com/sol…