移行は今のうちから!RPAを駆使したデータ処理が標準化する時代はもうそろそろ

IT技術は日々進化し、時代に取り残されてしまうことは事業の存続すら危ぶませてしまうものです。

そして現在、RPA事業が注目されるようになりました。

特にデータ処理を事業としている企業はRPAについて検討し始める時にきているのかもしれません。

そこで今回はRPAがこれからの時代において必須となる可能性についてみていきましょう。





スポンサーリンク

RPAでデータ処理はより効率化できる

RPAはRobotic Process Automationの略称で、その意味は「ロボットによるプロセスの自動化」となります。

ソフトウェアの一種であり、シンプルに端末にインストールするものからクラウドを活用したシステムとなっているものまで様々なものが存在するようになった形です。

手がける企業は国内から国外まで色々とあり、向いている処理や事業規模もそれぞれ異なります。

では一体RPAを使うと何ができるのかというと、それは意味通り「ロボットによるプロセスの自動化」です。

このロボットというのはソフトウェアロボットを意味し、プロセスはパソコン上の処理を指しています。

いわばソフトウェアロボットにパソコン上の処理を自動でしてもらうことができるものがRPAなのです。

設定した通りに命令を実行

ソフトウェアロボットは指示通りに動く一種のプログラムです。

ただ必ずしもプログラミングをする必要はなく、プログラマでなくても簡単に設定をすることは可能となっています。

そのためIT系のエンジニアでなくても使いこなすことができるのです。

基本的にあらゆる作業を設定することができるのですが、特に得意な領域が繰り返す処理となります。

そのためデータ処理はRPAにとって本分ともいえるでしょう。

そこで「Excelのマクロのようなものなのかな」という疑問が浮かぶかもしれませんが、その実態は全く異なるものといえます。





スポンサーリンク

パソコン上の操作を自動化できる

Excelのマクロなどは「Excelの」とあるように、特定のソフトウェア上でしか使うことができません。

その場合、例えばマクロを使ってエクセルファイルを編集した後、商品を登録したり指示書を作成するときには人の手が必要になるものです。

マクロでできることは非常に限定的といえるでしょう。

ですがRPAの場合はもっと領域が広く、特定のソフトウェアだけに依存しません。

パソコン上でできる操作であれば何でもできると考えて良いでしょう。

そのため例えばエクセルで編集したデータを使って商品を登録したり指示書を作成することも可能です。

またウェブサイトにログインしてデータをアップロードしたり、データをメールに添付して提携文を記載して送るということも可能だったりします。

RPAは適用範囲が広いため、設定次第でいくらでも使いこなすことができるツールなのです。

RPAを使わず特定のプログラムを作る場合

RPAも他のソフトウェアと同じくプログラミングによって作られた製品です。

そのため、特殊な処理用のプログラムを作ればそれでも同じような作業をこなすことは可能となります。

ですがそのリスクはRPAを導入するよりも高いといえるでしょう。

まず同じような処理をこなすプログラムを作る場合、複数のウィンドウをどう操作するか、という問題があります。

Windowsでは各種ソフトウェアの実行画面をウィンドウと呼ぶのですが、これをどう判断するのかは難しいところです。

仮に特定のソフトウェアを起動させて作業する場合も二重起動を防ぐ必要があったり一筋縄ではいかないでしょう。

それから設定する上では簡単でもプログラム上は難しいといった作業もあります。

例えばウェブサイトへのログインをプログラムで実現する場合、ウェブブラウザを起動させ特定のURLへ移動するのは良いとしても、今度はどのフォームにIDとパスワードを打ち込むかという問題が生じるはずです。

さらにIDとパスワードをプログラム内に組み込むか外部ファイルから抜き出すか、はたまたログインできなかったはどうするか、といった処理についても考えなくてはいけません。

そうして苦労して作ったプログラムには相応の対価が必要となります。

さらに規定が変われば処理内容も変更しなければならず、プログラムの改修をしなければならなくなります。

お金の面からみても非効率な方法といえるでしょう。

特殊な処理を自動化する際に、専用のプログラムを作成することは手間暇もセキュリティ上のリスクも抱えることになります。

改修には専門家の手を借りなければならず、予算を潤沢に用意できない場合はおすすめできません。

それよりもやはりRPAを利用した方が良いでしょう。





スポンサーリンク

作業量が人よりも多い

商品登録などの単純な作業をする場合、人間よりもRPAの方が遥かに効率よくこなしてくれます。

人間はアナログな生き物なので集中力はそのうち途切れますし、方法も人によって異なるためベストな効率を発揮することは難しいのです。

それに比べRPAは完全なロボットなので設定通りに忠実に命令を実行していきます。

また、操作速度自体が単純に人間より優れています。

例えばマウスカーソルを特定のボタンに移動してクリックする場合、人間の場合はその通りにこなす必要があります。

ですがRPAならクリック座標さえ分かればそこにクリックするという命令を組み込むことで瞬時に作業をこなしてくれるのです。

それからデータをコピー&ペーストする場合も人間よりも素早くこなすことができます。

人間の場合は指定座標を選択して右クリックしコピー、その後別のフォームまでマウスカーソルを移動させて右クリックしペーストするという流れになるでしょう。

ですがRPAならわざわざ移動する必要は無く、指定座標の指定範囲をコピーし別のフォームの座標へ即座にペーストさせることができます。

データ処理すべき作業量が多ければ多いほどこの作業スピードの違いは大きく響いてくるでしょう。

ロボットには体調不良も起こりえませんし、気分の変調もありません。

ただ命令通りに効率よく素早い処理を行ってくれるのです。

ヒューマンエラーの心配も不要

人間が作業するときにどうしても出てしまうのがヒューマンエラーというものです。

膨大な作業をこなしていくと、必ずといって良いほどどこかでミスをしてしまいます。

データを挿入する欄がズレたり誤字脱字をしたりと思わぬミスを起こしてしまうのです。

一方、RPAは設定された処理をそのまま何回でも同じように繰り返すことができます。

ロボットにおいてヒューマンエラーのようなミスは起こることがなく、淡々と仕事をしていくだけなのです。

むしろ設定が正しい限りミスが入り込む余地はありません。





スポンサーリンク

導入が遅いと同業他社との差が開くおそれも

RPAの処理速度は速く人間を軽く上回ります。

そのため、業種にもよりますがRPAを使った作業と使わない作業では大きな差を生むことになるでしょう。

膨大なデータ処理が可能になれば同業他社よりも価格を低く見積もって仕事を受けることができます。

それは何より同業他社よりも依頼側にとって金銭的な魅力のある企業になったことの証左です。

逆にRPAを採用せず人間にデータ処理を任せている企業は、どうしても人件費を抑えることはできずRPAを採用した企業よりも大きな金額で仕事を受ける必要があります。

ですが、それは単純に単価が高いわけですから依頼者としてはより安いRPAを採用している企業を選ぶようになるでしょう。

正に今、現在がRPAを導入するかどうかの瀬戸際です。

また、この状況は同業他社を圧倒するチャンスでもあります。

いち早くRPAを導入し業界内のイニシアチブを取りましょう。

導入費用に気をつけよう

RPAはソフトウェアの一種ですが、基本的に企業向けの価格設定となっているため販売価格は高めです。

ほとんどは年間ライセンスでの販売となるため毎年コストがかかると思って良いでしょう。

ただ中にはライセンスを限定したものも存在しています。

「UiPath」のCommunityエディションでは、個人ないし小規模事業者に限り無料で使用することが可能です。

満足なサポートを受けることはできないものの、使いこなせば大きな戦力になるかもしれません。

他のRPAは数十万円から百万円以上の導入費用を見積もることになるでしょう。

予算と相談しながらどれを選ぶか検討することをおすすめします。





スポンサーリンク

まとめ

RPAが必須となる可能性についてみてきました。

RPAを利用すれば正確で効率的な処理を素早く行ってくれます。

そのためデータ処理においてRPAを導入した企業と導入していない企業では効率は大幅に異なるでしょう。

もしデータ処理を事業としているのであれば今からでもRPAを検討すると良いかもしれません。

またRPAは簡単に使うことができるので、非IT企業においても有効に使うことができるでしょう。

様々な業種において、自動化できそうな処理があれば導入することで思わぬ効果を発揮してくれるはずです。