AI-OCRとクラウドRPAで作業を効率化!その秘密とは?

日本政府は、新しく変わろうとする時代に対応できるように『労働者派遣法』を制定しました。

この法律によって、企業は正社員より人件費があまりかからない派遣社員に仕事を任せられるようになったのです。

しかし、派遣社員に仕事を任せても、コストをかけてしまって頭を悩ませている経営者は多いでしょう。

そこで、おすすめしたいのが『Robotics BPO for Smart Work』です。

このRobotics BPO for Smart Workは、AI-OCRとクラウドRPAを利用する事によって、事務作業のコストを削減できるようになっているので、その秘密に迫ってみましょう。





スポンサーリンク

Robotics BPO for Smart Workの特徴

Robotics BPO for Smart Workで、コストを削減しようとしても、それを導入しようとしたら、お金をある程度までかけてしまいます。

そのため、どのようにしてコストを削減できるのか知りたい企業は多いと思うので、その理由を詳しく解説しましょう。

表計算の業務を実行

事務作業でコストをかけてしまうものとして『表計算』が挙げられます。

実際に、数多くの請求書に書かれているものを計算しようとしたら、多くの時間や労力をかけてしまいます。

そのような事になってしまえば、オフィスで作業する社員を多く配属する必要があるので、頭を悩ませている経営者は多くいるはずです。

ところが、Robotics BPO for Smart Workは、高精度なOCR(光学式文字読み取り装置)によって、請求書をスキャンしてデジタル化する事ができるのです。

スキャンされた画像は、企業名や請求金額が読み取られているので、RPAでExcel(表計算ソフト)で自動的に入力や集計を可能にしました。

そのため、オフィスの作業を少しでも削減したい場合には、Robotics BPO for Smart Workの導入をおすすめします。

間違いを見つけるシステム

Robotics BPO for Smart Workの魅力は、文字を読み取るだけではなく、その間違いを見つけられるところです。

実際に、人間であれば単純ミスを犯してしまう事があって、金額が合わない時や、思いがけないほどのトラブルを起こしてしまう事さえあるので注意しなければいけません。

ところが、Robotics BPO for Smart Workは、金額が異なる場合には、アラートを出します。

そのため、アラートが起きた時に、社員に間違いを確認させれば、事前にトラブルを防ぐ事も可能です。

コストの削減を実現

Robotics BPO for Smart Workを利用したら、事務作業を削減できる事が分かっても、具体的にどこまでコストを削減できるのか知りたい経営者もいるでしょう。

実際に、企業の規模によって違いがあるので、大きな誤差は生じてしまいます。

しかし、Robotics BPO for Smart Workを導入する事によって、工数が84%も削減できたところがあるのです。

これほど削減できなかったとしても、それに近い数値まで削減できる可能性はあるので、少しでもコストをカットしたい場合には、このシステムを検討してみる価値があります。





スポンサーリンク

利用する際のポイント

Robotics BPO for Smart Workが、コストカットできるシステムと分かった経営者たちの中には、このシステムを導入したくなった方もいるでしょう。

そこで、このシステムを利用する際のポイントをいくつか説明するので、確認してみて下さい。

指定ファイルに変換

紙に書かれた文字を読み取ってもらうためには、指定ファイルに変換をする必要があるので、多少の手間暇をかける事になります。

そのため、Robotics BPO for Smart Workを導入すれば、何もしなくても紙に書かれたものをデジタル化できるという訳ではないので注意して下さい。

そのような注意点はありますが、指定ファイルに変換するだけで済むので、今までの作業に比べればコストをカットできるはずです。

サポート体制

Robotics BPO for Smart Workのように、RPAを利用しているシステムを導入している企業は多くあります。

しかし、RPAを導入してみても、思ったように上手く運営できない可能性もあるので注意しなければいけません。

それでは、Robotics BPO for Smart Workはどうなのかと言えば、メーカーの『サポート体制』がしっかりとしているので、企業の環境に合わせて提案をしてくれるのです。

さらに、ランニング費用も、オフィスの作業量や予算に合わせて、利用できるようにしているので、気軽に導入できます(企業の状況によっては対応できない可能性もあるので注意)。

導入する手順

Robotics BPO for Smart Workを導入するためには、まずは資料を請求して、お問い合わせをする必要があるのです。

それが済んだら『現状のヒアリング』が行われて、企業の状況に合う提案がなされます。

提案が納得できるものであれば、本契約が済んで導入となるのです。

このように、いくつかステップを踏んでいくので、何か問題が起きても、損害を最小限に抑えられます。





スポンサーリンク

RPAを導入するメリット

今までRPAを導入してこなかった企業は、Robotics BPO for Smart Workを導入するのに躊躇(ちゅうちょ)してしまうでしょう。

そこで、RPAを導入した場合のメリットを紹介するので、確認してみて下さい。

人件費を削減

RPAを導入しておけば、オフィスの作業量を減らせるので、これからは正社員の採用人数を減らしても、今まで通りの作業を済ませる事ができます。

そのため、Robotics BPO for Smart Workを導入すれば、作業にかかるコストだけではなく、人件費までカットできるようになるのです。

ただし、今まで働いている社員を解雇しようとしたら、多くの社員たちに反感を買う可能性が高いので、コストをカットする場合には慎重に行ったほうが良いでしょう。

人口減少時代に対応

日本は人口減少時代に突入しようとしているので、多くの企業が人手不足になる事が懸念されています。

そのため、自社でも企業経営を続けられるか心配になっている経営者は多いでしょう。

ところが、RPAを導入しておけば、人間にしかできない仕事だけを社員にさせれば、少ない社員でも企業経営を続ける事が可能です。





スポンサーリンク

RPAを導入する際のデメリット

RPAは、企業にとって便利なツールですが、いくつかデメリットもあるので注意しなければいけません。

そこで、RPAを導入する場合の注意すべきポイントについて紹介するので、参考にしてみて下さい。

社員への説明

RPAを導入しても、社員を解雇するつもりがなくても、何も説明していなければ社員は不信感を抱く場合があります。

なぜなら、今まで自分たちが行なっていた作業をRPAがするようになったら「自分はいつか解雇されるのではないか」と思う社員が出ても不思議ではないからです。

そのため、RPAを導入した後は社員の方たちに「ここまでの作業はRPAに任せるが、これからは今まで手を付けられなかった作業をしてもらう」と説明をしたら、社員の方たちも安心して仕事をできるようになるでしょう。

導入する規模

Robotics BPO for Smart Workを導入する際には、いくつかステップを踏んでいくとは言え、100%安全とは言い切れません。

そのため、RPAを導入する事によって、逆にコストをかける事になってしまう場合もあるので、まずは企業全体で導入するのではなく、一部の分野で導入するようにしましょう。

それが上手くいった場合に、導入する分野を少しずつ増やしていけば、リスクを軽減できます。





スポンサーリンク

まとめ

RPAを利用できるRobotics BPO for Smart Workは、紙に書かれた文字をデジタル化するだけではなく、間違いを見つける事も可能になっています。

このシステムを導入したら、コストカットしながら、間違いによる損害や、間違いを再確認する作業も減らす事ができるのです。

そのため、事務作業によるコストや間違いを少しでも減らしたい場合には、Robotics BPO for Smart Workを導入してみる事をおすすめします。