Blue PrismのRPAツール! その魅力や注意点とは?

日本の工場では、多くのロボットが一部の仕事を行うようになって、労働者の負担が軽減されてきました。

しかし、オフィスで働く方たちの仕事量を軽減する事ができなくて、大きな問題点となっていたのです。

所が、オフィスで働く方たちの仕事を軽減できるものとして『RPA』が注目されるようになってきました。

そして、Blue Prismが提供しているRPAツールは、多くの企業に大きなメリットをもたらしてくれます。

しかし、このRPAツールを導入した場合には、メリットだけではなく注意点もあるので、詳しく紹介しましょう。





スポンサーリンク

Blue Prismの特徴

RPAという言葉を聞いた事がある方でも、具体的に、どのようなものか分からない方は多いでしょう。

そこで、Blue Prismを紹介しながら、RPAについても説明するので確認してみて下さい。

Blue Prism株式会社

Blue Prismは、RPAツールを提供している企業の事で、正式名称は『Blue Prism株式会社』になります。

こちらのBlue Prism株式会社は、東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル12Fにあって、日本政府が推し進めている『働き方改革』を後押しするような事業を行っているのです。

この働き方改革とは、今までのような組織が個人を犠牲にして働かせるような社会ではなく、個人の個性や才能を大事にして働ける社会を指します。

実際に日本は人口減少に突入していって、今までのような社会は成り立たなくなってくるので、Blue Prismが提供しているRPAツールは、今後の日本に必要不可欠なものになっていく可能性は高いです。

RPA

RPAは、オフィスの仕事を分担してくれますが、注意しなければいけない点があって、それは全ての仕事を行えるという訳ではない事です。

そのため、RPAを導入したら、オフィスに社員は一人もいなくて大丈夫だと思ったら、大変な事態を招いてしまうので気を付けて下さい。

実際に、RPAが行える仕事は単純な仕事になるので、単純な仕事はRPAに任せて、複雑で難しい仕事は社員に振り分ける事が重要になります。

3つの種類

RPA自体は、オフィスの仕事を分担してくれる訳ですが、RPAツールは様々な種類があります。

そのため、Blue Prismが提供しているRPAツールを導入する際には、どのようなツールなのか把握する事が重要です。

実際に、Blue Prismが提供しているRPAツールは大きく分けて3つの種類があります。

その3種類とは、全社統括型・エンタープライズ・セキュリティなどです。

この3種類は、どれも各企業にとって重要なものになりますから、これからRPAを導入しようと考えている経営者は、Blue PrismのRPAツールを検討してみる価値があります。





スポンサーリンク

Blue Prismの魅力

Blue PrismやRPAを理解してもらえた所で、次にBlue Prismが提供しているRPAツールの魅力について解説していくので、興味のある経営者は参考にしてみて下さい。

セキュリティを強化

Blue PrismのRPAツールには『セキュリティ機能』が備えられているので『PCI DSS』の規格をクリアする事ができます。

このPCI DSSとは、クレジットカード会員の情報を保護するために作られたセキュリティ基準を指します。

そのため、セキュリティを真剣に考えている場合には、このような大事な規格をクリアしているRPAツールを導入するメリットは大きいです。

そのため、一般企業だけではなく、金融機関や医療機関などでもBlue PrismのRPAツールは、おすすめです。

野生ロボを監視

オフィスで働く社員たちの負担を軽減する事は、RPAの大きな魅力ですが、RPAは完璧という訳ではありません。

そのため、ある時には予想もしていなかった事態に陥って『野生ロボ』が暴れてしまう事もあるのです。

この野生ロボとは、企業では管理不能になったロボットの事であり、野生ロボが手に負えなかった場合には、企業にとって大きなダメージとなります。

そこで、Blue PrismのRPAツールは、野生ロボを防止する機能まで備えられているのです。

Blue Prismを利用したケース

RPAツールを導入しようと考えている経営者たちの中には「RPAツールを導入した具体例を知りたい」と思う方もいるでしょう。

そこで、東芝情報システムが、Blue PrismのRPAを活用した『GRANDIT ロボットオプション』を紹介します。

このGRANDIT ロボットオプションでは、定期的な入力作業から、簡易的な業務などをRPAが自動化する事が可能です。

そのため、自社のオフィスで、簡易的な作業が多い場合には、Blue PrismのRPAツールを導入する価値があります。





スポンサーリンク

Blue Prismのメリット

Blue PrismのRPAツールの魅力が理解できても、実際に導入した場合の具体的なメリットを知りたい経営者は多いでしょう。

そこで、実際に導入した場合のメリットをいくつか紹介するので、参考にしてみて下さい。

仕事のミスが減少

企業を経営している方にしてみれば、オフィスで働く社員の仕事を減少させる事は、綺麗事のように聞こえるかもしれません。

所が、社員の仕事量を減らして、RPAの仕事量を増やしたらミスが減っていくのです。

なぜなら、私たち人間は高度な知識を持っているように見えて、単純なミスを犯してしまうからです。

それに引き換え、RPAツールはロボットでもあるので、人間が犯してしまうような単純なミスを防ぐ事ができます。

そのため、単純なミスを減らしたい場合には、RPAツールを導入するメリットは大きいです。

作業量がアップ

日本は法治国家であり近代国家でもあるので、社員一人ひとりの人権を認めている国です。

そのため、社員たちが健康に生活できるように『労働基準法』が定められているのです。

実際に、社員に対して、強引に多くの作業量を行ってもうおうとして、法外な労働時間を強制させたら処罰の対象になります。

そのため、少ない社員で行える作業量には限界があります。

それに引き換え、RPAのツールには人権がないので、1日24時間働かせる事が可能になるので、作業量をアップさせる事が可能です。





スポンサーリンク

Blue Prismの注意点

Blue PrismのRPAツールを導入した場合にはメリットだけではなく、いくつか注意点もあります。

その注意点を把握しておかなければ、思ったように利益を生み出す事ができないので、詳しく説明します。

コストパフォーマンス

RPAのツールは、1日24時間まで働かせる事はできますが、無料という訳にはいきません。

実際に、Blue PrismのRPAツールを3年契約で利用する場合には、年間最低利用料は1200万円程度まで必要になります。

そのため、中小企業ではBlue PrismのRPAツールを導入しようとしたら、損をしてしまうケースもあり得るので注意しなければいけません(2018年7月28日時点)。

ツールの種類

RPAツールには様々な種類があるので、あなたが経営している企業に合うツールが、Blue Prismとは限りません。

実際に、RPAツールの種類には、BizRobo!

●WinActor・UiPathなどがあります。

それぞれ共通する部分はありますが、作業できる内容が違っている部分がありますし、利用料も違っているのです。

そのため、RPAを導入する場合には、様々なRPAを把握した上で、Blue PrismのRPAツールが自社に合うサービスだと思った場合に導入したほうが良いです。





スポンサーリンク

まとめ

Blue PrismのRPAツールは、他のRPAツールとは違って、オフィスの一部の仕事を行ってくれるだけではなく、野生ロボを監視する事まで可能です。

そのため、今までRPAツールを導入していない企業だけではなく、野生ロボに苦労していた企業もBlue PrismのRPAツールを導入してみる価値があります。

ただし、全ての企業が利益を生み出せる訳ではないので、Blue PrismのRPAツールを導入したら、本当に得になるのか把握したほうが良いです。