IPOで人気の高いRPAで稼ぐ方法を紹介! 注意点もある?

IPOは、今まで株の取引をしてこなかった方でも、お金を稼ぎやすい事から注目されています。

そのため、今まで株の取引で、損失を出す事が恐ろしかった方でも、気軽に始めやすくなっているのです。

実は、IPOで、注目を集めているもので『RPA』があります。

RPAは多くの日本企業から注目されていて、今後も成長していく分野と言われているので、これから株の取引をしたい方たちのために、RPAやIPOなどについて詳しく解説しましょう。





スポンサーリンク

IPOで人気の高いRPA

株の取引をする際には、自分が扱うものが本当に信頼できるものか見極める必要があります。

それを見極められなかったら、損失を出す恐れがあるのでRPAについて説明するので、確認してみて下さい。

人手不足を解消

RPAの市場は成長を続けていますが、それは『人手不足』を解消する切り札と思われているからです。

実は、RPAはオフィスの単純作業を自動化できるシステムなのです。

オフィスでは、優秀な社員が単純な作業を行なっていて、非効率な作業をしている企業が多くあります。

そこで、RPAを導入する事によって、単純作業をRPAに任せて難しい作業を社員に任せる事により、効率的に作業を進める事が可能になりました。

このように便利なシステムなので、多くの日本企業が導入を進めているので、今後も市場が成長していく可能性は極めて高いのです。

企業のミス対策

RPAの魅力は、社員にかかる作業を軽減するだけではなく『単純ミス』の減少も挙げられます。

実際に、優秀な社員とは言っても、人間である事に変わりはないので、長い間に渡って単純作業を繰り返していたら、集中力が低下していきます。

集中力をキープできなくなったら、思わぬ単純ミスを犯してしまうので、場合によっては企業が大きな損害を受けてしまう事もあるのです。

しかし、RPAはロボットなので、人間のように集中力が低下する事はありません。

企業のコストカット

RPAを導入した場合には、オフィスで多くの社員がいなくても、ある程度まで作業を進める事ができます。

そのため、新入社員の採用人数を減らしても、今まで通りの作業を行う事ができるようになるので『コストカット』をする事まで可能です。

RPAを導入して、コストカットを実現できれば、企業が隠さない限りはRPAの素晴らしさが周りの企業にも伝わっっていきます。

そうなれば、さらに多くの日本企業が導入していくので、株の取引で魅力的なRPAは人気が高いのです。

日本に必要なシステム

株の取引においては、いつまでも株価が高いという事は難しいです。

ところが、RPAは日本企業にとって必要不可欠なシステムと思っている方は多くいるので、高い株価を期待できます。

なぜなら、日本は『人口減少時代』に突入しているからです。

人口減少時代に突入しているので、これからは簡単に新入社員を採用できない時が来ます。

それでも、RPAを導入しておけば、人口減少時代にも対応できるので、株価が高止まりする可能性は高いです。





スポンサーリンク

IPOの魅力

RPAの人気が高くなっている理由を理解できてもらえた所で、次にIPOについて紹介するので、確認してみて下さい。

それが分かれば、IPOで株の取引をしたくなるはずです。

リスクが少ない

IPOとは『Initial Public Offering』の略語で『新規公開株』または『新規上場株式』と表します。

少し難しい言葉になってしまいますが、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場して、誰でも株の取引ができるのです。

株の取引と言えば、多くの方たちは、稼げる方は一部の投資家で、経験の少ない場合には損をするものと思っているでしょう。

ところが、IPOは稼ぎやすくなっているので、株の取引で損をする事が怖い場合でも、おすすめです。

利益が大きい

IPOは、誰もが参加できるのは魅力的なポイントですが、100%株を取引できるという事でもありません。

なぜなら、IPO投資家は、新規上場する際に投資家に配られる『株を買う権利』を抽選で手に入れる必要があるからです。

抽選なので、必ず株を取引できるという訳ではありませんが、2018年には95社が新規上場した時に多くの株で利益が出たのです。

実際に、2018年に上場した『RPA HD』は、騰落率(とうらくりつ)が300%にもなりました。

騰落率が高くなっているほうが、稼ぎやすいので、それが300%にもなっている事を考えたら、IPOのRPAに注目する価値がよく分かるでしょう。





スポンサーリンク

IPOの特徴

IPOの魅力が理解できても、その特徴を把握しておかなければ、株を上手く取引できないでしょう。

そのような事態を避けるために、IPOの特徴について説明するので参考にしてみて下さい。

少ない資金でも参加が可能

利益を生みやすいIPOであっても、株を取引するほどのお金を準備できないと思ってしまう方は多いでしょう。

実は、IPOに参加するためには、それほど多くのお金を必要としないので、多くの方たちが気軽に参加する事ができるのです。

実は、IPOの抽選資金が10万円もあれば全体の1割に参加できて、20万円にもなれば全体の5~7割に参加する事ができます。

30万円になれば、ほぼ全てのIPOに参加する事ができるので、少し貯金を貯めておけば、参加する事ができるのがIPOなのです。

利益を得る方法

株の取引において利益を生み出す方法と言えば、少ない資金で手に入れた株を高値になった所で売却する方法です。

しかし、どの株が、株価が高くなっていくのか分かりづらいですし、どこまで株を持っていれば良いのか把握する事も難しいでしょう。

ところが、IPOの場合であれば購入した後に、あまり時間を経過しないうちに売却するだけで利益を生み出す事ができるのです。

損をしてしまう場合もありますが、利益を生み出す可能性は高いので、挑戦してみる価値があります。





スポンサーリンク

IPOの注意点

IPOであっても、損をしてしまう事もあるので、どのようなケースであれば損をしてしまうのか、知りたいでしょう。

そこで、IPOで損をしてしまうケースを紹介するので、みていきましょう。

公開価格の下回り

IPOの株が利益を生み出しやすいのは、公開直後の初値が公開価格より高くなっている事が大きく関係しています。

ところが、IPOの株の種類によっては、初値が公開価格を下回ってしまう事があるのです。

初値が公開価格を下回ってしまう事を『公募割れ』と呼ばれていて、IPO株であっても公募割れになってしまったケースは何回もありました。

実際に公募割れした『ソフトバンク』は騰落率が-4.7%になってしまって『コメダHD』も-4.7%になった事もあるので注意して下さい。

変動リスク

IPOの株が上場した場合には、多くの投資家に知られるので、活発的に売買が行われてしまいます。

そのような事になれば、株価が大きく変動してしまうので、利益を生み出してくれるのか損をしてしまうのか予断を許しません。

株の取引に慣れている方であれば勝負をするのも良いかもしれませんが、自信がない場合には、上場直後のIPO株には手を出さないほうが良いでしょう。





スポンサーリンク

まとめ

株の取引は損をしてしまう事もあるので、簡単に手を出せない方は多いでしょう。

しかし、IPOの株であれば利益を生み出しやすいので、気軽に取り組む事ができます。

株の取引で借金をしてしまう方がいますが、それは現物取引をしない場合なので、借金をする事が心配な場合には現物取引を選ぶようにしましょう。

信用取引の場合には、借金をするケースがあるので注意して下さい。





スポンサーリンク

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.ipokiso.com/basic/index…
https://ipokabu.net/ipo/6572
https://ipokabu.net/whats/