RPAが今の企業に必要な4つ理由とAIとの違いとは?

近年ではコンピュータの進化が目覚ましくAI(人工知能)という言葉が当たり前のように使われています。

AIは人間に与えられた作業を自らが学習して、いかに効率的に行うかを考えて、それをまた記憶していきます。

このAIを活用して企業などではRPAという新しいシステムを導入しています。

このRPAとは一体どのような物なのかをここでは紹介していきます。




スポンサーリンク

RPAの言葉の意味

「RPA」という言葉を聞いたことはありますか?

これは Robotic Process Automationの略でロボティック・プロセス・オートメーションとい読みます。

ロボティックと は「ロボットのような~」という意味で、プロセスとは 「物事が進み過程」、オートメーションは 「自動」という意味です。

単純に繋げて読むと「ロボッ トのように自動で物事が進む」ということになります。

しかし実際のRPAは形のあるロボットの事ではありません。

RPAとはコンピュータ上で人間に変わりロボットの様にさまざまな事を処理して仕事をしてくれるものです。




スポンサーリンク

AIとの違いとは

最近話題のAIとRPAの違いから説明します。

AIは学習して物事を処理してそれをまた学習します。

RPAはそのAIを利用して物事を円滑に作業するシステムやプログラムの事を言います。

従ってAIはRPAに必要な手段や道具のような物にすぎません。

なので似た様な物として思われますが少し違います。

RPAは人間がプログラムされた事しか作業はしません。

AIは学習能力があり人間の予想をしない事も見出していきます。

RPAはそのAIの長所を生かして人間には出来ないようなスピードや正確さでシステム上の作業をしてくれます。

しかしRPAはあくまでも指示したプログラム通りにしか動きません。

今現在は単純なコンピュータのシステム処理作業などを得意としていて、企業などもRPAを利用して仕事の円 滑化に取り組んでいるところが増えてきています。




スポンサーリンク

RPAが必要な④つの理由

今の日本企業にとってRPAがなぜ必要なのか、いくつか理由があります。

その理由を4つに分けて紹介します。

人手不足の解消

世界的にIT産業などの働き手は将来的に足りなくなるとされています。

そして高齢化社会などで働く人自体も少なくなっています。

そこでRPAの様なものが必要になってきます。

RPAはいわば人間に代わって仕事をしてくれる新しいタイプの人材の様なものです。

働き手が不足していくと言われているIT業界やそれに関わる企業などではRPAのような新しいシステムが必要とされています。

人件費の削減

RPAが必要な理由としては企業にとって人件費の削減もあります。

RPAはコンピュータシステム上の単純な処理作業などが得意です。

企業はコンピュータシステムなどで人の手による入力作業や処理作業があります。

そこで、それらの作業を得意とするRPAの出番というわけです。

例えば、営業事務にお ける電話、メールの問い合わせ、受注、伝票記入、顧客管理システムや在庫管理システム、などの入力作業です。

これらの作業は人の手で行われてきましたが、単純作業なためだけに入力ミスや人手がとても多くかかり人件などもかかってしまうものです。

RPAでこれらの仕事がまかなえてしまえば、単純なミスもなくなりますし、人件費もかかりません。

システムコストの削減

今の企業ではクラウドとの連携などによるシステム上の構築が間に合わなくなっています。

そのため企業にとっては負担になっている側面もあります。

人件費と同様にシステムを管理するコスト面の削減もRPAは可能にしてくれます。

システム管理なども人間が行なっていたところをRPAに任せれば、正確に情報を確認して入力してくれるのでシステムコストの削減にもなります。

IT産業が広がりとAIの進化にともなってシステム上の連携がますます広がっていきます。

私たちの生活にもIoTと言った「モノのインターネット」が出てきています。

これらにマンパワーで対応していくにはシステムのコストは莫大になっていきます。

働き方改革の普及

今の日本では「働き方改革」という言葉が政府始動で行われています。

この働き方改革の為に企業ではRPAを導入しています。

RPAは人間の作業スピードの3倍の時間で処理してしまいます。

そしてロボットなので24時間休むことなく働いてくれます。

事務作業などのコンピュータの入力はとても時間がかかります。

残業などもとても多く労働者の負担は大きいです。

RPAを導入すれば残業なども減り労働者にとっては働きやすい環境にすることができます。




スポンサーリンク

RPAを導入した企業の効果と事例

RPAを導入したことにより効果を上げている企業があります。

保険会社や銀行、通信販売会社があります。

これらの業種ではシステム上の業務がとても多く人件費やシステム管理のコストの負担が大きいです。

それらの業者のRPAの効果とその事例を紹介します。

大手保険会社などでは顧客の情報などのコンピュータへの入力は人の手で行われています。

ここにRPAを導入したことによって1件あたり数分かかっていた作業が数十秒に短縮出来たという事例があります。

さらに単純な入力ミスもなくなり、マンパワーにたよらざるを得ない作業の方に人手を投入することも可能にしました。

また大手銀行などでは一定期間ごとにシステム処理をする必要がありましたが、RPAを導入することにより自動化されて、年間で8,000時間の業務時間の削減ができたいう事例もあります。

年間で8,000時間ということは1日8時間働く人が1,000人分の仕事量を減らせたとうことです。

そして、その銀行では事務作業の社員を違う業務に充てることが出来たとのことです。

ネット通販などの会社も成果を上げていて、コールセンターで受けてからの処理の時間がかかっていた為にコストの負担と、顧客への待ち時間の削減ができた事例があります。

RPA導入前では人の手で20分程かかっていた作業が1分に短縮できたことによって、コストの削減とお客さまの待ち時間を減らせて、企業イメージにも繋がる事も可能にしました。




スポンサーリンク

おすすめなRPAと導入した主な企業

RPAとして多くの企業が導入している物としては 「WinActor」(ウィンアクター)という物があります。

ウィンアクターはNTTグループが開発したもので多くの企業が導入しています。

一例を挙げますと、NTT、Yahoo!JAPAN、楽天カード、みずほ銀行、新日鉄住金、三井物産、東京ガス、などあります。

これらの企業がいち早くRPAを取り込んでいます。

そして今の日本企業でRPAを導入している数は数千企業あると言われています。

人件費や入力ミスなどを無くすことが出来るので、企業にとっても貴重な戦力といってもいいかもしれません。

ウィンアクターはRPAとしてさまざまな企業で使われ成果を出しています。

RPAを導入し検討しているならウィンアクターをおすすめします。




スポンサーリンク

まとめ

RPAはこれからの社会にとって必要不可な物になるでしょう。

労働人口の減少によりRPAの需要は高まっています。

更にIT産業ではその問題はとても深刻です。

AIの進化にともなって更に効率的なRPAが開発されれば 社会全体にとても大きな影響があると思います。

それが いいように作用してくれればRPAの価値は更に上がるで しょう。