RPAとbotの違いとは?企業の経営者にはRPAのほうがおすすめ

RPAツールは、多くの日本企業が導入していますが、その他にも『bot』というものもあります。

RPAとbotは少し似ているところがあって、同じ動作を繰り返してくれるのです。

それでは、RPAとbotのどちらを活用したら良いのか悩んでしまう経営者もいるでしょう。

実際に、企業経営者の場合にはRPAのほうが活用しやすいので、その理由を詳しく紹介します。





スポンサーリンク

botの特徴

RPAとbotの違いを理解するためには、両方の特徴を把握する必要があります。

そこで、まずはbotの特徴について紹介するので、参考にしてみて下さい。

プログラミングの知識が必要

botは、同じ作業を何回も行う事ができますが、それを行わせるためには、プログラミンの知識が必要になります。

企業で、botを活用するためには、プログラミングの知識を持っている社員がいなくてはいけないので、注意しなければいけません。

しかし、プログラミンの知識を持っている社員は、多くの企業が必要とするので、条件面が悪かったら、他社に転職していく可能性があります。

そのため、botを活用するためには、プログラミンの知識が必要になる事が、ネックになるので気を付けたほうが良いです。

動作する回数

botを活用する際には、何回も同じ作業を行わせる事ができるので、1日1~2回程度ではないので、作業を効率化させる事ができます。

何回も同じ作業を行わせる事ができれば、社員が行なっている作業を減らす事ができるので、利用価値は高いです。

さらに、botは個人で活用する場合が多いのですが、botを活用している事は、他の方たちから分かりやすいので注意しなければいけません。

あまりにも、botを活用しすぎたら、信用を失う可能性が高いので、活用法に気を付けて下さい。





スポンサーリンク

RPAの特徴

RPAは、企業の経営者にとって魅力的なポイントがいくつもあるので、その特徴を理解できたら、いかに利用価値が高いのか分かります。

そこで、RPAの特徴を解説するので、みていきましょう。

運営が容易

Botを活用するためには、プログラミンの知識が必要になりますが、RPAの場合にはプログラミンの知識はあまり必要ではないのです。

それでは、どのようにRPAを活用するのかと言えば、社員がある動作を行なって、その動作をRPAに覚えさせていきます。

RPAは、覚えた動作を何回も行えるようになるので、社員の作業量を減らす事が可能です。

ただし、途中で作業が変わった場合にはRPAの設定を変えなければ、その違いに気づかないで誤った動作を何回も行なってしまうので、変更作業を忘れないようにして下さい。

様々なソフトを操作

RPAは、botだけではなく、Excelの機能と似ているように感じる方は多いかもしれません。

確かに、Excelのマクロ機能を活用した場合でも、同じ作業を行わせる事はできます。

しかし、Excelの場合には様々なソフトでは利用できないのに対して、RPAは様々なソフトで利用する事ができるのです。

多くの日本企業が、RPAを導入するようになったのも、この利便性が大きく関係していると言えるでしょう。

そのため、様々なソフトを使って自動化したい場合には、RPAはおすすめのツールです。

単純ミスを無くす

RPAは、ロボットのようなシステムなので、単純ミスを犯す事がありません。

それに引き換え、社員の場合には人間なので、単純作業を何回も行なっていたら、単純ミスを犯してしまう事があるのです。

実際に、社員が単純ミスを犯してしまった事によって、企業が大きな損害を受けてしまった事もあるので注意しなければいけません。

私たち人間は単純作業を何回も行なっていけば、集中力が低下しやすいので、可能であればRPAツールを導入したほうが良いでしょう。

高い信頼度

現在は、RPAの他にも、bot・Excelのマクロ・AIなどがあります。

しかし、利便性が優れている事もあって、多くの日本企業はRPAを活用しているのです。

RPAを活用した日本企業の中には、失敗するケースもありますが、成功するケースも多くあります。

失敗したケースは、あまり準備をしないで導入した場合なので、しっかりと準備をしておけば成功する可能性は高いです。

このように、多くの日本企業が成功しているツールなので、信頼性の高いものを活用したい場合にも、RPAはおすすめです。





スポンサーリンク

Twitterでbotを活用するケース

RPAとbotの特徴を紹介してきましたが、大きな違いは、運営のしやすさでした。

それでは、実際に活用した場合では、どのようなケースがあるのか紹介するので、確認してみて下さい。

時刻設定

Twitterをしている方であれば分かるかと思いますが、決まった時刻になったら、時刻のお知らせをツイートする方を見かけた事があるでしょう。

実は、この時刻のお知らせをツイートしている場合には、多くのケースでbotを活用しているのです。

botで決まった時刻に時間をお知らせして、何の意味があるのか不思議に思うかもしれません。

実は、何回もツイートする事によって、存在感をアピールする事ができるので、多くの方たちから注目してもらえます。

HPの紹介

時刻を知らせたら、存在感をアピールする事はできますが、何かのシステムを使っているだけと思われてしまう可能性は高いです。

そのような事をしていたら、誰からも信用されなくなるので、botを活用する際には工夫を施す必要があります。

そこで、おすすめしたい方法が、HPまたはブログの紹介です。

自社を紹介しているHPまたはブログをTwitterで定期的にツイートしたら、多くの集客効果を望む事ができます。

この方法は、企業だけではなく個人でも活用する事ができるので、事業主の方でも活用しやすいです。





スポンサーリンク

RPAを活用するメリット

Botの活用事例を理解できてもらえたところで、次にRPAを活用した場合のメリットを紹介するので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

仕事の割り当て

自社に優秀な社員がいても、誰もが行う事ができる仕事を任せていたら、あまり効率的とは言えません。

そこで、単純作業はRPAに任せて、少し難しい仕事を社員に任せるようになったら、効率よく作業を進める事ができます。

今まで、単純作業ばかり行なわされていたのに、やりがいのある仕事を任されたら、社員の士気も上がる事でしょう。

ただし、RPAで自動化できる作業は、オフィス作業に限られるので、工場で物を生産するような作業を行わせる事はできないので注意して下さい。

コストダウン

RPAを活用して、オフィス作業を自動化できるようになったら、それほど多くの新入社員を確保する必要がありません。

そうなれば、今まで多くの人件費を払っていたものが、これからは人件費を抑える事もできるのです。

今の日本は、少子高齢化に突き進んでいるのでコストダウンを行いながら、人口が減少していく時代に対応できるのは、RPAの大きなメリットです。

ただし、リストラするつもりがなかったのにRPAに次々に仕事を任せていけば、不安を感じる社員も出てくると思うので、事前に社員にも仕事を残しておく事を説明したほうが良いでしょう。





スポンサーリンク

まとめ

RPAとbotは、どちらとも作業を自動化する事ができるので、似ているように見えるかもしれません。

しかし、botの場合には、プログラミングの知識が必要になるので、活用する場合には少し難しいケースもあるので注意しなければいけません。

それに引き換え、RPAの場合にはプログラミンの知識があまり必要がない上に、様々なソフトを使う事もできるので利用価値が高いです。