RPAのコンサルタントが企業とロボットの架け橋に?

RPAを導入したら、コストカットできると聞いたので、実際に導入してみたら、失敗してしまった企業はいくつもあります。

そのような状況もあって、最近になって注目を集めてきたのが『RPAのコンサルタント』です。

RPAのコンサルタントは、企業とロボットの架け橋になって、導入しても失敗しないように様々な提案をしてくれるのです。

しかし、RPAについて詳しく知らなければコンサルタントの提案を聞く気にもなれないと思うので、RPAの特徴やコンサルタントの重要性について紹介しましょう。





スポンサーリンク

RPAの特徴

RPAを導入したら、コストカットできる理由を知るためには、まずは、どのような特徴があるのか把握する必要があります。

今まで、RPAの特徴を知らなくて、導入に踏み切れなかった経営者や担当者たちのために、どのような特徴があるのか紹介しましょう。

オフィス作業を高速化

RPAは、オフィスの作業を自動化する事ができるシステムですが、工場の作業を自動化する事ができないシステムになります。

そのため、活用できる企業は限定されてしまいますが、オフィス作業を高速で進める事ができるので、今まで短期間で作業を終わらせられなかった場合でも、RPAを導入している場合には短期間で終わらせる事が可能です。

なぜ、RPAは高速で作業を進められるのかと言えば、人間はパソコンを使って作業する場合にはマウスを使ったり必要な情報を探したりして時間をかけてしまうからです。

しかし、RPAは人間とは違ってマウスを使わなくても作業を進められますし、一瞬で必要なデータを把握する事ができるので、高速でオフィス作業を完了させる事ができます。

様々な業種に対応

RPAを導入して、成功できる企業は限定されると説明しましたが、それでも多くの業種で活用する事は十分に可能です。

実際に、RPAを活用している業種として、金融&証券会社・精密機器メーカー・医療系メーカー・印刷会社・OAメーカーなどがあります。

これほど多くの業種に対応する事ができるので、RPAを導入する日本企業は増えていくでしょう。





スポンサーリンク

RPAを導入するメリット

RPAの特徴を理解してもらえた所で、次にどのようなメリットがあるのか紹介します。

それが分かれば、RPAの利用価値の高さがよく分かるはずです。

ミスが減少

RPAが事務作業を高速で処理できると聞いても、納期まで作業を終わらせる事ができれば問題はないと思ってしまう経営者や担当者たちはいるでしょう。

実は、RPAは、人間とは違って単純ミスを犯さないのです。

人間が、単純ミスを犯してしまうのは単純作業を繰り返していくうちに集中力が低下している事が挙げられますし、納期に追われてしまって、焦った事により単純ミスを犯してしまう事もあるからです。

単純ミスを犯す回数が多くなれば、確認作業も多くなってしまうので、注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、RPAを導入して、単純ミスを減らすメリットは大きいです。

コストカットが可能

事務作業が膨大な量となっていたら、多くの社員たちがいなくては、納期に間に合わせる事ができません。

膨大な作業量を終わらせるために、多くの新入社員を採用してしまえば、コストをかけてしまうので、赤字経営になる可能性もあります。

ところが、RPAを導入する事によって、オフィスの作業を自動化させる事ができれば、多くの新入社員を採用する必要がありません。

社員の数を少ない状態で、作業を終わらせる事ができれば、人件費を減らしてコストカットする事が可能です。





スポンサーリンク

RPAのコンサルタントの重要性

RPAは、便利なツールなので、コンサルタントに相談しなくても導入したくなったかもしれません。

しかし、コンサルタントに相談しなかったら、失敗する可能性もあるので、失敗するケースをいくつか紹介するので確認してみて下さい。

RPAを導入して失敗するケース

RPAは、様々なツールがあるので、何も準備をしないで導入しようとしたら、逆に損をしてしまうケースがあります。

優秀な人材が多くいる企業では、コンサルタントに相談する前に、入念に準備をして失敗しないで成功をしたケースもありました。

しかし、今までRPAを導入した事がない場合では、今まで優秀だと思っていた社員でも対応できないケースもあり得るので、事前にコンサルタントに相談したほうが良いのです。

RPAの活用法が分からないケース

RPAを導入する場合には、導入方法だけではなくて、どのようなツールを選ぶべきかで悩んでしまうケースもあります。

自社に合うツールを導入して、準備不足で失敗した場合であれば、損害も少なくて済みますが、自社に全く合わないツールを選んでしまえば損害が大きくなる可能性があるので注意しなければいけません。

そのような事態を避けるために、事前にコンサルタントに、どのようなツールを活用したら良いのか相談したほうが良いのです。

ビジョンが見えないケース

RPAを導入した後に、どのように運用していけば、コストカットできるのか分からないケースもあります。

今まで、RPAを導入した事がない場合では『ビジョン』を描けないのは仕方のない所でしょう。

しかし、ビジョンを描けないのに、RPAを導入しようとしたら失敗してしまう可能性は極めて高くなってしまいます。

コンサルタントに、RPAを導入した後のビジョンについて、相談をすれば、どのような結果になるのか教えてくれる場合もあるので大いに参考になるはずです。





スポンサーリンク

RPAのコンサルタントの提案事例

RPAを導入する際には、コンサルタントに相談しなければ失敗する事が理解できても「本当にコンサルタントは的確なアドバイスや提案をしてくれるのだろうか」と思ってしまう経営者や担当者もいるでしょう。

そこで、コンサルタントが、今まで提案した事例をいくつか紹介するので、みていきましょう。

活用シーンを提案

企業側が、どのようにRPAツールを活用したら良いのか分からない場合には、コンサルタントは企業に合った活用法を紹介してくれます。

実際に、RPAのコンサルタントは豊富なビジネスの知識を備えているので、RPAツールの効果を発揮できる『グランドデザイン策定』を支援してくれるのです。

今まで、RPAの活用法について分からなかった場合でも、グランドデザインを支援してもらえれば、今後はスムーズにRPAを活用していく事ができます。

導入の方法を提案

RPAを導入する場合には『スモールスタート』が鉄則と言えます。

なぜなら、成果がどうなのか分からない状態で、企業の様々な分野でRPAを導入しようとして失敗したら、その損害は大きなものになるからです。

しかし、導入する分野を一分野に抑えておけば、失敗しても損害は少ないものになります。

コンサルタントは、導入する際にスモールスタートの仕方を教えてくれる上に、何から始めたら良いのか教えてくれるのです。

そのため、RPAの導入方法が分からない場合には、コンサルタントの助言を聞く事をおすすめします。

導入後の支援

企業の経営者や担当者たちの中には「RPAのコンサルタントが色々な事を提案してくれても、導入した後は何もしてくれないだろう」と思ってしまう方は多いかもしれません。

ところが多くのコンサルタントは、RPAを導入した後も継続的にサポートしてくれるのです。

継続的にサポートしてもらえるので、RPAを導入できても、運営していく自信がない場合には、導入後もコンサルタントの提案を聞いたほうが良いです。





スポンサーリンク

まとめ

RPAは、オフィス作業を自動化できますが、自社に合わないツールを導入したら失敗する可能性がありますし、導入を急いだ場合でも成果を上げられなくて困ってしまうケースもあります。

そのような事をしたら、コストカットする事が難しくなってしまうので、事前にRPAのコンサルタントに相談してみましょう。

そうすれば、今までRPAを導入した事がなくても、成果を上げられる可能性は高くなります。





スポンサーリンク

参考URL・参考文献・根拠など

http://www.it-movin.co.jp/special/s…
https://www.nttdata-bizsys.co.jp/pr…
https://www.hitachiconsulting.co.jp…