RPAのセミナーの重要性!新時代に対応するために必要?

日本は、経済成長を続けた時代もありましたが、デフレに陥ってしまった上に、人口減少にも悩まされるようになってきました。

そこで、多くの企業が、そのような苦しい時代に対応できると噂される『RPA』に注目するようになってきました。

そのため、RPAのセミナーが多く行われるようになってきたので、その重要性や、RPAのメリットやデメリットなどについて解説しましょう。




スポンサーリンク

RPAのセミナーに参加する重要性

RPAのセミナーに参加をすれば、RPAとはどのようなものか知る事ができます。

しかし、RPAのセミナーに参加する重要性を知らなければ、忙しい方はセミナーに参加する事に、二の足を踏んでしまうでしょう。

そこで、RPAのセミナーの重要性について説明するので、みていきましょう。

RPAが必要とされる時代

RPAを詳しく知らない方は、なぜ人口減少時代に対応できるのか分からないはずです。

実際に、RPAとは、ホワイトカラーの業務を人間の代わりに行なってくれるシステムの事を言います。

ホワイトカラーとはスーツとネクタイを着用している方の業種を指していて、ワイシャツのホワイトから、ホワイトカラーと呼ばれるようになりました。

つまり、RPAを導入したらオフィスで行われている仕事量をカバーしやすくなるのです。

セミナーでは、そのような便利なシステムを詳しく知る事ができるので、自社の作業量を社員がカバーしづらくなってきた場合には、セミナーに参加してみる事をおすすめします。

RPAのメリットを把握

RPAには、様々なメリットがあって、それは多岐に渡ります。

そのメリットを知るためには、セミナーに参加する事が重要になります。

なぜなら、セミナーに参加をすれば、RPAの仕組みだけではなくメリットまで把握しやすくなるからです。

ただし、セミナーには様々なものがあるので、RPAのメリットを知る事ができるセミナーなのか、把握してから参加したほうが良いです。

もしも、RPAの事が全く分からなくて不安を覚えている場合には、RPA初心者向けとアピールしているセミナーに参加してみましょう。

業界とRPAの関係

RPAは、ホワイトカラーには向いているシステムですが、ブルーカラーには対応できないので注意しなければいけません。

このブルーカラーとは、作業着の色からブルーカラーと呼ばれていて、工場や外で働いている業種を指します(営業はスーツやネクタイを着用する事から除くので注意)。

つまり、工場を経営している場合には、RPAを導入してもオフィスでしか利用する事ができないので、気を付けて下さい。




スポンサーリンク

RPAを導入するメリット

RPAのセミナーに参加する重要性を理解できても、参加する前に「RPAには、どのようなメリットがあるのか」と思った方もいるでしょう。

そこで、RPAを導入するメリットについて説明するので、確認してみて下さい。

コストカット

RPAは『伝票処理』や『人材登録』などの作業を行う事ができるので、オフィスで働く社員の人数が少なくても、仕事ができるケースがあります。

そのため、人件費に悩まされてきた場合には、RPAを導入する事によって、入社する数を制限して人件費をカットする事が十分に可能です。

さらに、人間は単純ミスを犯してしまう事から再確認をする作業が必要になりますが、RPAは人間のように単純ミスを犯さないので、再確認する時間もカットできるのです。

仕事の割り当て

RPAを導入しても、社員が全く必要ないかと言えば、そういう訳ではありません。

RPAで行える仕事の種類は限られているので、あくまでもRPAにできる仕事だけをRPAに任せて、RPAにできない仕事は社員の方にしてもらう事が重要になります。

少しコストカットできるのは限定的になりますが、単純作業をRPAに割り当てたら、今まで手を付けられなかった仕事を社員の方にしてもらう事が可能になります。




スポンサーリンク

RPAを導入するデメリット

RPAは様々なメリットがありますが、デメリットもいくつかあるので注意しなければいけません。

そこで、RPAのセミナーに参加してから落胆しないように、どのようなデメリットがあるのか説明しましょう。

導入する範囲

RPAを導入しても、思ったように成果を出せない場合や、思わぬトラブルを起こしてしまう場合もあります。

そのようなケースもあるので、RPAを導入する際には、まずはRPAを導入する分野を少なくしておきましょう。

RPAで失敗しても、導入している分野が少なければ、企業に損害を与えるものも抑えられます。

実際に、RPAを導入している企業の中には、まずはRPAを導入する範囲を限定して、成果が出た事を確認してから導入している範囲を広げているケースがあるほどです。

コストパフォーマンス

RPAには、様々なツールがあって、高額なツールもあれば、低価格なツールもあります。

そのため、企業の業種や規模によっては、RPAを導入する事によって黒字になる事もあれば、赤字になる事もあるので注意しなければいけません。

実際に、最小構成価格でも、Blue Prismは年間で1,200万円もするのに、uipathは年間で52.5万円程度です(2018年時点)。

このように価格差が大きくなっているので、RPAを道入する場合には、どのツールを選んだら黒字になるのか知るためにも、セミナーには参加しておく事をおすすめします(セミナーによって知る事ができない場合もあるので注意)。




スポンサーリンク

RPAのセミナーを紹介

RPAのセミナーの重要性を理解してもらえた所で、どのセミナーがあるのか知りたくなった方は多いでしょう。

そこで、今まで行われてきたセミナーや、これから行われるセミナーなどを紹介するので、参考にしてみて下さい。

働き方改革&RPAセミナー

2019年1月10日の東京の『パーソナルプロセス&テクノロジー(豊洲フロント7F)』で行われる『働き方改革&RPAセミナー』では、RPAとはどのようなものか、詳しく知る事ができる内容になっているのです。

さらに、RPAを道入しようと考えても、専門用語ばかりで分かりづらくて、断念してしまった企業のために、RPAツールの特徴について詳しく理解できるような内容になっています。

そして、RPAツールデモと導入例などの説明を聞く事ができるので、これからRPAを知りたい場合には、参加してみる価値があります。

RPA個別相談会

2018年11月29日に『パーソルプロセス&テクノロジー株式会社(豊洲オフィス セミナールームX)』で行われる予定になっていたセミナーが『RPA個別相談会』です。

この相談会では、RPA導入の進め方や、運用の仕方などについて分からない方を対象にしていました。

そのため、相談会ではRPAを本格的に導入しようと考えている企業にとって、有益な内容になっているセミナーでした。

このような相談会は、これからも行われる可能性は高いので、再び行われるような事があれば、参加してみるのも良いでしょう。

RPA導入セミナー

2018年12月14日に『パーソル プロセス&テクノロジー株式会社 福岡オフィス(井門博多ビルイースト3F)』で行われたセミナー『初心者向けRPA導入セミナー』です。

このセミナーでは、RPAが、どの業種に適用できるのか説明を聞く事ができます。

さらに『WinActor』と『UiPath』を実際に作ってみる体験型プログラムまで用意しているので、自社に導入する前に、RPAを具体的に知る事ができるセミナーになっています。




スポンサーリンク

まとめ

RPAは、ホワイトカラーの一部の業務を行う事ができるので、コストカットを目指している企業には魅力的なシステムです。

しかしRPAが、どのようなものか詳しく知る事ができなければ、導入に踏み切れないでしょう。

そのような場合には、RPAのセミナーにいくつか参加してみて、自社にRPAを導入するべきか参考にしてみたほうが良いです。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!