RPAのソフトウェアロボットを利用するメリットやデメリットとは?

各企業のオフィスでは、多くの社員たちが働いてきましたが、最近では『RPA』のソフトウェアロボットを活用する所が増えてきました。

実際に、RPAのソフトウェアロボットを活用したら、様々なメリットがありますが、注意すべきデメリットもあるので注意しなければいけません。

そこで、これから導入しようと考えている経営者のために、どのようなメリットやデメリットがあるのか解説しましょう。





スポンサーリンク

RPAのソフトウェアロボットのメリット

RPAのソフトウェアロボットを活用すれば、コストダウンをする事もできれば、単純ミスを減らす事も可能になります。

企業の経営者たちにとって、嬉しいメリットが数多くあるので、詳しく紹介しましょう。

単純ミスの対策

オフィスで、単純ミスを犯してしまった社員がいたら、多くの経営者たちは厳しく叱責したくなるでしょう。

ところが、私たち人間は単純作業を繰り返していけば、集中力が低下しやすいので、単純ミスを防ぐ事は容易ではありません。

それに引き換え、RPAのソフトウェアロボットを活用して、オフィス作業の多くを自動化した場合には、ロボットなので集中力が低下する事がありません。

今まで、社員たちの単純ミスに頭を悩ませていた場合には、RPAのソフトウェアロボットはおすすめです。

作業を高速化

多くの日本人たちは、義務教育を受けていて、高校を卒業している方たちばかりです。

最近では大学を卒業している方も多くいて、今まで難しい授業を受けてきた訳ですが、それでも計算をする事が苦手な社員もいれば、Excelのマクロを利用する事が苦手な社員もいます。

仕事をする際に、苦手な分野の作業を任せてしまえば、作業が遅れてしまうので注意しなければいけません。

ところが、RPAツールのソフトウェアロボットは高速で作業をしてくれるので、手短に膨大な作業を行う事も可能です(作業量によって違いがあるので注意)。

社員の負担を軽減

オフィスの作業量が多くなっていたら、社員にかかる負担が大きいので、会社の問題点の改善に時間をかける事ができません。

企業の問題点を放置していたら、いつか大きなトラブルを起こしかねないので、早めのうちに社員にかかっている負担を軽減して、問題点を解決するための時間を確保する事が重要です。

RPAのソフトウェアロボットに単純作業を行わせて、社員に問題点を解決するための提案を行わせたら、トラブル対策を講じる事ができます。





スポンサーリンク

RPAのデメリット

RPAのソフトウェアロボットを活用したら、様々なメリットを得る事はできますが、RPAには残念ながらデメリットもあります。

そのデメリットを把握しておかなければ、導入した後に後悔する事になってしまうと思うので、詳しく解説しましょう。

プログラムの修正

RPAを導入した後に自動化に成功できたら、作業を迅速に進める事ができます。

しかし、導入した後に、ソフトウェアの仕様が大きく変わってしまう事があるので、注意しなければいけません。

ソフトウェアの使用が変更されている状態を放置していたら、思わぬトラブルを起こしかねないので、途中からプログラムを修正する必要があるのです。

そのため、RPAを導入した後でも、定期的に社員がある程度まで手を加える必要があるので、注意して下さい。

RPAツールの種類

RPAは、オフィス作業を自動化できる事から、多くの日本企業が導入していますが、利用できる範囲というものが決められています。

全てのオフィス作業を行える訳ではなくて、RPAツールの種類によって、行える作業の種類も違えば、サービスの内容も大きく異なっているのです。

日本語に対応している所もあれば、対応していない所もあるので、管理しやすいツールを選んだほうが良いでしょう。





スポンサーリンク

RPAを早く導入したほうが良い理由

オフィス作業の量が多くても、現在の社員で間に合っている場合には、RPAの導入を見合わせている経営者もいるでしょう。

ところが、RPAの導入を遅らせてしまえば、企業の運営が難しくなってしまう可能性があるので、その理由を説明します。

人手不足の時代

日本は、デフレが続いていて、社員よりも企業のほうが強い時代が続いてきました。

そのため、待遇が少し悪くても、新入社員を確保する事は、それほど難しい事ではありませんでした。

ところが、日本は少子高齢化が続いていて、少しずつ人手不足に悩まされる企業が増えてきたのです。

日本政府は、様々な政策を打ち出していますが、出生率が増えない事から、今後は人手不足が深刻化する恐れがあります。

そのため、社員だけではオフィス作業を行えない可能性も出てくるので、今のうちにRPAを導入してみる事をおすすめします。

企業の信頼度

RPAを導入しないで、社員がミスを犯してしまった場合には、そのミスによって顧客に大きな被害を与えてしまう事もあります。

顧客から信頼されなくなってしまえば、企業の信頼度は簡単に失墜してしまうので、売り上げが落ちていって、赤字経営に陥る可能性があるので注意しなければいけません。

そのため、RPAツールを早めに導入して、顧客に迷惑をかけないように対策を講じる事が重要です。





スポンサーリンク

魅力的なRPAツール

RPAやソフトウェアロボットについて理解できても、様々なツールが存在しているので、どれを選んだら良いのか悩んでしまうでしょう。

そこで、数多くあるソフトウェアの中から厳選して、おすすめのツールを3種類まで紹介するので、参考にしてみて下さい。

Blue Prism

『Blue Prism』は、管理と監査を行う事ができるので、オフィス作業とITサポートを減らす事ができるので、作業を効率化させる事が可能です。

セキュリティーのレベルが高くなっているので、企業の重要な情報が外部に漏れづらくなっています。

実際に、現在は企業の重要な情報が漏れてしまうケースもあるので、セキュリティーレベルが高いRPAツールを導入する事は重要です。

ASTERIA WARP Core

RPAツールを運営しようとしても、その作業が難しくなっていたら、作業を効率化する事ができなくなってしまうので、導入する意味がありません。

ところが『ASTERIA WARP Core』は、業務フローの入力を簡単に行えます。

業務フローは、業務を行っていく図式のようなものですから、その入力を簡単に行えるようになったら、作業を効率化させる事は十分に可能です。

実際に、このツールは、安価で高品質なサポートを受ける事もできるので、コストパフォーマンスを重視している場合にはおすすめのツールです。

HR Robo

『HR Robo』は、日本国内の多くの企業が、導入しているRPAツールです。

株式会社オデッセイのHPの発表によれば、このツールを導入した事によって、人事・給与業務の70%もの業務をソフトウェアに行わせる事が可能という結果が出ました。

これほどの作業をRPAに任せる事ができれば、あまり多くの新入社員を採用する必要がなくなるので、コストダウンを図る事が十分に可能です。

さらに『HR Robo運用支援サービス』を行っているので、利用方法に悩んでいる時には、問い合わせる事ができるので、サポート体制も充実しています。





スポンサーリンク

まとめ

RPAのソフトウェアロボットを活用したら、オフィス作業の多くを自動化できるので、コストダウンが可能になります。

コストダウンできたら、今後の少子高齢化時代に対応する事もできるので、早めに導入する事が重要になっていきます。

ただし、何も準備や計画をしないで、RPAツールを導入しようとしたら、思わぬ失敗をする時もあるので、入念に準備をした上で導入したほうが良いです。