RPAのツールを導入するメリット!厳しい競争時代に対応可能?

Prism Book 5: blue Student Book

日本の多くの企業が、RPAのツールを導入し始めています。

しかし、RPAのツールを導入したほうが得なのか分からなくて、未だに導入していない企業も多いでしょう。

そこで、RPAのツールのタイプやメリットを紹介するので、導入するべきか悩んでいる場合には参考にしてみて下さい。

RPAのツールを詳しく理解できたら、未だに導入していないデメリットが分かるはずです。





スポンサーリンク

RPAツールを導入するメリット

RPAのツールを利用していない企業は、どのようなメリットがあるのか分かるまでは、導入に踏み切れないでしょう。

そこで、RPAのツールを導入した場合のメリットについて説明するので、みていきましょう。

人間より正確

多くの企業は「今まで社員たちに仕事を任せていたので、RPAを導入する必要がない」と思ってしまうかもしれません。

ところが、人間は単純なミスを犯してしまう場合があるので、注意しなければいけません。

実際に、社員の単純なミスで企業に大きな損害を与えてしまうケースもありました。

ところが、RPAのツールは、人間よりも正確なので、単純ミスが起きる可能性が極めて低いのいです。

そのため、正確性を重視している場合には、RPAのツールを導入してみる事をおすすめします。

処理速度

日本人は義務教育を受けられる上に、高校や大学を卒業している方まで増えてきました。

そのため、計算をするスピードが早い方はいますが、残念ながら計算をするスピードが遅い方までいます。

仕事を社員に任せていたら、個人差もあるので、処理速度が速いとは限りません。

それに引き換え、RPAの処理速度は人間よりも早くなっているので、多くの仕事を済ませられるのです。

さらに、社員にはある程度まで休日を与えなければ法律違反ですが、RPAのツールには休日の必要がないので、処理速度を早める事が十分に可能です。

時代に対応

RPAツールは正確性が優れている上に、処理速度が早くなっているので、ツールを導入している企業に勝つ事は至難の技です。

そのような事もあって、激しい競争に打ち勝つためにRPAのツールを導入しようとしている企業が増えてきています。

もしも、そのような状況を理解しようとしないで、RPAのツールの導入が遅れてしまえば、ライバルの企業に大事な顧客を奪われてしまう可能性があるので注意しなければいけません。





スポンサーリンク

RPAの2タイプのツール

RPAには、実は2つのタイプがあって、それが『サーバー型』と『クライアント型』です。

この2つのタイプを理解しておかなければ、自社に合わないRPAのツールを導入する可能性が高くなってしまうので、詳しく解説しましょう。

サーバー型

サーバー型のRPAのツールは、名前の通りで『管理サーバー』で集中的に管理するようになります。

そのため、細かい作業を至る所でする必要がなくなるので、社員たちにかかる負担を軽減できます。

そうすれば、人為的なミスが少なくなるので、正確性が増して、多くの顧客たちを満足させる事が十分に可能です。

ただし、サーバー型には大きなデメリットがあって、それはコストをかけてしまうという事です。

そのため、コストをかけても多くの仕事をRPAのツールに任せたい企業だけが、サーバー型を利用したほうが良いでしょう。

クライアント型

クライアント型は、サーバー型に比べたら小規模なものになっているので、担当者たちがパソコンで運用管理していく必要があるのです。

そのため、サーバー型に比べたら、社員にかかる負担を軽減する事はできません。

しかし、規模が小さい事から、コストをあまりかけないで済むのです。

そのため、大企業よりも中小企業に合うRPAのツールと言えます。

大企業でも、RPAのツールが本当に便利なものか試したい場合には、まずクライアント型を利用してみて、それに満足できたらサーバー型へ移行するのも悪くはありません。





スポンサーリンク

RPAツール CELF2.0/RPA

RPAツールの中には、全員参加型の『CELF2.0/RPA』があります。

このツールは魅力的なポイントが多くあるので、これからRPAのツールを導入するべきか悩んでいる企業のために、詳しく紹介しましょう。

コストパフォーマンス

CELF2.0/RPAのオプション料金はリーズナブルなものになっていて、パソコン1台にかける年間使用料が、わずか3万5,000円程度になっているのです。

仮に、正社員を雇用した場合には、月に約20万前後は必要となるので、このツールのコストパフォーマンスがいかに優れているか分かるでしょう。

もしも、正社員の仕事量を多くして、残業時間を増やしてしまえば、労災になる可能性もあるので気を付ける必要があります。

それを考えたら、社員ではカバーできない仕事をRPAに任せてみる価値があります。

優れた利便性

RPAは、ある程度まで人間が運用する必要があるので、少し面倒に感じてしまう方も多いでしょう。

実際にRPAは高品質なシステムになるので、知能の高い方でなければ、運用できないように感じている方は多いかもしれません。

ところが、意外にもCELF2.0/RPAは、運用するのが簡単で、Microsoftの『Excel』を操作するような感覚で利用する事が可能です。

そのため、パソコンを少し操作できる方であれば、運用する事はそれほど難しい事ではありません。

無料トライアル

CELF2.0/RPAは便利なツールですが、今までRPAのツールを利用した事がない企業は、導入に二の足を踏んでしまうでしょう。

そこで、このツールを利用したい企業のために、メーカーは『無料トライアル』を用意しているのです。

無料トライアルでは、30日間は無料となっていて、RPAの全ての機能を試す事ができるのです。

もしも、30日の間では足りない場合でも、メーカーは延長の相談を受け付けているので、気軽に試す事ができます(相談はできても必ず延長できるとは限らないので注意)。





スポンサーリンク

おすすめのRPAのツール

RPAツールには、全員参加型のCELF2.0/RPAだけではなく、その他にも魅力的なツールがいくつもあります。

そこで、数多くあるツールの中から、特に魅力的な『WinActor』や『Blue Prism』などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

WinActor

RPAのツールを利用したくても、外国語になっていたら利用できる方は多くないでしょう。

そこで、WinActorは日本語対応になっているので、多くの日本人の社員たちが運用できるようになっているのです。

さらにWindows端末で操作可能になっている『デスクトップ型RPA』なので、多くの日本企業で利用可能になっています。

実際に、日本ではMacよりもWindowsを利用している企業が多いので、日本企業向けのRPAのツールです。

Blue Prism

RPAのツールの中で、グローバルシェアNo.1と言われているのが、Blue Prismです。

このツールは、厳しいセキュリティ管理が可能になっているので、多くの顧客データを管理している企業におすすめのツールです。

実際に、金融機関で、顧客の情報が外部に流出してしまえば、全国的に報道されてしまう恐れがあります。

そのような事になれば、企業の信頼度は失墜してしまうので、セキュリティが高いBlue Prismを導入してみる価値があります。





スポンサーリンク

まとめ

現在は、RPAのツールを導入して、仕事を効率化している企業が増えています。

そのため、これからは現在よりも厳しい競争時代に突入する可能性が高いので、注意しなければいけません。

導入が1年でも遅れてしまえば、それだけ多くのライバルに遅れを取ってしまう事になるので、可能であればRPAを少しでも早く導入したほうが良いでしょう。