RPAのメリットやデメリットを紹介!日本に必要不可欠なシステム?

現代は、科学技術は日進月歩の速さで進化しているので、10年後には多くの職業がなくなる可能性が高いです。

しかし、このような流れは必然なので、仕方のない所です。

そのような時代なので、AIの他にも『RPA』も注目されるようになりました。

このRPAとは、コストダウンする事ができるので、企業が導入すればメリットを得る事ができます。

ただし、デメリットもあるので、RPAについて詳しく紹介しましょう。




スポンサーリンク

RPAとAIの違い

RPAを理解するためには、まずRPAとAIの違いを理解する必要があります。

なぜなら、この2つは似ているようなイメージがあるので、混合しがちだからです。

そこで、RPAとAIの違いについて紹介するので、確認してみて下さい。

RPAの特徴

RPAの大きな特徴として、単純作業を何回も繰り返して行える所が挙げられます。

実際に、多くの方たちは単純作業を嫌う傾向があります。

なぜなら、同じような作業を行なっていたら、集中力が低下しますし、単純作業を行う職業は収入が少ない傾向もあるからです。

好きな事を何回も行うのであれば、集中力もあまり低下しないかもしれませんが、あまり好きでもない仕事を何回も行う事は苦痛に感じてしまいます。

そのため、人間に変わって、RPAが単純作業を行うのは自然な流れと言えるでしょう。

AIの特徴

AIも最先端の技術で、人間に代わって動くイメージがあるので、RPAと同じではないかと思ってしまう方は多いでしょう。

所が、RPAが単純作業を何回も行うのに対して、AIは少し難しい作業を行える特徴があるのです。

逆の言い方をすれば、RPAは難しくない仕事しか行えないので、RPAを導入しようと考えている場合には、この違いを理解しておく事が必要です。

さらに、AIは『ビックデータ』と呼ばれる顧客情報を分析する事ができるので、RPAよりも優れている所があります。




スポンサーリンク

RPAのメリット

RPAは、AIに比べて、単純作業しか行えないのであれば、導入するメリットをあまり感じなかったかもしれません。

そこで、RPAのメリットをいくつか紹介するので、参考にしてみて下さい。

コストダウン

RPAが単純作業しか行えないと言っても、単純作業の仕事が多い企業の場合では、RPAのほうがおすすめです。

なぜなら、単純作業の仕事が多い企業が、ビックデータを扱うAIを導入しても、宝の持ち腐れだからです。

例えて言えば、早く荷物を運ぶ必要がないのに、スピードを早く出せるスポーツカーを購入しても意味がないように、その仕事に合うシステムを導入する事が重要になります。

そのため、単純作業が多い企業は、RPAを導入すれば、コストダウンする事ができるので、黒字経営する可能性が高くなります。

日本に合った技術

日本は少子高齢化が猛烈な勢いで進んでいて、2020年には日本人女性の半分が50歳以上になって、2035年には男性の3人の1人・女性の5人に1人が一生未婚になる可能性が高いのです。

日本は、外国に比べて結婚しないで、子供を出産する方は少ないので、未婚率の上昇は、出生率の低下を意味します。

つまり、日本は働き手が少なくなる事を意味しているので、仕事を行える方が少なくなってしまうので、今後はRPAやAIが活躍していく可能性は高いです。

ストレスを軽減

日本では、以前よりも個人の権利やプライバシーが叫ばれるようになってきたので、セクハラ・パワハラ・マタハラなどが非難されるようになりました。

以前から、このような問題は起きていましたが、昔の日本人は我慢をしてきたのです。

所が、最近の日本人は以前よりも「非難する所は非難すべき」という考えが浸透しています。

これは個人の権利やプライバシーを考えたら良い傾向ですが、この動きに慣れていない方が問題を起こしてしまうケースが多くあります。

しかし、RPAを導入して、人間たちの仕事を減らす事ができれば、このような問題が起きるケースも低くする事が可能です。




スポンサーリンク

RPAのデメリット

RPAは、メリットがいくつもありますが、残念ながらデメリットもあります。

そこで、RPAを導入しようと考えている方のために、どのようなデメリットがあるのか紹介するので見ていきましょう。

技術の限界

RPAは単純作業しか行えないので、RPAの技術には限界がある事が大きなデメリットです。

そのため、RPAは決められた仕事しか行えないので、自社が行なっている仕事を行える保証がありません。

実際に単純作業をRPAが行う事ができれば、人間のように単純ミスを行う事がありません。

しかし、RPAを導入する際には自社が行なっている仕事が、RPAでも行えるのか把握してから、導入したほうがいいです。

国民の反発

RPAだけではなく、AIでも同じ事が言えますが、RPAが進化をしていき、導入するケースが増えていけば国民が反発する可能性は極めて高いです。

なぜなら、日本が人手不足になるとは言え、RPAを導入する企業が多くなりすぎたら、求人を募集する件数は少なくなってしまうでしょう。

そのような事になれば、多くの国民が「RPAのせいで仕事がなくなってしまった」と反発する可能性は極めて高くなります。

そのため、現在であればRPAを導入しても問題はありませんが、今後は問題が起きる可能性は高くなるので注意して下さい。

ライセンス料

人間の仕事を減らして、RPAの仕事を増やしていけば、人件費をカットできます。

この辺りが国民の反発を招きかねない所ですが、企業にとっては大きなメリットになる所です。

しかし、RPAを導入する際には『ライセンス料』がいるので、場合にはコストダウンできない可能性があるので、注意しなければいけません。

この辺りは、RPAが登場して間もないので、仕方のない部分です。

しかし、RPAが普及していけば、ライセンス料が下がっていく可能性もあります。




スポンサーリンク

RPAを利用できるケース

RPAのメリットやデメリットを理解できても、どのような企業がRPAに向いているのか、知りたい方は多いでしょう。

そこで、RPAに向いている仕事について紹介するので、参考にしてみて下さい。

人事関連

RPAは、人事関連の仕事を行う事ができるので、オフィスで働いている人員を少なく抑えたい場合には、RPAを導入するメリットは大きいです。

実際に、RPAは、従業員の情報を入力するだけではなく、更新する事も可能です。

もしも、人間に従業員の情報を入力させようとしたら、データを間違えて入力する場合がありますし、個人情報を悪用するケースまであります。

そのような事を考えたら、人事関連の仕事をRPAに任せれば、コストダウンできるだけではなく、誤入力や個人情報の流出を防ぐ事ができます(外部からの操作によって情報が流出する可能性はあるので注意)。

IT関連

RPAは、IT関連の仕事も行う事ができて『新規アカウントの作成』や『ソフトウェアのインストールや更新』などを実行できます。

実際に、日本では、IT業界が多くの方たちが注目していますが、それはパソコンやインターネットの普及が大きく関係しているのです。

さらに、最近ではスマホだけでもインターネットを利用できるようになったので、IT業界の仕事量は増えていく可能性は高くなっています。

そのため、人間の負担を軽減するためにも、RPAを導入するメリットは大きいです。




スポンサーリンク

まとめ

RPAは、単純作業を行えるので、今までのように高い人件費をかけて、従業員に仕事を任せる必要がありません。

そうすれば、企業はコストダウンできるので、製品の値段を下げる事ができるので、今までより製品を購入してもらえる可能性が高くなります。

ただし、RPAはメリットだけではなく、デメリットもあるので、導入する場合には注意して下さい。