RPAの導入が不安な場合にはフリーソフトがおすすめ!

多くの日本企業が、RPAツールの導入を始めているので「自社も早く導入しなければ、ライバル企業に遅れを取ってしまう」と焦っている経営者もいるでしょう。

しかし、RPAツールを導入しても、逆にお金をかける事になってしまった企業もあるので、導入に踏み切れない方がいるのも事実です。

そこで、RPAのフリーソフトの特徴やメリットなどを紹介するので、参考にしてみて下さい。





スポンサーリンク

3つのRPAフリーソフト

RPAのフリーソフトの中でも、魅力的なものがあって、それが、UiPath・UWSC・RPA Expressなどです。

それぞれ特徴が違うので、その魅力に迫ってみましょう。

UiPath

『UiPath』は、確かな実績があって、500社以上の日本企業が導入しています。

そのため、フリーソフトでも、信頼できないRPAを導入したくない場合には、UiPathはおすすめです。

今まで、RPAを運営した事がない方は、操作する事が難しそうに感じてしまうかもしれません。

ところが、本ソフトは、直感的な操作で利用する事ができるので、あまりパソコンやプログラムの知識がない方でも利用しやすくなっています。

自社にパソコンやプログラムについて詳しい社員がいない場合でも、本ソフトであれば、利用する事は十分に可能です。

UWSC

『UWSC』は、Microsoft社が開発したソフトという事もあって、Windows10に対応する事が可能になっています。

Windowsを持っていれば、オフィス業務を自動化する事ができますが、注意しなければいけないポイントがあります。

それは、本ソフトは『有料版』と『無料版』があるという事です。

フリーソフトと思って、有料版を利用しようとしたら、お金をかける事になってしまうので、間違わないように無料版を利用するようにして下さい。

RPA Express

RPAツールは、無料版と有料版がありますが、その機能やサポート体制などは、有料版のほうが優れているソフトが多くなっています。

そのため、無料版では、RPAのメリットをあまり活かせない場合もあるので、注意しなければいけません。

ところが『RPA Express』の場合には『30日間有料版』を試す事ができるのです。

お試し期間が終了したら、無料版に移行する事ができます。

もしも、気軽に有料版のRPAとは、どのようなものか試したい場合には、RPA Expressはおすすめです。





スポンサーリンク

RPAのフリーソフトを利用するメリット

3つのフリーソフトの特徴が理解できた所で、次にどのようなメリットがあるのか紹介するので、興味のある方は、ご覧になってみて下さい。

作業を高速化

RPAツールは、工場で製品を製造するような事はできませんが、オフィス作業を自動化する事ができるので、社員が行なっている作業を少なくする事ができます。

社員とは違って、RPAは考えて行う作業は難しいのですが、多くの作業を自動化できるのは大きなメリットです。

実際に、RPAツールは、単調作業を高速で行なっていく事ができるので、今まで短い期間では終了させる事ができなかった作業を完了させる事が可能になります。

様々な作業が可能

RPAのフリーソフトの中には、直感的な操作で自動化できると説明しましたが、具体的にどのような作業なのか分からない方は多いかもしれません。

その操作法とは、まずは社員がパソコンで決まった操作をしていきます。

RPAツールは、それをお手本として覚える事ができて、それを自動化していく事が可能です。

自動化した操作は、そのまま自動で行なっていくので、覚えさせる時に誤った操作をしていたら、延々と間違った操作をするので慎重に行うようにして下さい。

導入しやすいツール

企業の経営者が「自社でもRPAを導入しよう」と発言したら、誰も反対しないと思いますが、ITの担当者が上司に『自社でもRPAを導入しましょう」と提案したら反対される場合があるでしょう。

経営者と部下では、発言の重みが違うので、ある程度のコストをかけてしまうRPAツールの導入に踏み切れない可能性があります。

しかし、フリーソフトの場合であれば「お金をかける必要がないので、まずはフリーソフトで試してみましょう」と提案したら、上司も認めてくれる可能性が高まります。





スポンサーリンク

RPAを導入する意義

RPAを導入した場合には、作業を自動化できるだけではなく、その他にも様々なメリットを得る事ができます。

このメリットは有料版・無料版ともに共通しているメリットなので、有料版に切り替えた場合でも活用する事ができます。

そのメリットを把握できれば、RPAを導入する意義も理解できると思うので、詳しく紹介しましょう。

人為的なミスを防止

RPAが行えるのは、単調なオフィス作業なので、少し面倒な作業を行わせる事は難しいです。

このような事を聞いたら「RPAも噂ほどではないな」と落胆してしまって、今までのように社員に仕事を任せたくなったかもしれません。

ところが、人間というものは知能が高くても集中力を続かせる事が難しい生き物なので、単調作業を長く行なっていたら、思いがけない単純ミスを犯してしまうものです。

RPAの場合には、人間とは違って、集中力が存在しないので、単純ミスがないので気軽に活用する事ができます。

作業時間

社員を働かせる場合には、日本の法律に従う必要があるので、残業や休日に働かせようとしたら、手当てを給与に上乗せする必要があります。

さらに、社員は自分の都合で有給休暇を取る資格があるので、毎日フルに働かせる事ができません。

それに引き換え、RPAはソフトウェアロボットなので、残業時間や休日に働かせたとしても手当てを払う必要がないのです。

さらに有給休暇を取る事もないので、今までよりも長い時間に渡って働かせる事が可能です。





スポンサーリンク

RPAのデメリット

RPAは様々なメリットがありますが、残念ながらデメリットもあります。

そのデメリットを知らなければ、導入した後にイメージしたものと違ってしまうので詳しく解説しましょう。

RPAツールの違い

RPAツールは様々なものがあるので、そのツールの特徴を把握しないで導入してしまえば、自社の作業をあまり自動化できないという事があり得ます。

自社の作業を自動化したい場合には、まずは自社の作業を自動化できそうなツールを導入するようにして下さい。

フリーソフトの場合では、あまり難しい作業を自動化できないので、あくまでもお試し版として考えたほうが良いでしょう。

導入時期

RPAツールを導入して、オフィス作業を自動化できたら、少ない社員で仕事を行う事ができます。

日本は、少子高齢化が進行しているので、新入社員を確保する事が難しくなると言われています。

そのため、早めのうちにRPAツールを導入したほうが良いと言われていますが、いつ頃から新入社員の確保が難しくなるのか分からないのが実情です。

なぜなら、日本の出生率が減少しても、日本政府が移民政策を推し進める可能性があるからです。

さらに、RPAツールは新しく登場するものは高機能になっているので、早めに導入したら、あまり機能が高くない場合もあるので注意しなければいけません。





スポンサーリンク

まとめ

RPAは、お金をかける事になるので、コストパフォーマンスが心配になる場合には、まずはフリーソフトから試してみましょう。

フリートフトの場合には高機能ではありませんが、RPAとはどのようなものか試す事ができます。

その利便性を社内の同僚や上司たちに知らせる事ができれば、次に有料版のRPAツールの導入を認めさせる事は十分に可能でしょう。