RPAの3つのサミット!新時代には必要なシステム?

多くの日本企業が『RPA』に注目していて、今まで、世界各地でRPAのサミットが行われてきました。

実際に、日本国内では東京や大阪で開催されて、外国では中国の香港で開催されました。

しかし、RPAは名前ばかりが有名になって、あまり実態を知られていない所もあります。

そこで、RPAの特徴を説明しながら、今まで行われてきたサミットを紹介するので、参考にしてみて下さい。





スポンサーリンク

RPAの特徴

RPAが注目を集めるようになったのは、日本企業にとってメリットの多いシステムだからです。

そのメリットを知れば、導入する価値のあるシステムだと理解できると思うので詳しく解説しましょう。

オフィス作業を効率化

日本の工場は、昔に比べたら、多くの機械が使われるようになって、コストカットに成功している企業は増えています。

しかし、工場に比べたら、オフィスでは社員の作業量が増えていく一方でした。

実際に、アナログからデジタルに作業が移行されるようになってしまって、紙の書類を扱うだけではなく、電子メールも利用するようになりました。

さらに、紙の資料をデジタルのデータに変えるためにスキャン作業までするようになったのです。

ところが、RPAというシステムは、オフィス作業の多くを自動化する事が可能なので、社員にかかる負担を軽減できます。

単純ミスが減少

会社を経営していたら、社員が単純ミスを犯してしまって、思わず部下を叱責したくなる時があるでしょう。

実際に、私たち人間は単純作業を繰り返していたら、集中力が低下しやすいので注意しなければいけません。

今まで、社員の単純ミスによって、企業が大きな損害を受けてしまった事もあるので、少しでもミスを少なくする事が重要です。

RPAはロボットでもあるので、人間とは違って集中力が低下する事はないので、単純ミスを減らす事ができます。

コストカット

RPAを導入して、オフィス作業の多くを自動化できるようになったら、これからは新入社員を多く採用する必要がなくなっていくので、コストカットを実現する事が可能になります。

社員に仕事を任せる時には、定時で作業が終わらなかった場合には、残業手当を払わなくてはいけないので、企業にとって大きな出費になります。

しかし、RPAの場合には、時間を気にしないで働かせる事ができるので、コストカットする事が容易です。





スポンサーリンク

サミットが行われる理由

RPAは、メリットは多くなっていますが、いくつか注意すべきポイントもあります。

その注意点を知らない企業があるので、サミットが開かれる要因になっているのです。

それでは、どのような注意点があるのか解説するので参考にしてみて下さい。

RPAの導入の準備不足

多くの日本企業は、RPAを導入し始めていますが、成功している企業もあれば失敗している企業もあります。

その差ができてしまうのは、様々な理由がありますが、最も大きいのが『準備の仕方』です。

RPAを導入して成功している企業の多くは、まずは狭いエリアでRPAを導入して、成功するのかどうかテストします。

テストしてみて、成功してから広いエリアでRPAを導入しているのです。

それに引き換え、失敗している企業では、あまり準備もしないで、広いエリアでRPAを導入した事が大きく関係しているのです。

これから、導入しようと考えている企業は、しっかりと準備をした上で導入したほうが良いでしょう。

RPAツール

RPAと言っても、様々な『ツール』があるので、ある企業によっては成功しやすいツールもあれば、失敗しやすいツールもあるのです。

さらに、ツールによって『有料』の場合もあれば『無料』の場合もあります。

ツールの種類をあまり知らないで、導入しようとしたら、赤字になってしまう事もあり得るので注意しなければいけません。

サミットに参加したら、様々なツールを知る事ができるので、企業にとって参加する価値は高いです。





スポンサーリンク

日本企業にRPAが必要な理由

日本企業の多くが、RPAを導入しているのは、コストカットできるだけではなく、これからの時代に必要なものだからです。

それでは、RPAが、なぜ必要なのか紹介していくので、参考にしてみて下さい。

人口減少

日本は猛烈なペースで人口減少に突入すると言われていて、今は緩やかな減少ペースですが、秋田県は、そのうち二人に一人が高齢者になると言われています。

人口が減少しても政府が何とかしてくれると思っている経営者はいるかもしれませんが、高齢者が増えていく一方なので、社会保障費も増えていくので、有効な政策を打つ事が難しくなっているのです。

そのため、人口減少を止める事は難しいので、新入社員を採用する事が難しい時代になっていくのでRPAを導入するメリットは大きいです。

厳しい競争

時代は大きく変わっていって、中国が日本を追い越して、世界第2位の経済大国になりました。

さらに、インドの経済成長も止まっていないので、日本は多くのライバルと競争していく必要があるので、日本企業は競争力をつけておく必要があります。

RPAを導入して、コストカットを進める事ができれば、競争力を付ける事ができます。

厳しい競争社会で勝ち抜いていくためには、早めのうちにRPAを導入したほうが良いでしょう。





スポンサーリンク

3つのRPAのサミット

RPAのサミットの重要性を理解してもらえた所で、次に、どのようなサミットが行われてきたのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

2017年の大阪

2017年に大阪でRPAのサミットが開催されたのは、ロボットが自動化している所を見たいという要望が多かったからです。

実際に、RPAが便利なシステムであっても、どのようなものか見る事ができなければ、導入に踏み切れない経営者や担当者がいる事は当然と言えるでしょう。

そのため、RPAのメリットや特徴が理解できても、実際にどのようなものか見たい場合には、サミットに参加してみる事をおすすめします。

大阪のサミットでは、700~1,000名もの方たちが参加して、日本でRPAがいかに重要なのか知られる要因にもなりました。

2018年の東京

2017年の大阪に続いて、2018年には東京のお台場でRPAのサミットが開催されました。

東京のサミットでは、RPAリーディングカンパニー5社による『基調演習』が行われました。

さらに『デモ&セッション』も行われて、RPAを利用して、どのように連携させる事ができるのか知る事もできて、多くの参加者が真剣に見つめていたのです。

そして、過去最大となる『40ブース』も出展していて、最新のRPAツールを見る事もできたのです。

2018年の香港

2018年の香港のサミットでは、多くのテーマが取り上げられていて、RPAを導入した時に失敗してしまう要因や、RPAの人口知能・機械学習などが含まれていました。

香港は大都市というだけではなく、国際都市でもあるので、そこで開催されたサミットには様々な国から参加してきた方がいました。

実際に、北東アジアで、国際的に、ここまでRPAを中心的に取り上げたサミットは初めてだったのです。

RPAの注目度や人気度を考えたら、これからもサミットが行われる可能性は高いでしょう。





スポンサーリンク

まとめ

日本は人口減少していって、韓国や中国でも出生率が低くなっていて、多くの国々が人口減少時代に対策を打とうとしています。

そのため、多くの国々の企業がRPAの導入を検討している事は必然と言えるでしょう。

RPAは、様々なツールがあるので、失敗してしまう可能性もあるので、導入する前にサミットに参加してみる事をおすすめします。





スポンサーリンク

参考URL・参考文献・根拠など

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/0…
https://rpa-bank.com/event/digitalw…
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/0…
http://www.giievent.jp/iqpc642834/