RPA ホールディングスが提供しているサービス! その魅力は自動化

18世紀以降に第二次産業革命が起きてから、大量生産が可能になっていき、1970年代になったら第三次産業革命が起きました。

この第三次産業革命では、電子工学や情報技術を用いられるようになりましたが、最近では第四次産業革命が注目されるようになっていき、その中で多くの企業が導入し始めているのが『RPA』です。

そして、RPAホールディングス株式会社は、そのRPAのサービスを行なっていますが、どのようなものか分からない方は多いでしょう。

そこで、RPA ホールディングスのサービスについて詳しく紹介するので、参考にしてみて下さい。




スポンサーリンク

RPA ホールディングスの特徴

RPA ホールディングスが提供しているサービスを行う前に、この会社について把握しておかなければ、このサービスについて理解する事は難しいです。

そこで、RPA ホールディングスの会社概要やサービスなどについて説明するので確認してみて下さい。

会社概要

RPA ホールディングス株式会社は、2000年4月に設立されて、資本金は5億4697万円にもなります(2018年7月28日時点)。

そして、RPA ホールディングスが展開しているサービスで『デジタルレイバー(仮想知的労働者)』があります。

このデジタルレイバーとは、ホワイトカラー業務の一部を行う事ができます。

実は、職業を大きく分けたら、ホワイトカラーとブルーカラーがあって、それぞれ服装の色によって分けられているのです。

ホワイトカラーとはスーツやワイシャツなどを着用している事から、エリが白くなっている事からホワイトカラーと呼ばれています。

それに引き換え、工場や作業現場で働く労働者は、青色に近い作業着を着用している事から、ブルーカラーと呼ばれているのです。

第4次産業革命

現代は第四次産業革命が起きようとしている最中ですが、これは『ビッグデータ』や『ロボット』などが活用されています(2018年7月28日時点)。

ビッグデータは、RPAとはあまり関係がないので割愛しますが、RPA ホールディングスのサービスで大きく関係しているのが、ロボットです。

実は、RPA ホールディングスが提供しているサービスを利用したら、オフィスで働いている社員たちの仕事を自動化させる事ができるのです。

そのため、RPA ホールディングスのサービスを行ったら、効率よく作業を行う事ができます。

市場占有率

世界中で、RPAが活用され始めているので、これからRPAを導入しよいうとしている経営者は「RPA ホールディングスのサービスを選んで大丈夫だろうか」と思ってしまうかもしれません。

所が、RPA ホールディングスは、日本国内No.1のRPAカンパニーグループなのです。

そのため、日本企業で信頼できる所から、RPAを導入したいと考えている場合には、RPA ホールディングスのサービスはおすすめです。

RPA市場

RPA市場は、2025年には1億人の知的労働者(ホワイトカラー)の3分の1が、RPAに置き換えられると言われているのです。

さらにRPAの市場規模は6兆7,000億ドルになる可能性があるとも言われています。

ただし、日本国内では、RPAを導入しているのはわずか14.1%に過ぎません。

しかし、導入している企業は増え続けているので、変わろうとしている時代に対応したい場合には、RPAの導入を検討する価値はあります。




スポンサーリンク

RPA ホールディングスのサービス

RPA ホールディングスのサービスが、オフィスの仕事を自動化できる事が分かっても、具体的に、どのような事が行えるのか分からないでしょう。

そこで、RPA ホールディングスのサービスについて具体的に紹介するので、参考にしてみて下さい。

RPAロボット

RPA ホールディングスのサービスでは『RPAロボット』が提供されています。

このRPAのソフトウェアロボットは、入力・検索・登録・集計・加工などに加えて、データのチェックなども行う事ができるのです。

そのため、簡易的な作業であれば、RPAのソフトウェアロボットに行わせる事ができるのです。

ロボットは、人間とは違って、単純なミスをしてしまう事がありません。

そのため、簡易的な作業でミスをしてしまう社員が多い場合には、RPAのソフトウェアロボットを導入するメリットは大きいです。

RPA BANK

RPAのソフトウェアロボットの行う作業内容について理解できたとしても、自社では、どこまで行えるのか判断しづらい経営者もいるでしょう。

そこで、RPA ホールディングスは『RPA BANK』も行っていて、RPAを実践するために必要な情報を提供しています。

そして、このRPA BANKはプラットフォームメディアの事です。

もしも、RPA BANKを利用すれば、RPAを導入した方が企業にとって得になるのか、理解しやすいです。

そのため、RPAについて詳しく理解できない場合には、RPA BANKを利用してみる価値があります。




スポンサーリンク

RPAを導入したほうが良いケース

RPA BANKを利用すれば、RPAの多くを理解する事はできます。

しかし、RPA BANKを利用する事について、戸惑ってしまう経営者もいるでしょう。

そこで、RPAを導入したほうが良いケースをいくつか紹介するので、確認してみて下さい。

オフィスの仕事内容

オフィスで働いている方たちが、仕事でミスをするケースが多いのが、同じような仕事を何回も行ってしまう場合です。

実際に、私たち人間の脳は、同じような事を繰り返していたら、3時間程度で疲れ果ててしまいます。

このようなケースが当てはまらないのは、自分が好きな事をしている場合です。

同じような内容でも、好きな事であれば、集中力はあまり低下しません。

しかし、オフィスの仕事が好きな方たちばかりではないので、同じような仕事が多い場合には、RPAを導入して仕事のミスを減らすメリットは大きいです。

ただし、その仕事内容が複雑なものになっていたら、RPAでは行えないので注意してください。

人材不足

日本は少子高齢化の時代に突入しているので、これからの日本人口は減り続けてしまいます。

そのため、オフィスで働く人材を確保する事は難しいので注意しなければいけません。

そこで、オフィスの職場で、簡単な作業はRPAに任せて、複雑で難しい仕事を社員たちに分担させれば、社員の数が少なくても作業を継続する事ができます。

そのため、オフィスで人材不足が起きている場合では、RPAを導入したほうが良いです。




スポンサーリンク

RPAの注意点

RPAを利用すれば、コストをカットできるようなイメージを抱いたかもしれませんが、いくつか注意しなければいけないポイントもあるのです。

そのポイントを把握しなければ、逆に会社の収益が悪くなる場合もあるので、詳しく説明します。

コストパフォーマンス

RPAは人間に変わって仕事を行ってくれるのは大きな魅力ですが、実はコストをかけてしまいます。

そのため、RPAを導入する際には、自社で導入したほうが得になるのか、損をしてしまうのか把握する事も重要です。

もしも、RPAに振り分けられる仕事が少ないのに、RPAを導入してしまえば、経費をかけるだけなので注意しなければいけません。

そのため、RPAを導入する前に、しっかりと自社の仕事内容やRPAが行える仕事内容を把握する事が重要です。

仕事をできる範囲

RPAのロボットは様々な事を行えますが、RPA ホールディングスが提供しているロボットは様々な種類があるので、どのロボットを選ぶかが重要になります。

実際に、RPA ホールディングスが提供しているロボットは、入出金マッチングロボットもあれば、勤怠打刻修正ロボットもあるのです。

実際に、勤怠打刻修正ロボットであれば、多くの企業が利用しやすいロボットです。

しかし、入出金マッチングロボットの場合には、企業によって、あまり使わないケースもあります。

そのため、自社が最も利用しやすいロボットを利用する事も重要になります。




スポンサーリンク

まとめ

RPA ホールディングスは、RPAの様々なロボットを提供しているので、多くの企業が導入しやすくなっています。

実際に、ロボットの種類が少なかったら、企業によっては損をしてしまうケースが多くなってしまうのです。

しかし、ロボットの種類が多かったとしても、自社にとって活用しづらいものを選んでしまえば意味がないので、注意してください。