オーブンレンジのタイプを理解して適切なオーブンレンジを選んでいく

電子レンジ・オーブンレンジ

東芝 スチームオーブンレンジ 30L グランレッドTOSHIBA 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-RD3000-R

一口にオーブンレンジと言っても、さまざまなタイプがあり、そのタイプによって価格帯も大きく変わってきます。

これから長く使用することを考慮した場合は、当然使用状況に適しているオーブンレンジを選ぶことが一番であるため、検討には時間をかけるようにしましょう。

さまざまな調理ができるオーブンレンジを活用して、料理のレパートリーを増やしていきましょう。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)


オーブンレンジのタイプ

2種類に分けることができる

オーブンレンジは、最近ではどの家庭でも持っている家電と言えます。

以前は電子レンジを所有していることが当たり前でしたが、オーブンレンジも比較的購入しやすい価格帯になっており、オーブンレンジはまさに一家に一台になってきました。

しかし、オーブンレンジを正しく選んで購入している人は少ない傾向にあります。

オーブンレンジは、実は2種類に分類させることができ、この2種類のオーブンレンジを理解することでよりどのようなタイプのオーブンレンジを購入するべきかが見えてきます。

オーブンレンジの知識を深めて正しく選び、さらに正しい使用方法を行っていけば、よりオーブンレンジを使用する意味が深まっていきます。

スチームオーブンレンジ

2種類の中でも最も注目されているタイプが、スチームオーブンレンジです。

水を使用するオーブンレンジタイプであり、今までのオーブンレンジのスタイルを覆す使い方だと言えます。

このスチームオーブンレンジタイプの最大のメリットは油や塩分を適度に落としてくれることです。

メーカーにより差がありますが、スチームの力で熱を加えることで、油であれば20カロリーもダウンさせることができます。

さらに、余計な塩分においては4倍近くも減らすことができますので、まさにヘルシーな調理を行うことができるのです。

スチームオーブンレンジは、ヘルシーな調理ができると言う目的で開発されましたので、ダイエットを目的とした調理などには最適だと言えます。

また、スチームを利用した調理は今まではガスを使用したコンロで行うことが一般的でした。

水を入れて、一度沸騰させる必要もあったため、時間がかかりさらにガス代金も発生していました。

しかし、スチームオーブンレンジは、熱効率がとても良いため短時間で調理ができると言うメリットもあります。

そのため、ガス代金の節約に繋がり、電気代金もそれほどかからないため、こうしたメリットも得ることができます。

スチームオーブンレンジにもデメリットはある

完璧に感じるスチームオーブンレンジですが、実はこのレンジのタイプにもデメリットはあります。

実は、スチームオーブンレンジはレンジには必ず付いている機能のただ食材を温めると言う機能をスピーディーに行うことはできません。

一般的なオーブンレンジや電子レンジの場合は、食材を投入してからすぐに温め機能を活用することができますが、スチームオーブンレンジは温め機能を使用するのにとても時間がかかってしまいます。

スチーム機能であればすぐに使用できますが、単純に温めるだけであればとても不利になってしまいます。

そのため、スチームオーブンレンジはスチーム機能を重視した使い方を行う機会が多い場合に購入を兼用することが良いと言えます。

また、スチームオーブンレンジは一般的なオーブンレンジのサイズよりも大きくなってしまう傾向にあります。

そのため、狭いキッチンの場合は不向きになってしまう傾向にありますので、注意が必要です。

シンプルタイプオーブンレンジ

シンプルタイプは、その名の通りただ食材を温めたり熱を直接加えたりすることを目的としたオーブンレンジのタイプになります。

シンプルな機能のため、比較的小型のタイプが多く、場所を取らないことが大きなメリットであり、さらにスピーディーに食材を温めることができますので、早めの調理を目指しているのであればこのタイプを選ぶ方が有利です。

また、熱を加える作業においても簡単に行うことができ、魚や肉を焼く作業やクッキー焼くなどの作業を簡単に行えます。

スチームオーブンレンジのようなヘルシーな調理を行う機能はありませんが、普段使いで使用する場合にはとくに不便だと感じることは少ないと言えます。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)


オーブンレンジがあれば調理の幅が広がる

電子レンジではできないことができる

オーブンレンジは電子レンジにはできない機能が豊富に詰まっています。

中でも焼くと言う作業は、電子レンジにはないオーブンレンジの最大の魅力です。

電子レンジを購入するべきか、オーブンレンジを購入するべきかで迷っている人は、調理と言うことを目的として購入する場合には、迷うことなくオーブンレンジの購入を行う方が良いです。

オーブンレンジを活用すれば、コンロなどの出番はなくても済みます。

また、活用方法によっては、素早い調理を行うこともでき、さらにエコロジーな調理もできますので、オーブンレンジはとても有利になります。

おすすめのオーブンレンジ2選

ヘルシーシェフMRO-TW1

日立 スチームオーブンレンジ 30L メタリックレッドHITACHI 過熱水蒸気オーブンレンジ ヘルシーシェフ MRO-TW1-R

日立のヘルシーシェフMRO-TW1は、スチームタイプのオーブンレンジになります。

ヘルシーシェフMRO-TW1の最も優れているポイントは、食材の表面温度を測定してくれるセンターと、重さを測定してくれるトリプル重量センサーを搭載していることです。

このセンサーで、どのような食材を温めるのかを瞬時に計測してくれ、その食材に適した温度で、さらに適した時間で調理を行ってくれます。

つまり、複雑な設定を行う必要はなく、食材をレンジの中に入れるだけで後は機械任せにできると言うことです。

また、レンジ機能やオーブン機能、そしてグリル機能やスチーム機能などとても多くの調理機能が備わっていますので、その食材に応じて適切な調理方法で簡単に料理を行うことができます。

まさにオールインワンとも言えるオーブンレンジです。

優れた機能を持っているタイプを選びたいと考えている人にはおすすめです。

石窯ドームER-RD3000

東芝 スチームオーブンレンジ 30L グランレッドTOSHIBA 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-RD3000-R

東芝の石窯ドームER-RD3000は、広範囲を加熱できるように設計された直径約20cmの大型アンテナがあり、大きな食材であってもしっかり隅々まで熱を加えることができるようになっています。

初めて調理する食材でも、この石窯ドームER-RD3000に任せておけば間単に調理を行うことができます。

また、解凍機能もとてもレベルが高いため、食材を痛めることなく綺麗に解凍作業を行ってくれることも大きな特徴です。

少し高価なオーブンレンジになりますが、長く愛用していくのであればおすすめです。

オーブンレンジの選び方

目的をはっきりさせて選ぶ

オーブンレンジにはさまざまな機能が付いていますが、当然機能が多くなればそれだけ価格も高くなっていきます。

そのため、オーブンレンジを購入する場合には、まずは目的をはっきりさせましょう。

目的が固まれば、どのようなタイプでどのような価格帯のオーブンレンジを選ぶべきかが見えてきます。

長く使用することを考慮して、時間をしっかりかけて検討していきましょう。

まとめ

オーブンレンジにはさまざまなタイプがあるため、購入するときには間違いなく迷ってしまいます。

オーブンレンジはただ食材を温めたり熱を加えたりできるタイプと、水を使用してスチームの力で調理するタイプとに分けることができます。

どちらもメリットやデメリットがありますので、その特徴をしっかり理解して適切なタイプを選んでいきましょう。