目覚まし時計選びに迷っている方必見!目覚まし時計の種類とは?

多くの方にとって目覚まし時計は、朝起きるための必須アイテムになっています。

朝しっかり起きるためや、気持ち良く起きるためには、自分に合った目覚まし時計を使うことが大切ですが、目覚まし時計には様々な種類があります。

そのため、購入する時に悩む方もいることでしょう。

ここでは、目覚まし時計の種類などを詳しく説明していくので、目覚まし時計を買う時の参考にしてみてください。





タイプ1.音で起こす目覚まし時計

スタンダードなタイプである音で起こす目覚まし時計は、昔から使われているものです。

昔の目覚まし時計というと、アナログの「ジリリリリッ」という大きい音が出るものが主流でしたが、現在はデジタルで「ピピピピピピ」という電子音が鳴るものが多く販売されています。

音で起こす目覚まし時計には声で起こすタイプや、歌で起こすタイプなどもあります。

設定されている音の大きさや最大音量は種類によって違ってくるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。




タイプ2.光で起こす目覚まし時計

目覚まし時計というと音で起こすものが主流になっており、「音で起こすタイプしか知らない」という方もいることでしょう。

光で起こすタイプを知らない方の中には、光で起こすタイプがあるということを知ると、「へぇ~、そんな目覚まし時計があるんだ」などと驚く方もいます。

それほど、光目覚まし時計は画期的なものになります。

現在は、朝方の人間でなく夜型の人間も多くおり、昼間に起きたり、夜に起きたりする人もいます。

しかし、人間という生き物は、本来太陽の光を浴びることで目を覚ますため、昔の人は暗くなると眠り、太陽が出てきて明るくなってくると目を覚ますという生活を送っていました。

日の出とともに明るくなってくることで目が覚めるため、自然に目覚めることができます。

つまり人間は、太陽の光を浴びると目が覚めやすくなるのです。

光目覚まし時計は、光を浴びると目覚めやすくなるという人間の性質を利用したもので、光を発することで起こします。

セットした時間に合わせて、日の出のように少しずつ光が強くなっていくので、ストレスなく自然に起きることが可能です。

周りに迷惑をかけない

うるさい音なしで、光によって起こすため、うるさい音によって周りに迷惑をかけることはありません。

音が伝わりやすい家に住んでいて、音で起こすタイプの目覚まし時計を使っていると、うるさい音により一緒に住んでいる人に迷惑をかける恐れがあります。

また、大音量の目覚まし時計を使うと、自分の家だけでなく、近所に迷惑をかけてしまうこともあります。

起きる時間でない時間に起こされるのは、かなりのストレスになり、音の出る目覚まし時計が原因でケンカなどのトラブルが起きることもあります光目覚まし時計を使っていれば、目覚まし時計の音によって周りに迷惑をかけることはなく、安心して目覚ましを使うことができます。

しかし、一緒に寝ている人には、光によって迷惑をかける恐れがあります。

タイプ3.振動で起こす目覚まし時計

目覚まし時計の中には、振動で起こすタイプもあります。

セットした時間になると、ぶるぶると震えることで身体に刺激を与え起こします。

このタイプも光目覚まし時計同様、音によって周りに迷惑をかけることはありません。

音や光に鈍感な人には、振動で起こすタイプがおすすめです。

比較的安価な目覚まし時計を買う場合

現在は、比較的安価な目覚まし時計でも、色々な機能がついているものが多くあります。

そのため、安いからといって適当に選ぶのはおすすめできません。

安価なものでも、アナログのものが良いのか、デジタルのものが良いのか、音が大きいものが良いのか、音が静かなものが良いのかなど、自分の好みのものを選ぶことが大切です。

また、目覚まし機能の使いやすさや、時間の見やすさなどをしっかりチェックすること大切です。

ほっこりする可愛い感じの目覚まし時計を買う場合

目覚まし時計は見た目で選ぶことも大事で、自分好みの見た目をしているものを選ぶことで、気分が良くなることもあります。

そのため、ほっこりする可愛い感じの目覚まし時計を選ぶ方もいますが、そのようなものを選ぶ時は、機能もしっかりチェックすることも大切です。

機能が自分に合っていなく、自分にとって使いにくいものだと、見た目が良くても気持ちよく起きることは難しくなります。

また、しっかり起きることができない場合もあるので、可愛い感じの目覚まし時計を購入する時は、見た目だけでなく機能の面もしっかりチェックするようにしましょう。

デザインがシックな目覚まし時計を買う場合

シックなデザインの目覚まし時計を買う場合は、部屋の感じに合わせて選ぶことが大切です。

部屋に置いてある家具や小物などによって、部屋の雰囲気は大きく変化します。

置いてある家具や小物の種類よっては、落ち着いた感じの部屋になったり、派手な感じの部屋になったりします。

そのため、シックなデザインのものを買う場合は、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことが大切で、部屋の雰囲気に合っていないデザインのものを選んでしまうと、そのものが浮いてしまうため注意しましょう。

デザイン性を重視しているものの中には、時刻が見にくいなど使いにくいものもあるため、そのような点もしっかり確認するようにしましょう。

ユニークな目覚まし時計を買う場合

目覚まし時計の中には、銃のようなもので的を狙ってとめるものや、移動するものなど、とてもユニークなものもあります。

ユニークな目覚まし時計を使うことで、楽しんで起きることが可能になります。

そのため、目覚める時に楽しみたいという方には、ゲーム性のあるユニークな目覚まし時計がおすすめです。

ユニークな目覚まし時計は、その人に合う合わないがハッキリしやすいので、面白さはいらいないという方は選ばない方が良いでしょう。

音が比較的大きくない目覚まし時計を買う場合

音が比較的大きくない目覚まし時計は、大きすぎる音が苦手な方や、大きい音でなくても起きられる方、音により周りに迷惑をかけたくない方におすすめです。

音が比較的大きくなく、優しい感じの音で起こすものとしては、鳥の鳴き声や川が流れる音で起こすものがあります。

大きい音でなくても起きることができ、優しい感じの音で起きたい方は、鳥の鳴き声など自然の音で起こすものを選ぶと良いでしょう。

音なしで起こす目覚まし時計を買う場合

音で起こされるのが苦手な方には、音なしで起こすことが可能なものを選ぶと良く、光で起こす目覚まし時計や振動で起こす目覚まし度時計がおすすめです。

それらの目覚まし時計にはアラーム機能がついているものもあるため、音と併用して使うことも可能です。

音なしでは起きられるのか心配な場合は音と併用すると良く、音と併用することにより安心して眠ることができることでしょう。

光目覚まし時計は、徐々に光を暗くすることもでき、眠る時に使うこともできます。

また、スタンドライトとして使うこともできるため、光目覚まし時計は特におすすめです。

光が苦手という方は、振動で起こすタイプのものを購入すると良いでしょう。

まとめ

以上のように、一言に目覚まし時計といっても様々な種類があります。

朝しっかり起きたり、気持ちよく起きたりするには、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

自分に合った目覚まし時計でスッキリ起きられることで、良い1日のスタートを切ることが可能になります。

良い1日のスタートを切ることができれば、気持ちよく活動することができることでしょう。

目覚まし時計なら何でも良いという方もいますが、良い1日のスタートを切るには目覚まし時計の選び方は大切なのです。