失敗できない人のための目覚まし時計?どうしても起きたいなら自動起床装置を使おう

人には、人生のうちで数回くらいは絶対に寝坊することが出来ないタイミングもありますよね。

そんな絶対に寝坊できないタイミングで使用するべき目覚まし時計が、自動起床装置なるもの。

これはJRの駅員さんが起床する時に使用している目覚まし時計で、そのことからも実力のレベルの高さがわかります。

ここではそんな自動起床装置がどんなものなのか、説明していきます。

駅員さんは寝坊できない

まずは、なぜ自動起床装置が目覚まし時計としてのレベルが高いのかということから説明していきます。

それを説明するためには、「駅員さんがなぜ寝坊できないのか」ということから見ていかないとなりません。

駅員さんが寝坊できない理由は、寝坊をした際に迷惑をかける人の数が圧倒的に多いから。

もちろん、迷惑をかける相手が一人だったとしても、寝坊したことによって迷惑をかけてしまう可能性があるのであれば、寝坊はしないほうが良いに決まっています。

でも、一人に迷惑をかけるだけであれば、あとでその迷惑をかけた人に謝ればなんとかなるものです。

しかし、迷惑をかける相手が何十万人だったらどうでしょうか?

何十万人に一人一人謝るわけもいきません。

だから、どうしようもなくなってしまうのです。

駅員さんが寝坊できない理由はそこにあります。

もし駅員さんが寝坊してしまって、駅が開かなかったりしたら、間違いなく何十万人の人に迷惑が掛かります。

地方の小さな駅などであればまだ多少ましかもしれませんが、それでも数百人くらいには迷惑がかかることが予想できますよね。

だから、駅員さんは寝坊するわけにはいかないのです。

寝坊するわけにはいかない人が使う目覚まし時計

そんな、我々とはケタが違うプレッシャーの中で起床しないといけない駅員さんが使う目覚まし時計は、かなり人を起こす能力が高いというのは間違いないですよね。

会社にしてみれば、朝が苦手な人も得意な人も、どんな人であっても確実に起こすことが出来る目覚まし時計を導入しようとするものです。

だから、駅員さんが利用している目覚まし時計を自分用に購入すれば、確実に起きることが出来る可能性がすごく高くなります。

今の時代もそれも可能になっているんです。

それが、自動起床装置です。

自動起床装置の仕組み

駅員さんが使用している目覚まし時計である自動起床装置。

自動起床装置とは、どういう仕組みで人を起こすものなのでしょうか?

自動起床装置の仕組みは、すごくシンプルです。

時間になったら布団の下に入れたそれがふくらみ、自動的に身体を持ち上げて起こしてくれるようになっている。

それが、自動起床装置で目を覚ます仕組みなのです。

身体が起きれば目も覚める

人が二度寝して寝坊してしまうのは、身体が寝ているからであることが多いです。

たとえば携帯を目覚まし時計にしていれば、寝転がった状態のまま、手を伸ばしてアラームを止めるでしょう。

そのまま目を開けることが出来ればいいですが、寝転がった状態のまま、また目を閉じて少し休憩しようと思うこともあるでしょう。

そうしているうちに、知らないうちにまた寝てしまい、晴れて二度寝となる。

でもアラームを止める時に身体を起こしていればどうでしょうか?

身体を無理やり持ち上げられるようなものですから、違和感も大きく、そのまままたすぐに寝るというのは難しい。

こうして、二度寝を防ぐことが出来るようになるのです。

寝転がれなくなるのも大きい

また、自動起床装置は、従来の目覚まし時計とは違い、寝転がれなくなるというのが大きいです。

従来の目覚まし時計は、それがどんなものであったとしても、止めた後にまた寝転がることが可能ですよね。

でも、自動起床装置は、寝転がろうと思っても布団やベッドが膨らんだような状態になっています。

いちいちその装置をしっかりとどかさないと気持ちよく寝転がることが出来ません。

そうして二度寝できなくなるということもあるのです。

音がなるわけではないのも特徴

自動起床装置では、音がなるわけではありません。

一般的に売られている強力な目覚まし時計は、すごく大きな音がなるというものが多いですよね。

でも、大きな音で人を起こす目覚まし時計には、いくつかの問題があります。

周りの人も起こしてしまう

まず一つは、周りへの影響です。

すごく大きな音がなるわけですから、それを使用する際の音は、周りの人にも聞こえることが多くなります。

ということは、それによって周りの人を起こしてしまう可能性もあるということになりますよね。

それは問題です。

たとえば起きるのが9時くらいであれば、別にその目覚まし時計の音で起きてしまったとしても、誰も文句は言いづらいです。

決して早いとは言えない時間での起床ですから。

でも、アラームがなるのが5時くらいだったらどうでしょうか?

特に起きる必要もないのに5時に大きなアラームで起こされるストレスは甚大です。

それで起こしてしまうのが家族であればまだしも、隣人を起こしてしまったとなると、それがトラブルの原因になることもあるのです。

大きな音が鳴らない目覚まし時計であれば、まずそうなることはありません。

そうした無駄なトラブルを回避するという意味でも、自動起床装置はおすすめできます。

価格がすごく高いのが難点

そんな効果的な自動起床装置ですが、目覚まし時計としての大きな欠点も持っています。

それが価格。

目覚まし時計の一般的な価格は、せいぜい高くても2万円くらいです。

もっと平均的な価格のものを買おうと思ったら、5000円くらいあれば十分になります。

それに対して自動起床装置の価格は、99,000円。

ほぼ10万円するのです。

10万円で寝坊しなくなるのをどう捉えるか

10万円もする目覚まし時計は、決して安いとは言えません。

ただ、寝坊しなくなることの価値が10万円と考えるとどうでしょうか?

もちろんそれでも高いと感じる人は多いでしょう。

それは単に、自分が寝坊しなくなることに対して10万円の価値がないというだけの話です。

人によっては、寝坊したところでそれが10万円以上のダメージにならない人もいるものです。

でもたとえば、朝早い時間に重要な会議や重要な打ち合わせがたくさんあるという人はどうでしょうか?

仮にそこで寝坊したとします。

そこで寝坊してしまったことにより、億単位の商談がパーになったとしましょう。

するとそれが査定に響き、ボーナスに影響を与えることもありますよね。

その商談をしっかりと成功させていたら、10万円どころか20万円30万円もボーナスが増えたかもしれないのに、むしろボーナスがなくなってしまう。

そうなったら損失は10万円ではすみません。

この場合は、寝坊しなくなることに10万円以上の価値があるということになりますよね。

このように、人によって寝坊しなくなることの価値は全然違うのです。

自分が寝坊しなくなることにはどのくらいの価値があるのか、10万円以上の価値が果たしてあるのかということをしっかりと考えてみてください。

もし10万円以上の価値があると思ったら、自動起床装置を買うのはすごくおすすめできます。

まとめ

自動起床装置という目覚まし時計があることを初めて知った方もいるかもしれません。

でも中には、そうしたすごく強力な目覚まし時計を使って起きないとならない人もいるのです。

そして実際に、そうしたすごく強力な目覚まし時計が個人で手に入るのが現代ですから、自分が寝坊しなくなることの価値が10万円以上あると思ったら、是非使ってみてください。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!