タニタの高性能な体重計 ベスト4選!体重の管理が楽?

ダイエットしている方たちの中には、体重を管理するのが面倒で、途中で挫折をしてしまった方が多いでしょう。

実際に、利用しづらい体重計を利用していたら、途中で体重を記録する事が面倒に感じてしまいます。

そこで、おすすめしたいのが、利便性が優れているタニタの体重計です。

タニタの体重計であれば、多くの方たちが利用しやすくなっているので、おすすめモデルを4機種まで紹介しましょう(製品の値段は2019年2月28日時点)。





タニタ 体重 体組成計 BC-705N WH

タニタ 体重 体組成計 日本製 BC-705N WH 自動認識機能付き/測定者をピタリと当てる

ダイエットをする際には、体重だけではなく、体脂肪率や内臓脂肪率なども把握する事が重要です。

『タニタ 体重 体組成計 BC-705N WH』の場合には、様々なデータを簡単に表示できるようになっているので、その魅力に迫ってみましょう。

製品情報の内容

デジタルの体重計を利用する際には、電源ボタンを押してから乗る必要があります。

ところが、本製品は電源を押さなくても、本体部分に乗るだけで、電源が入るようになっているのです。

電源ボタンを押す必要がない事から、しゃがみこむ必要がないので、腰痛になっている方でも利用しやすくなっています。

5人分のデータを登録する事もできて、本体部分に乗るだけで、体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢などが、自動スクロールで表示されます。

そのため、自分の体重や身長の数値などをノートに書き込んで計算しなくても、様々なデータを把握する事が可能です。

本体部分は、白とグレーの配色になっていて、清潔感のあるデザインになっています。

機能性や利便性を両立している体重計ですが、意外にも低価格になっていて、Amazonでは税込価格3,280円で購入する事ができるのです。

利用者たちの口コミ

利用者たちの中には、機能面は優れているのに、値段が安くなっている所を気に入っている方がいました。

そのため、コストパフォーマンスを重視している方であれば、満足できる可能性が高いです。

本体は電池を含んでも、重量がわずか1.2kg程度しかないので、軽量タイプになっている所を気に入っている方もいました。

しかし、本体部分のディスプレイに表示される文字が小さくて、読みづらいケースがありました。

視力が低い方は、可能であれば、メガネまたはコンタクトを利用したほうが良いでしょう。




タニタ 体組成計 スマホ RD-907

タニタ 体組成計 スマホ 50g 日本製 ホワイト RD-907 WH 医療分野の技術搭載/スマホでデータ管理 インナースキャンデュアル

タニタ 体重 体組成計 BC-705N WHでは、数値が小さく表示されて、見づらくて不満を抱いている方がいました。

それに引き換え『タニタ 体組成計 スマホ RD-907』の場合には、視力が低い方でも見やすくなっている上に、スマホと連携できる事もあるので、詳しく紹介しましょう。

製品情報の内容

視力が低い方でもデータを確認しやすくなっているのは、数値によって文字色が変わるからです。

例えば、BMI判定で、普通の場合にはブルー系のカラー・肥満度:やせの場合にはイエロー系のカラー・肥満度:2以上の場合にはレッド系のカラーで表示されます。

カラーが変われば、視力が低い方でも、分かりやすいです。

個人番号では、4種類のカラーが選べるようになっていて、ブルー・ピンク・ホワイト・スカイブルーなどが用意されています。

本製品は『Bluetooth』に対応できるようになっていて、この体重計に対応可能になっているiPhoneやAndroid端末にデータ転送する事が可能です(対応されていない機種のスマホもあるので注意)。

本体のカラーバリエーションは3種類も用意されていて、グレイッシュゴールド・ブラック・ホワイトなどがあります。

値段のほうは、Amazonでは税込価格16,980円で購入する事ができます。

利用者たちの口コミ

本製品を利用しようとしたら、スマホアプリに対応できるようになっていて、満足している方がいました。

実際に、スマホで確認できれば、ノートやパソコンのソフトに記録する必要がないので、簡単にデータ管理できます。

さらに、測定して調べられるデータの種類が多い所を気に入っている方もいたので、様々な面からダイエットを成功させるための情報を把握する事が可能です。

タニタ 体組成計 BC-210-RD

タニタ 体組成計 BC-210-RD(レッド) 乗るピタ機能で簡単測定

体重計は、高機能な新モデルが次々に登場している事もあって、以前よりも操作法が難しくなってきました。

ところが『タニタ 体組成計 BC-210-RD』は、初めて利用する方でも、操作法が分かりやすくなっています。

それでは、なぜ本製品が使いやすくなっているのか、詳しく紹介しましょう。

製品情報の内容

本製品のディスプレイは、やや上側のほうに黒い横線があって、数値や文字が入力される画面が2つになっています。

上側の部分には、操作手順を文字で表示されているので、誰もが簡単に操作できるようになっています。

『音声ボタン』を押せば、各シーンに合わせて、音声で、どのように動作させれば良いのか紹介してくれるので、視力が低い方でも、操作法が分かりやすくなっているのです。

本製品には『乗るピタ機能』が搭載されていて、本体部分に乗るだけで、どの登録者が利用しているのか、瞬時に判断してくれます。

そのため、本体部分に乗る前に、登録者一覧から、自分のデータを選択する必要がありません。

デザインは華やかなレッドとブラックのツートンカラーになっています。

そして、リーズナブルな価格になっていて、Amazonでは税込価格8,500円で販売されています。

利用者たちの口コミ

本製品を利用してみたら、正確な数値が表示されて満足している方がいました。

体重計であれば、正確な数値が出て当然と思ってしまう方は多いかもしれませんが、床質の違いによって、数値が変わってしまう機種もあるのです。

それを考えたら、正確な数値が出やすくなっているのは魅力的なポイントです。

さらに音声の幅が広くなっている所を気に入っている方もいたので、利便性が優れている機種と言えるでしょう。

タニタ 体重計 大画面 LED HD-395

タニタ 体重計 デジタル 大画面 LED ホワイト HD-395 WH 乗るだけで電源オン

体重計は、数値さえ確認できれば、余計な機能はなくても良いと考える方も多いでしょう。

そこで、おすすめしたいのが『タニタ 体重計 大画面 LED HD-395』です。

本製品は、数値が見やすくなっている上に、機能はシンプルになっている事から使いやすくなっているので、その理由を詳しく説明します。

製品情報の内容

本製品は、製品名にある通りで、大画面になっている体重計で、文字高は46mmもあります。

そのため、視力が低い方でも、体重を把握しやすくなっているので、利用しやすくなっています。

機能はシンプルになっていますが、その中でも高性能になっている所があって、それが本体部分に乗るだけで電源が自動で入る所です。

余計な機能が付いていなくても良いと思う方でも、このような機能であれば、本体部分に乗るだけなので、それほど邪魔には感じないでしょう。

そして、黒と白のツートンカラーになっていて、繊細なデザインになっています。

値段のほうは、Amazonでは税込価格2,142円で購入できます。

利用者たちの口コミ

利用者たちの中には、文字色が赤くなっているので、数値が分かりやすくなっている所を気に入っている方がいました。

さらに、文字が大きくなっている所を気に入っている方たちも多くいたので、視認性を重視している方には、魅力的な機種と言えるでしょう。

ただし、あまり正確に表示されない所を不満に抱いていた方もいたので、注意する必要があります。

まとめ

タニタの体重計は、多くの機種が利用しやすくなっているので、今まで利用しづらい機種を利用していた方は、買い換えてみる価値があります。

実際に、利用しやすい体重計であれば、体重の管理が楽になるので、あまりストレスをためる事はありません。

ただし、食生活に注意しておかなければ、ダイエットを続けられないケースもあるので、注意する必要があります。