値段の安い体重計4選! 機能より値段を重視する方は必見

ダイエットするために、体重計を購入しようとしたら、高機能で高額な機種ばかり販売していて、頭を悩ませた事はないでしょうか。

現在は、多くの消費者たちに体重計を買い換えてもらうおうとする企業が多くあって、多機能で高品質な機種が販売されているので、値段が高くなってしまうのです。

そこで、あまりお金をかけたくない方たちのために、値段の安い体重計を4機種まで紹介するので、参考にしてみて下さい(2019年3月5日時点)。





タニタ 体重計 アナログ ブルー HA-851

『タニタ 体重計 アナログ ブルー HA-851』は、シンプルな構造になっているので、値段が安くなっています。

シンプルでは物足りなく感じてしまう方はいるかもしれませんが、爽やかなデザインになっているので、満足できる方も多いと思うので詳しく紹介します。

製品の特色

本製品は、全体的に『ブルーカラー』になっているので、爽やかなデザインが好きな方であれば、満足できる可能性は高いです。

構造としては『アナログタイプ』になっているので、コストをかけていないので、Amazonでは税込価格798円にしかなりません。

アナログタイプなので、デジタルタイプとは違って、電池を交換する必要がないので、維持費にお金をかける必要もないのです。

本体部分は、独自の『カバー素材』を採用していて、サラサラとした使用感になっています。

ザラザラとはしていないので、素足で乗っても、それほど不快感を抱く事はないでしょう(個人差があるので注意)。

そして、本体部分は、なめらかにカーブしているので、足がフィットしやすくなっている事から、落ち着いて体重を計れます。

本製品のレビュー

利用者たちの中には、体重しか測らないのに多機能な体重計を利用する事に不満を抱いていて、本製品に買い換えるケースがありました。

この方は多機能な機種に比べて、シンプルな製品なので、操作法が簡単になっている所を気に入っていました。

余計な機能が搭載されていない事に喜んでいる方がいる一方で、利用を始めてから8ヶ月ほどで故障してしまうケースもあったのです。

この辺りは、リーズナブルな価格に抑えているので、仕方のない部分でしょう。




ドリテック アナログ体重計 BS-302WT

服を着用している時と、着用していない時では、体重計に表示される数値は変わってしまいます。

ところが『ドリテック アナログ体重計 BS-302WT』の場合には、そのような事態を避けられるように、調整機能が優れているので、その魅力に迫ってみましょう。

製品の特色

本製品が、服の重さに対応できるようになっているのは、本体の側面部分に『ダイヤル』が搭載されているからです。

このダイヤルを調整する事によって、服の重さの分を引いて、測定を簡単に行う事ができるのです。

服の重さを最初に知っておく必要があるので、慣れるまでは時間をかけてしまうかもしれません。

しかし、調整法に慣れたら、服を着ていても、気軽に体重を計る事ができます。

カラーバリエーションは2種類まで用意されていて『ホワイト』と『ブルー』があります。

値段は、カラーによって違いがあり、Amazonではホワイトが税込価格790円・ブルーが税込価格1,702円になっているのです。

少しでも値段が安くなっている体重計を購入したい場合には、ホワイトのほうを選んだほうが良いでしょう。

本製品のレビュー

本製品もタニタ 体重計 アナログ ブルー HA-851と同じように、アナログタイプなので、電池を交換する必要がない所を気に入っている方がいました。

サイズがコンパクトになっている所を満足している方もいたので、それほど空きスペースを必要としません。

実際に、サイズは250×250×45mmしかないのです。

ただし、正確性について不満を抱いている方たちが何名もいて、利用していくうちに数値がズレていくケースもありました。

そのため、体重の正確性を重視している方は、購入するべきか、慎重に検討したほうが良いです。

タニタ ヘルスメーター THA-528

シンプルな体重計が欲しくても、あまりカラフルなデザインになっている機種は、利用したくない方もいるでしょう。

そこで、カラフルなデザインになっていない『タニタ ヘルスメーター THA-528』を解説するので、確認してみて下さい。

製品の特色

多くの体重計は、全体的にワンカラーになっている機種が多くありますが、本製品の大部分が『白黒』の点が描かれています。

少し柄模様になっていますが、落ち着いたトーンになっているので、カラフルなデザインが苦手な方には、おすすめの機種です。

アナログタイプになっているので、細かい数値を確認する事はできませんが、ボディ部分には、おおよその適正体重が表示されているのです。

そのため、ダイエットをする際の目標として、利用できます。

最大計量は、120kgになっているので、多くの方たちが体重を測れるようになっています。

Amazonでは、税込価格822円になっているので、気軽に購入する事が可能です。

本製品のレビュー

本製品を利用してみたら、目盛りの表示が大きくなっていて、見やすくなっている所を気に入っている方がいました。

そのため、視力が低い方でも利用しやすくなっているので、目盛りの表示が小さい体重計を利用している場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

デジタルタイプを利用している方が、体重計に水を垂らしてしまって故障した事があったので、本製品に買い換える方もいました。

実際に、アナログタイプにも水を垂らすのは、よくない事ですが、デジタルタイプほど精密機器ではないので、耐久性が優れています。

OHM デジタル体重計 HBK-T100-W

値段が安い機種を探している方たちの中には、デジタルタイプを利用したい方もいるでしょう。

そこで、デジタルタイプになっている『OHM デジタル体重計 HBK-T100-W』を紹介するので、参考にしてみて下さい。

製品の特色

本製品は、デジタルタイプになっている機種なので、電池を使う事になるので、維持費に少しお金をかける必要があります。

維持費にお金をかける事はデメリットですが、体重を計る際には細かい数値まで把握する事ができるのは大きなメリットです。

本体部分は『強化ガラス』が採用されているので、耐久性が優れているので、長い間に渡って愛用する事ができます。

デザインは、シンプルになっていて、全体的にクリアな『ホワイトカラー』になっているので、シックな部屋に合いやすくなっているのです。

デジタルタイプなので、本当に値段が安いのか心配になってしまうかもしれませんが、Amazonでは税込価格908円で販売されています。

本製品のレビュー

本製品を利用しようとしたら、サイズが大きくなっている事から、安定感が優れていて、満足している方がいました。

強化ガラスを採用する事によって、耐久性が優れているのは魅力的なポイントですが、強化ガラスによって重く感じてしまうケースがあったのです。

しかし、本体部分の重量は、わずか1.3kg程度なので、利用者がガラスによって重くなっているように、誤解している可能性があります。

そのため、強化ガラスが採用されているとは言え、実際には軽量タイプになっているので、利用しやすい機種です。

まとめ

最近では、値段が高い体重計が増えてしまいましたが、あまり機能を重視しなかったら、1,000円以下の体重計を購入する事は、十分に可能です。

機能が低い製品は、アナログタイプが多くなっている上に、正確性があまり優れていない製品もあります。

しかし、おおよその体重を計れる機種であれば、気にならない方には、機能が低くても値段が安くなっている体重計は購入してみる価値があるでしょう。