自分の子供の髪をバリカンでカットしたい!上手にカットするポイントとは?

バリカン

セルフカットするのに便利なバリカン。

バリカンがあれば、自分の子供の髪を簡単に切ることもでき、子供の散髪代を浮かすこともできます。

しかし、いざ自分の子供の髪をバリカンで切ろうとしても、子供が嫌がったり、じっとしていなかたったりすると切りにくいですよね?

そこでここでは、自分の子供の髪をバリカンで上手にカットするためのポイントを解説していきます。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)>>おすすめバリカンランキング


子供の髪を切ってあげたいとうい方にバリカンはおすすめ

自分の子供の髪が、気が付くと伸びていることってありますよね。

髪が長く伸びるたびに美容院や床屋に通っていると、散髪代が多くかかってしまいます。

1回の散髪代がそれほどでなくても、積もり積もると高額になってしまいますよね。

散髪代節約のためや、子供の髪は親である自分が切ってあげたいという思いから、子供の髪を切っている親は多くいます。

しかし、ハサミを使って髪を切るのは結構難しいものです。

そこでおすすめなものがバリカンで、バリカンを使うことで髪をカットしやすくなり、髪型を整えやすくなります。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)>>おすすめバリカンランキング


髪を切られるのを嫌がる子供もいる

髪を切られるのを嫌がる子供は結構多く、嫌がる子供の髪を切るのには苦労してしまいます。

では、なぜ髪を切られるのを嫌がるのでしょうか?

まずは、その理由を解説していきます。

バリカンの音が怖い

子供によっては、バリカンの「ウィーン」という音が怖く感じてしまうことがあります。

これは、歯医者で歯を削る時の音だけで怖がるのと同じで、音によって怖さを感じてしまう子供もいます。

バリカンは痛いものではありませんが、音によって怖がってしまうのは仕方のないことです。

音で怖がってしまう子供には、バリカンは怖いものではないと教えることが大切です。

じっとしているのが嫌い

髪を切られるのが嫌な理由として、ただ単にじっとしているのが嫌いという理由もあります。

髪を上手に切り、頭を傷つけないように切るには、じっとしてもらう必要があります。

そのため、自分の子供の髪を切る時、多くの方は「髪を切るから動かないでね」などと言うかと思います。

しかし、じっとしているのが嫌いな子供は、動かないでいることを苦痛に感じてしまいます。

苦痛に感じることで、髪を切られるのが嫌になってしまうのです。

格好悪い髪型にしていると嫌がる

バリカンは簡単手軽に髪をカットすることができるため、セルフカットで使用している方は多くいます。

そして、バリカンで子供の髪をカットしている親御さんも多くいます。

バリカンやハサミで子供が気に入る髪型にできれば、子供は満足し、髪を切られれるのを嫌がることは少なくなることでしょう。

しかし、カットした結果、子供にとって気に入らない髪型になってしまうと、「格好悪い髪型になりたくない」などと思い、髪を切られるのを嫌がるようになってしまいます。

ですから、髪を切られれるのを嫌がられないようにするには、子供が気に入るような髪型にすれば良いのです。

子供が格好良いと思う髪型にすることができれば、「髪が伸びてきたから切ってほしい」と思うようになることでしょう。

子供が動かないように好きなものを用意する

髪をカットしやすいバリカンですが、子供が動いてしまうと上手に切ることは難しくなります。

そのため、切られている子供はなるべく動かないことが大切ですが、子供にとって長時間じっとしていることは大変なことになります。

では、どうすれば良いのかというと、子供が動かないように、子供が好きなものを用意すると良いです。

好きな動画を観せたり、好きなヒーローや車のおもちゃなどを見させていれば比較的おとなしくなり、その時に髪をカットすることができます。

ですから、特にじっとしているのが苦手な子供には、好きなものを用意することをおすすめします。

子供の好きなDVDや録画した番組がおすすめ

子供の頭をできるだけ動かさないようにする方法としておすすめなのが、子供が好きなDVDや録画した番組を観せることです。

好きなDVDなどを流すことで、子供はテレビにくぎ付けになり、目線が動かなくなるので頭があまり動かなくなります。

頭があまり動かなくなるので、髪をカットしやすくなります。

髪がカットしやすくなることで髪を上手に切ることができ、髪型を綺麗に整えることができます。

アタッチメントの種類が多いバリカンを使う

長めの髪型やオシャレな髪型にしたい場合、上手にカットしたい場合は、アタッチメントの種類が多いバリカンを使うようにしましょう。

長めの髪型やオシャレな髪型などの場合は、サイドや後頭部など場所によって髪の長さを変える必要があります。

そのため、髪をカットする場合はアタッチメントを使い、場所によってカットする長さを変えるためには数種類のアタッチメントを使い分ける必要があります。

ですから、子供の髪を上手にカットしたいのなら、アタッチメントの種類が多いバリカンを使った方が良いのです。

アタッチメントが1種類しかないと、理想の髪型にすることは難しくなり、失敗してしまうこともあります。

「短くしすぎた!」などと失敗しても、すぐに髪を伸ばすことはできないので、アタッチメントの種類が多いバリカンを使い、カットする部分によってアタッチメントを変えることが大切です。

ですが、坊主頭のようなシンプルな髪型の場合は、アタッチメントが1つしかなくても問題ないでしょう。

髪が濡れている場合は乾かしてから

髪が濡れている場合は乾かしてからカットしましょう。

髪が濡れていると髪がぺたっとしている状態になり、カットしにくくなります。

カットしにくくなるため、当然理想の髪型にすることは困難になります。

ハサミではなくバリカンを使用してもカットしにくいので、髪が濡れている場合はしっかり乾かしてからカットするようにしてください。

すきバサミも使う

バリカンだけでなく、すきバサミも使うと上手にカットすることができます。

すきバサミを使うことで、髪の量を減らしたい部分を簡単に減らすことができます。

バリカンだけだと、どうしても髪のボリュームの調整は難しくなるので、すきバサミを上手く使うことをおすすめします。

ですが、バリカンに髪をすくことができるアタッチメントが付いているのであれば、すきバサミを使わなくても大丈夫です。

すきバサミは簡単に髪のボリュームを減らすことができますが、髪のすき過ぎには注意してください。

髪をすき過ぎるとハゲたようになることもあります。

ヘアピンを使うのもおすすめ

バリカンで子供の髪をカットする際、ヘアピンで髪をとめるとカットしやすくなります。

カットしやすくなるということは、髪をスムーズにカットできることに繋がり、スムーズにカットできることは時短になります。

つまり、ヘアピンを使うことで、上手に髪をカットすることができ、早くカットすることができるのです。

カットする時間が長いと子供は飽きてしまい、ぐずってしまう子供もいます。

そのようになっては、カットすることを中断しないといけなくなる場合もあるため、ヘアピンなど便利なものは進んで使うようにしましょう。

まとめ

いざバリカンで子供の髪を切ろうとしても、上手くいかないこともあることでしょう。

そのような時は、ここの記事を参考にして髪をカットしてください。

参考にすることで、以前よりもスムーズに髪を切ることができ、失敗することは少なくなることでしょう。

バリカンを使い終わったら手入れを行うことも大切で、手入れを怠っているとバリカンの切れ味が悪くなって上手に切ることができなくなるため、面倒ですが手入れはしっかり行ってください。

参考URL・参考文献・根拠など

https://iko-yo.net/articles/1427






バリカン