【2019年】おすすめのバリカンはこれ!【性能と価格で徹底厳選】

パナソニック バリカン 充電・交流式 シルバー調 ER-GF80-S + ボディトリマーセット

おうちで簡単に散髪ができるバリカン、便利ですよね。

自分で散髪してしまえば、時間もかからずお金もかかりません。

小さな男の子がいるおうちならなおさら散髪屋さんや美容室に連れて行くのは面倒ですし、お金ももったいない。

あると便利なバリカンですが、いざ選ぼうとすると、種類も多く迷うこともあるかと思います。

そこで今回はおすすめのバリカンをご紹介したいと思います。

ぜひご自宅にあったバリカンを見つけていただければと思います。




第1位 「パナソニック ER-GF80」


Amazonで詳細を見る

904件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

髪の毛の手入れの他にも胸・脇・ビキニゾーン・臀部の手入れもできる万能型のバリカンです。

スライド式の1つ2役のアタッチメントで髪の毛やボディ部分の細かな部分の手入れがしっかりと行えます。

ナチュラル仕上げも可能でスキバサミでカットしたような自然な仕上がりにできます。

耳まわりを誰でも簡単にカットできる「耳まわり&ナチュラルアタッチメント」が付属しています。

家庭向けの使いやすいバリカンので小さいお子のカットにもおすすめです。

詳細はこちらから




第2位 「フィリップス HC9452」


Amazonで詳細を見る

82件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

コストパフォーマンス抜群のバリカンです。

オートターボ機能で毛の太さに応じて自動でパワーを調整してくれるのが特徴です。

カット性能も従来より2倍向上していてスムーズにカットできます。

また、9種類の長さ設定を記録することができるメモリ機能が付いています。

1時間の充電で約2時間連続して使用することができます。

全体性能も高く、とにかくバリカンを試してみたいという方におすすめです。

オートターボ機能で毛の太さに応じて自動でパワーを調整してくれるのが特徴です。

カット性能も従来より2倍向上していてスムーズにカットできます。

また、9種類の長さ設定を記録することができるメモリ機能が付いています。

1時間の充電で約2時間連続して使用することができます。

全体性能が高く、使用頻度が高めの方におすすめです。

詳細はこちらから

第3位 「フィリップス QC5582」


Amazonで詳細を見る

185件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

持ち運びが楽な家庭向けのバリカンです。

長さは2ミリ毎にダイヤルで切り替えられるようになっています。

高度なセルフヘアーカットが可能なアタッチメントも付属しています。

また、清掃もしやすく工夫されています。

詳細はこちらから

第4位 「パナソニック ER1510P」


Amazonで詳細を見る

70件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

0.8・1.1・1.4・1.7・2.0mmの刃が付属しているので5段階調整が可能です。

充電用スタンドとかがついていて、充電もラクラク行うことができます。

1時間充電で約70分利用可能。

掃除用ブラシ・オイルも付属しているのでメンテナンスや手入れもすぐに行えるようになっています。

詳細はこちらから

バリカンでのツーブロックの切り方

ツーブロックとは、頭のてっぺんから耳の上くらいまでの髪は長めに残しており、それから下の部分は刈り上げにしている髪型の事です。

準備物

まず、バリカンでツーブロックにするには4つのアイテムを準備しておきましょう。

●新聞紙

バリカンで髪の毛を切ると、床に髪の毛が散らばってしまいますので、新聞紙などを準備しておき、新聞紙を広めに床に敷いた上でカットを始めましょう。

新聞紙を用意するのが面倒な方は、浴槽などでカットを行なってください。

●三面鏡

三面鏡とは、横・後ろなどを見る事ができる鏡の事です。

ツーブロックにする場合には、どこまで刈り上げればいいか確認しながらカットしなければいけませんので、失敗しないためにも三面鏡を用意しておくと大変便利です。

●ダッカール

バリカンでツーブロックに仕上げる為には、髪をブロッキングする「ダッカール」を準備しておきましょう。

バリカンで刈り上げている時に、切らなくても良い髪の毛が落ちてくるのを防いでくれます。

ダッカールが無い場合には、ヘアピン・ヘアバンドなどで代用しましょう。

切り方

まずは、襟足を刈り上げる場合にはダッカールで刈り上げる部分とそうでない部分のブロッキングを行います。

ブロッキングをしないまま刈り上げてしまうと、余計な部分まで刈り上げてしまい綺麗に仕上げる事ができませんので、ブロッキングはしっかりと行うことをおすすめします。

刈り上げる部分ではバリカンを使用しますが、ご自身の好みに合わせてバリカンの長さを設定しましょう。

目安としては、1mmだと地肌が見えるほどに青白く仕上がります。

10mmだと自然な感じのツーブロックに仕上げる事ができますが、おすすめの長さは5mm〜10mm程度です。

バリカンを使用する際の注意点としては、バリカンの動いている刃(動刃)が地肌につけないように、動かない刃(静刃)をつけるように刈り上げていく事がポイントです。

刈り上げる部分については、一気に刈り上げると失敗のリスクが高くなるので、徐々に刈り上げて行く事が大切です。

できれば、10mmに仕上げる場合でも最初は20mmからスタートして徐々に長さを短くしながら、4回程度に分けて徐々に刈り上げていく事が綺麗に仕上げる秘訣です。

なお、襟足に関してはサイドよりも長めに髪の毛を残しておくとナチュラルな感じに仕上がります。

刈り上げベリーショートの切り方

刈り上げベリーショートはトップにボリュームがあり、サイド・襟足がすっきりとしたヘアスタイルです。

刈り上げベリーショートの長さについて

サイドや襟足を刈り上げたベリーショートにする際のバリカンの長さのおすすめは3〜6mmです。

3mm以下になると、地肌が見えてきて青白い印象になりますので、すっきりと自然な感じに仕上げる為には、バリカンの長さは3〜6mmを目安に設定しましょう。

切り方

まずは、ダッカールで襟足の上の部分にあるくぼんだ場所を目安にブロッキングをしましょう。

ブロッキングした襟足を3回〜4回に分けて刈り上げていきます。

この時、最終的な長さを決めたら、それより長い長さのバリカンで刈り上げていきます。

例えば、最終的に6mmで刈り上げたい場合は、15mmなど比較的長い長さで、襟足からブロッキングしたところまで刈り上げていきます。

次に、長さを短くして(1回目が15mmの場合は10mm程度)襟足の下の方から3分の2を目安に刈り上げていきましょう。

最後に、1番短い長さで残りの部分を刈り上げていきます。

刈り上げベリーショートの場合も、徐々に長さを短くして数回に分けて刈り上げる事が綺麗に仕上げるポイントです。

お洒落坊主の切り方

坊主と一言でいってもスキンヘッドからお洒落な感じの坊主まで様々です。

3mm程度の長さになると誰が見ても「坊主」という印象を与え、地肌は透けて見えて色は青白い感じになります。

それらを踏まえた上で、綺麗なお洒落坊主を作るには、サイドと襟足が3mm・トップが9mm・その他が6mmを目安に刈り上げていきます。

サイドと襟足の切り方(3mm)

サイドと襟足部分を3mmで刈り上げていきますが、他の部分を誤って刈り上げないためにも、ダッカールで髪の毛をとめておきます。

バリカンを使うのが初めてで不安な方は、6mmもしくは9mmから始めて徐々に短くして刈り上げていきましょう。

6mm部分の切り方

サイド・襟足のカットが終わったらトップをするより前に、6mmの長さで他の部分を刈り上げていきます。

トップを切りすぎないようにダッカールなどで髪の毛を抑えてからバリカンを動かしていきましょう。

できればこの時に、三面鏡などを使用して後ろ姿を見ながら刈り上げると失敗せずに済みます。

一気に刈り上げるのではなく、確認しながらカットしていく事が大切です。

トップの切り方

最後に、トップ部分を9mmの長さで刈り上げていきます。

トップの場合も最後だからと気を抜かずに慎重に確認しながらカットしていきましょう。

このように髪の部位ごとに髪の長さを6mm・9mm・15mmに分けて刈り上げる事でグラデーションのあるお洒落な坊主に仕上げる事ができます。

ソフトモヒカンの切り方

ソフトモヒカンもお洒落坊主を作った時のように3段階にわけて刈り上げていくと綺麗に仕上がります。

綺麗なグラデーションを作る事が、綺麗なソフトモヒカンに仕上げるポイントです。

サイド〜後頭部半分までの切り方

まずは、サイドから後頭部半分までをダッカールなどでブロッキングしていきます。

後ろから後頭部を見ると、ダッカールが「V」のような形になります。

まずは、バリカンの長さ9mmから刈り上げていきますが、不安な方は、15mmからなど長い設定から始めて徐々に短くしてからカットしていきましょう。

特に後頭部は自分では見る事が出来ないので、三面鏡で確認しながら刈り上げるか、他の人に確認してもらいながら作業を進めましょう。

残りのサイド〜後頭部の切り方

残りのサイドと後頭部をバリカンの長さを9mmに変更してカットをしていきます。

この時に、トップの部分を間違って刈り上げてしまわないようにダッカールで髪を抑えておきましょう。

トップの切り方

最後はトップの部分を15mmでカットしていきます。

ただし、バリカンを始めて使う方は、20mm程度の長めの設定で刈り上げていきましょう。

トップの髪の毛の長さを長めに取る事でソフトモヒカンらしく仕上がりますので、鏡などで確認しながら、その他の部分についても慎重に刈り上げていきます。

最初は難しいかもしれませんが、グラデーションになるように刈り上げていくとナチュラルな感じのソフトモヒカンに仕上げる事ができます。

バリカンで子供の髪をカットするときの7つのコツ

家にバリカンがあると、いつでも簡単に散髪を行うことができるため、とても便利です。

理髪店や美容院を利用するのと違い、散髪代はほとんどかかりません。

ただし、子供の髪をカットするときは、うまく使う方法を知っておくようにしましょう。

油断していると、思わぬミスが起こり、困ってしまうことがあります。

では、失敗しないためのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

子供が楽しめるものを用意する

子供の髪をカットするときは、「なるべく動かないでほしい」と思うことが多いものです。

大人と違って、子供は長い時間じっとしていることができず、カットの途中であっても、体を大きく動かしてしまう可能性があります。

仕方がないことではありますが、それでは失敗を防ぐことができません。

急に動いたことで、必要のない部分まで刈ってしまったり、バランスの悪い仕上がりになったりすることも考えられます。

それ防ぐためには、飽きさせないための対策をしてください。

夢中になれるものを

何もない状態で、ただ壁を見つめて座っているだけでは、子供が飽きてしまいます。

しかし、何か好きなものを用意しておくと、ある程度長い時間でも、あまり動かずに座っていられるようになります。

例えば、普段からよく見ている大好きなDVDを再生しておくと、それに見入っている間に作業を進めることができるのです。

また、大好きな玩具なども有効なアイテムになります。

とにかく、子供が興味を示すものを用意しておき、体の動きが少なくなる環境をつくるようにしましょう。

そうしておけば、失敗しないように、じっくりと集中して散髪を行うことができます。

テレビを使うならCMを

テレビで映像を流しておくときは、子供が好きなものなら何でも構いませんが、できればCMがあるものをおすすめします。

これは、前髪をカットする時間を確保するためです。

動かずに座っていてくれると助かることは確かですが、あまり集中しすぎていると、前髪をなかなか触らせてくれないこともあります。

本当に大好きなものを見ていると、手やバリカンが視界に入ることを嫌がってしまうのです。

この問題を解決するためには、CMという幕間が役立ちます。

見どころ満載の映像が流れているときは難しくても、CMの間であれば、邪魔になるものが視界に入っても気になることはありません。

したがって、前髪などの手を出しにくい部分をカットするときは、CMに切り替わるタイミングを狙って行うようにしましょう。

その方法なら、サクサクと作業が進むため、すんなりと散髪を終わらせることができます。

髪を乾かしておく

髪をカットするときの失敗を防ぐなら、髪が濡れた状態は避けるべきです。

濡れてペタっとした状態になっていると、思い通りにカットできなくなる可能性があります。

そうなると、うまく理想の髪型にできず、「これは失敗だったな」と感じることが多くなってしまうのです。

また、バリカンにかかる負担も問題です。

濡れた髪をカットしていると、余計な水分が多すぎるために、刃が錆びやすくなることがあります。

すると、切れ味がだんだん落ちてくるので、さらに失敗が多くなってしまうのです。

そうしたデメリットを防ぐためにも、髪はしっかり乾かしておくようにしましょう。

乾いた状態だとカットしやすく、劣化を早めてしまう心配もありません。

アタッチメントを付け替える

理想の髪型に近づけるためには、アタッチメントをしっかり使いこなしていきましょう。

バリカンは、アタッチメントを変えることで、カットできる長さも変わります。

そのため、大きく刈りたい部分と細かく刈りたい部分で、うまく使い分けるようにしてください。

アタッチメントをまったく変えないまま使ったりすると、失敗してしまうことも多くなるので、軽視してはいけません。

細かく微妙なカットが必要な部分に長いアタッチメントを使った場合、短くなりすぎることがあります。

刈り取ってしまったものは元に戻せないので、失敗しないように、アタッチメントをきちんと変えながら作業を進めていきましょう。

すきバサミを併用する

細かく調整してバランスよく仕上げるためには、バリカンだけではなく、すきバサミもうまく利用していきましょう。

長い毛をくしで持ち上げ、ちょうど真ん中のあたりにハサミを入れていくと、うまい具合に髪のボリュームを減らすことができます。

そのときは、後ろに引くような感じでハサミを動かすのがポイントです。

また、紙の先端をカットしたいときは、なるべく斜めに切るようにしてください。

あまりまっすぐ切ってしまうと、不自然にぴっちりと揃ってしまうため、おかしな仕上がりになることがあります。

適度にばらつかせて動きを出せるように、慎重にカットしていきましょう。

すきバサミは、なんとなくプロ専用アイテムのようなイメージもありますが、家庭でも十分便利に使うことができます。

細かい調整をしたいときは、ぜひ試してみてください。

ヘアピンを使う

バリカンを使うときは、刈りたい部分に近い髪の毛が邪魔になり、うまくカットできないことがあります。

しかし、あまりもたもたして時間をかけていると、子供が飽きてしまいます。

そんなときは、ヘアピンを活用しましょう。

ヘアピンで邪魔になる髪の毛をまとめて留めるようにすると、本当に刈りたい部分に重なるようなことはないため、作業がしやすくなります。

長い髪をカットするときは、かなり助かるアイテムなので、どんどん使っていきましょう。

髪を散らかさない

バリカンで髪をカットするときは、カットした後のことも考えて行動しなければなりません。

刈り取った髪が周辺に散らばってしまうようだと、片づけるときに苦労することになります。

また、作業が終わって子供が動き始めることで、さらに被害が拡大する可能性もあるため、あまり散らかるような方法は避けるべきです。

なるべくまとめるようにしておけば、余計な手間を省くことができます。

袋に入れる

髪を散らかさないためには、袋を用意してから始めるようにしましょう。

カットを行うと、バリカンの上に刈り取った髪が乗った状態になります。

それをただ振り落としたりせず、用意した袋に入れていくようにすると、必要以上に散らかることはありません。

作業をしながらこまめに片づけて、すっきりと終わらせるようにしましょう。

ヘアキャッチャーもおすすめ

いちいち袋に入れるのが面倒なときは、ヘアキャッチャーを使い、その上に落としてしまいましょう。

刈った髪をすべてヘアキャッチャーが受け止めてくれる状態なら、後始末が楽になり、無駄に拡散したりすることもありません。

この方法なら、ただ下に落とすだけで済むので、よりスムーズに作業を進めることができます。

手入れをきちんと行う

バリカンを使い終わったら、丁寧に手入れをしておかないと、性能が落ちることになってしまいます。

そうなると、だんだん失敗する可能性が高くなっていくので、何もしないで放置するようなことはしないでください。

手入れといっても、それほど面倒な作業は必要ありません。

まるまる水洗いできるものが多いので、ある程度髪を取り除いたら、ジャブジャブと豪快に洗ってしまいましょう。

細かい髪が落ちにくいようなときは、歯ブラシを使うときれいになります。

あとは、しっかりと水分を拭き取って乾かしておけば、劣化を防ぐことができるのです。

錆を防いで切れ味を維持するためにも、メンテナンスを忘れないようにしてください。

バリカンで子供の髪をカットするときは、なかなかうまくいかず、悩んでしまうこともあります。

そのような事態を防ぐためには、ここで紹介したようなポイントをしっかり押さえておいてください。

上手な使い方を知っていれば、思い通りに作業を進めることができるため、失敗も少なくなります。

子供に余計なストレスを与えないためにも、デメリットは極力少なくしていきましょう。

「パナソニック ER-GF80」の詳細

近頃お財布の中身が厳しくてあまり美容院にも行かれない、などという場合にバリカンがあったら、大変に便利ですね。

特に子供の髪の伸びは早く、理容店にも美容院にも毎月のようにお金が出ていってしまいます。

ならばいっそ、バリカンを購入して自宅床屋を開いたら、ついでに家族全員のヘアケアもしてみたい、そんな人におすすめなのがパナソニック ER-GF80なのです。

充電式なのでどこでも使えて丸洗いも

髪の毛のカットというのは結構場所を選ぶものです。

この、パナソニック ER-GF80は充電式ですので、充電さえしておけば家の中のどこでもカットが可能です。

例えば髪の毛が散らかるのが嫌で庭先で、などという時にもすぐに使えるのが嬉しいですね。

また丸洗いが可能だということは、つまりは水に濡れても問題がないということです。

お風呂場でのカットも、問題なく出来ます。

カットの後すぐに当人はシャンプーが出来ますし、バリカンはそのまま水洗いができます。

清潔に安全に使用ができるのが、何よりの強みです。

そして1回の充電で40分の仕様が可能なのも、大きな特徴です。

40分あれば、充分に一人分のカットが出来ますし。

慣れてくれば2人くらいのカットも可能になります。

購入した代金もあっという間に、理容店の支払いに追いついてくれますね。

コードを繋いだままの使用も可能ですが、その時には水濡れ厳禁だと言うことは、心に留めておいて下さい。

アタッチメントで長さの設定も様々

このパナソニック ER-GF80は、アタッチメントが複数使用できます。

そのために長さ設定も、20ミリから70ミリまで細く設定が可能です。

もみあげ部分など短くしたいところは20ミリや30ミリで、頭頂部などは50ミリから70ミリでとお好み次第でカットが出来ます。

しかも長さ設定はアタッチメントをスライドさせるだけで可能です。

いちいち設定を変えるたびに、手間をかける必要もありません。

大人から子供まで、長さの好みに合わせてのカットが、楽々可能なのです。

一家全員で使用したいという家族には、特におすすめの製品です。

耳周りとかカットしにくかった場所も

自宅床屋の問題は、やはり細かい所のカットですね。

特に耳周りなどは、普通のカットばさみではなかなか上手くカットが出来ません。

しかしこのパナソニック ER-GF80なら、耳周りのカットも楽々自然な出来上がりが期待できます。

耳周り用のアタッチメントを使用すれば、これまで難しかった耳周りのカットも、素人床屋さんにも簡単にできるようになります。

やることは簡単で、耳の周りに沿ってバリカンを動かすだけです。

何より嬉しいのが、この時に直接刃が当たらないということです。

特に子供のカットの場合の怪我の心配も、大幅に減ってくれました。

怪我の心配をしたくないという人には、本当におすすめですね。

使い終わったら簡単水洗い

使い終わった後のバリカンというのは、洗うのが面倒でしかも刃に気をつけなくてはいけないという問題がありました。

このパナソニック ER-GF80の場合、まるごと水洗いに加えて刃を外さずに簡単に丸洗いができるという特徴があります。

ウォータースルーシャッターをスライドさせるだけで、刃はそのまま丸洗い出来るのです。

手間なく毛くずも流れてくれますので、お手入れは簡単にすみます。

何よりも刃の部分を触らないので、手を切ったりという危険を回避できるのが嬉しいですね。

丸洗いで勿論、清潔さも確保できますから次回のカットも安心ですね。

「フィリップス HC9452」の詳細

「フィリップス HC9452」は、0.1mmの単位で髪の長さ調整できる、極めて微調整が可能なバリカンです。

お気に入りの髪の長さを、より正確に実現したい人にとっておすすめです。

また、メモリー機能で設定を保存できるため、使う度ごとの面倒な設定をしなくて済むことが便利です。

短時間の充電で長時間使用できるのも特徴です。

細かな長さ調整ができるバリカン

バリカンを使用していて、思うような微調整ができず髪型が決まらないことで悩む場合もあります。

長さの微調整ができるバリカンであれば、「今より少しだけ短くしたい」というような微妙な調整を実現することも可能です。

「フィリップス HC9452」は、デジタルスワイプを使用することで細かな髪の長さに対応した高性能な機能を持っています。

簡単操作と高度なカット性能

デジタルスワイプは、コントロールパネルの簡単操作で行うことができる手軽さです。

411段階という極めて詳細な調整が可能であり、好みの長さを自由に実現できます。

自分でカットすることにありがちな髪を切りすぎる心配もなく、簡単な操作で理想的な髪の長さを可能にしています。

また、デュアルカットテクノロジーを搭載したことによりカット性能が高まっており、既存のフィリップス製品に比べて切れ味が2倍に進化しています。

メモリー機能で設定保存が可能

コームは、「スモールコーム」「ミディアムコーム」「ラージコーム」の3種類です。

それぞれ希望に応じて適切なコームを取り付けることで、高精度な長さ調整を行うことができます。

メモリー機能によって、コーム毎に3種類、最大9種類の長さ設定保存が可能になっており、前回使用した同じ設定で行う場合は再設定の必要がないため便利です。

自動パワー調整で楽に使用が可能

バリカンを使用する際に、人によってはパワーが適切ではなく、髪の量などにそぐわない場合もあるでしょう。

本製品はオートターボ機能を搭載しており、自動でパワー調整が可能です。

髪の量の多いところでは自動でパワーが強くなり、その人に応じて適切な使用ができるためカットを楽に行うことができます。

オイル不要で簡単な手入れ

カット後は、切った髪の処理や、バリカンの手入れが必要になります。

バリカンの刃は使用後に品質や切れ味を維持するためオイル差しが必要になりますが、この作業を面倒に感じることもあります。

しかし、本製品に関してはその必要はありません。

刃は水洗いが可能で、しかも洗い後のオイルが不要のため、簡単なお手入れが可能です。

使用後に清潔感を簡単に保つことができ、手間いらずに片付けることができる点もおすすめです。

短時間充電と長時間使用が可能

「フィリップス HC9452」は、短時間充電と長時間使用の両面を兼ね備えているため非常に使いやすくなっています。

1時間の充電で、約120分の使用が可能です。

既存の製品では、8時間の充電が必要で、使用時間も75分や45分という長さでしたが、本製品は格段に機能を高めています。

充電切れの場合もすぐに対処が可能で、一度充電すればかなりの長い時間を使用することができるため、カットが途切れる心配を少なくすることができます。

軽く持ちやすい仕様で便利

本製品は重量が軽く、使用中の腕の疲れを軽減することができます。

疲れを感じにくいバリカンを使用することは、セルフカットにおいてメリットが大きいです。

また、使用に際して違和感のない持ちやすい形になっているのも特徴です。

使いやすさを高めることで、さらに正確なカットが実現できる仕様になっています。

「フィリップス HC9452」のまとめ

「フィリップス HC9452」は、高精度なカット機能、メモリー機能、自動パワー調整機能など、使用者にとって希望に沿った髪型を実現するために役立つ機能を搭載しているのが特徴です。

また、充電時間の低減や使用時間の長時間化、本体の軽さなど、使用者が使いやすい設計になっています。

様々な点で使用者にニーズに沿った高性能なバリカンです。

「フィリップス QC5582」の詳細

3. 「導入」を記載して下さい。

「フィリップス QC5582」は、180° 回転するヘッドで、セルフカットが難しい箇所もしっかり対応できるバリカンです。

カットに難しさを感じている人や、思い通りの髪型ができないという人にとっても扱いやすい製品仕様であり、おすすめです。

カット性能の高い刃、様々な髪の長さ調整、スキンヘッドでも痛みのない仕上がり、本体水洗い可能なのも特徴です。

回転ヘッドで難しい箇所のカットも容易

後頭部などの手の届きにくい箇所があって、セルフカットに自信がないと考えている人もいるでしょう。

「フィリップス QC5582」は、回転ヘッドを利用して、見えにくい場所やどのような箇所にも対応しやすくなっており、カットをスムーズにできる製品になっています。

回転ヘッドの自由な角度調整はセルフカットを容易にし、ストレスのかからない快適な利用に役立ちます。

切れ味と耐久性に優れた刃と様々な長さ調整

2つのコームを利用して、1~15mmまでの11段階の長さ調整が可能です。

正確で細かい調整が可能なため、その時々の希望に応じて色々な長さの髪型にすることができます。

ヘアーシェービングを取り付ければ、スキンヘッドでも痛みのない仕上がりが可能です。

刃の先端は丸みを帯びており、肌に対する刺激に配慮しているため、安心して使用できる点もメリットです。

刃は耐久性と切れ味に優れており、自己研磨式でオイルを差す必要もありません。

持ちやすく使いやすい製品仕様

バリカンの持ちやすさは使いやすさにつながり、快適に使用するために大切な要素です。

本製品はラバー製のグリップを採用し、滑らずに使うことができます。

手にしっかり収まり握りやすいことで、使用時に余計なストレスがかかることもありません。

本体重量は180gという軽さです。

重量の軽さによって、長時間使用しても腕が疲れにくくなっています。

カットに長い時間がかかるような髪型でも、継続して利用が可能なため安心です。

充電交流式で様々な状況に対応できる

「フィリップス QC5582」は電源方式が充電交流式で、充電で使用することもできれば、コードを付けたまま使用することもできます。

充電に関しては1時間充電で約60分間の使用が可能であり、長時間使えるため便利です。

使用している最中に充電が切れると困ることもありますが、本製品は充電が少なくなった場合に表示ランプが点滅する仕様になっており、充電が切れる前に対応することができます。

充電式のメリットは、コードレスで使用ができるため、どのような場所でも移動して使える点です。

一方、交流式は、充電を忘れていたような場合でも充電しながら使用できます。

両方式を備えているため、様々な状況や場面で快適に利用が可能です。

水洗い可能で手入れの負担が軽い

カット終了後に、手入れのしやすい本体であれば、片付けるのが簡単で使い勝手がさらに良くなります。

本製品は、防水加工を施し水洗いできるのが特徴です。

丸洗いすることが可能で清潔さを維持でき、衛生面でも安心できます。

水洗い終了後にオイルを差す必要がない点も、手入れの簡単さにつながっています。

細かな点にも配慮

「フィリップス QC5582」は、製品仕様以外にも、細かな点に配慮がなされています。

カッターを保護する収納ポーチが付いており、保管に便利です。

持ち運びをする際にも、収納ポーチに入れておけば安全です。

また、製品本体に2年間の保証期間が付いていることも安心感につながるポイントです。

「フィリップス QC5582」は、それらの要素をバランス良く備えた高性能な仕様になっています。

色々な長さの工夫した髪型から、短髪やスキンヘッドなどの簡単な髪型まで幅広く利用できます。

「パナソニック ER1510P」の詳細

「パナソニック ER1510P」は、一般的な家庭用のバリカンに比べて切れ味が優れ、刈り残しが少ないプロ仕様の本格的なバリカンです。

現役の美容師や理容師が、お店で使用するバリカンとして活用することもできます。

また、一般的な家庭用のバリカンでは仕上がりに満足できない人にとってもおすすめです。

耐久性が優れており、軽量な点も特徴です。

品質の良いバリカンは使用満足度が高い

現在所持しているバリカンを使用して、自分が思う満足な仕上がりにならないと不満を感じている人もいます。

切り方が甘くなり、何度も試みているうちに思った以上に時間がかかってしまうケースもあります。

また、バリカン自体が重く、充電時間も長くかかれば、それだけ使いにくさを感じることもあるでしょう。

そういった様々な不満を取り除くことができるのが「パナソニック ER1510P」の特徴です。

プロ仕様のバリカンで刈り残しを低減

本製品はプロが活用できる仕様になっており、その切れ味の鋭さは「X-テーパーブレード」を搭載していることによるものです。

革新的な刃の形状によって、刈り残しが約40%低減されています。

スムーズなカットが行えることは、使用のストレスを軽減させます。

本製品は、サロンの業務用品として利用されているほどの実力を備えています。

耐久性の良いバリカンを選ぶ

「パナソニック ER1510P」は、製品に対して特殊カーボンコーティングやチタンコーティングを施し、長年の使用に耐えることのできる耐久性を備えています。

バリカンは長い時間手に持って使用するため、使用を重ねるうちに表面の劣化などが発生する可能性もあります。

それを防ぐ耐久性の良さは、本製品のメリットです。

重量の軽いバリカンは長時間の使用も楽

バリカン本体の重さは、利用のしやすさに影響を与えます。

本体が重いと腕が疲れ、そのことによって思ったようなカットができない場合や、切り損ないといった状態になることがあります。

持って軽いバリカンであれば、動かすのも楽で、細かな作業の際にも適しています。

腕も疲れることがなくおすすめです。

本製品は本体重量が約230gという軽さであり、使い勝手に優れています。

短い充電で長時間使用できるバリカンが便利

コードレスのバリカンは、電源に左右されずに様々な場所で使えるため便利です。

しかし、充電不足で使用中に切れた場合は面倒になる部分もあります。

再充電するのに時間もかかれば、カットが終了するまでの時間が長くなり手間を感じるでしょう。

その点に関しても、「パナソニック ER1510P」は1時間で完了する急速充電です。

また、充電後は70分の連続使用が可能であるため、一度充電すれば長時間利用できます。

準備に時間のかからないバリカンは使い勝手が良い

店でバリカンを利用する場合は、最悪お客様を待たせるようなことも考えられるため、ぜひとも充電切れは避けたいところです。

本製品は、そのようなリスクを軽減させることができます。

早く充電ができ、長時間の使用が可能であるため、バリカンの準備に時間がかからず、また充電が切れるなどの不測の事態にも対応しやすくなっています。

様々な高さ調整が可能なのもメリット

本製品は、0.8~2mmの5段階の刈り高さ調節が可能です。

また、アタッチメントも3~15mmの間で6つ付属しています。

短いカットから長さを残したカットまで幅広く対応できることは、髪型のバリエーションが多くなり便利です。

もちろん丸刈りにも活用できます。

参考URL

https://my-best.com/844
https://sakidori.co/article/251042
https://ipping.jp/item/5793
https://waotas.jp/5335