フィリップスのバリカン4選!メーカーは同じでも特徴が違う?

フィリップス 電動バリカン ヘアーカッター コードレス (1mm単位、23段階長さ調節) HC5440/15

フィリップスは、様々な機種がありますが、同じメーカーであっても、それぞれ機種の特徴が大きく異なっています。

そのため、フィリップスのバリカンであれば、どれでも信用できると思って購入したら、イメージと違って後悔する事があり得ます。

そのような事が起きないように、フィリップスのバリカンを4機種まで紹介するので、興味のある方は確認してみて下さい(機種の値段は2019年5月11日時点の情報なので注意)。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




フィリップス 電動バリカン HC5440/15

フィリップス 電動バリカン ヘアーカッター コードレス (1mm単位、23段階長さ調節) HC5440/15

『フィリップス 電動バリカン HC5440/15』は、機能が優れている上に、あまり手間暇をかけないで、髪の毛をカットできるようになっています。

そのため、忙しい日々を送っている方でも、利用しやすくなっているので、詳しく解説しましょう。

製品の特徴

あまり手間暇をかけないで、髪の毛をカットできるようになっているのは、本体部分に『長さ調節リング』が搭載されている事が大きく関係しています。

長さ調節リングを回転させるだけで、髪の毛の長さを1~23mmまで微調整できるからです。

バリカンは使用しているだけではなく、メンテナンスの時も時間をかけてしまうものです。

ところが、本製品の『刃』は取り外す事ができる上に、刃だけであれば水で洗えるようになっているので、短時間で髪の毛のカスを落とせます。

本製品の刃は『自動研磨式のステンレス刃』にもなっているので、抜群の切れ味を誇っているのです。

そのため、切れ味が悪いバリカンを利用していて、髪の毛が引っ張られたり絡まったりした場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

魅力的なポイントが多いバリカンなので、高額なイメージを抱いたかもしれませんが、Amazonでは税込価格3,382円で購入する事が可能です。

利用者たちの満足度

本製品は、機能が優れている割には、値段が安くなっていて、満足している方がいました。

そのため、コストパフォーマンスにこだわる方でも満足しやすい機種になっています。

髪の毛の長さを微調整できる所を気に入って、購入した方もいました。

実際に、数多くあるバリカンの中には、部品を付け替えなければ、髪の毛の長さを変える事ができない機種もあるのです。

それを考えたら、手間暇をかけなくても、髪の毛の長さを変えられるのは注目すべきポイントです。




フィリップス 電動バリカン QC5582/15

フィリップス 電動バリカン セルフヘアーカッター 充電・交流式 QC5582/15

多くのバリカンは、先端部分に刃を備えた構造になっています。

しかし、このような構造では髪の毛をカットしづらい方もいるので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『フィリップス 電動バリカン QC5582/15』です。

本製品は特殊な構造なので、カットしやすくなっているので詳しく説明します。

製品の特徴

本製品も同じ長方形の構造になっていますが、刃は先端部分ではなく、少し下がった所にあり、側面部分に搭載されているのです。

少し変わった構造をしているので、最初は戸惑うかもしれませんが、後頭部の髪の毛でもカットしやすい構造になっています。

なぜなら、側面部分に刃が備えられているので、バリカンを垂直に立てなくてもカットできるからです。

ヘッド部分は『180度回転可能』になっているので、後頭部に当てやすいだけではなく、簡単に坊主頭にする事ができます。

付属品として、2つのコームがあって『1~15mm』の長さにカットする事が可能です。

本体部分は『防水仕様IPX7基準』になっていて、水洗い可能になっているのです。

ただし値段は少し高くなっていて、Amazonでは税込価格5,741円で販売されています。

利用者たちの満足度

本製品は、刃が側面部分に搭載されていて『L字型』になっている所を気に入っている方がいました。

そのため、通常タイプの『I字型』では、扱いづらい場合には検討して見る価値があります。

ただし、本製品を利用していくうちに頭部がヒリヒリしてしまったので、本製品を確認してみたら刃の一部が欠けているケースがあったのです。

このようなケースもあったので、利用しているうちに頭部に違和感を抱いた場合には、何か故障をしていないか確認したほうが良いです。

フィリップス 電動バリカン HC3508/15

フィリップス 電動バリカン ヘアーカッター コード式 HC3508/15

『フィリップス 電動バリカン HC3508/15』は、スムーズに髪の毛をカットできるように作られているので、忙しい日々を送っている方でも、あまりストレスをためないで利用できます。

今まで、バリカンを利用していて髪の毛が詰まりやすかった方でも、本製品であれば満足できる可能性は高いので、その魅力に迫ってみましょう。

製品の特徴

本製品が、髪の毛が詰まりづらくなっているのは『ヘアーストリームテクノロジー』を採用しているからです。

ヘアーストリームテクノロジーとは、カットした髪の毛がコーム内に詰まりにくいように設計された『新コーム』の事で、スムーズに髪の毛をカットできるようになっています。

刃の部分は『45度ダブル鋭角刃』になっているので、摩擦を軽減しながらカットする事が可能です。

さらに『クイックリリース式』になっていて、ヘッドを取り外す事ができるので、刃だけであれば水洗いする事ができます。

そして、リーズナブルな価格になっていて、Amazonでは税込価格2,169円で購入する事が可能です。

利用者たちの満足度

利用者たちの中には、アタッチメントを付け替えしなくても、スライドするだけで髪の毛の長さを調整できる所を気に入っている方がいました。

この方は、刃の切れ味は鋭くなっていたのに、肌のほうは切れづらくなっていて満足していたのです。

ただし、利用方法によっては切れる可能性もあるので、注意しながら利用したほうが良いでしょう。

コードの部分が少し細くなっている所を気にしていた方もいたので、乱暴に取り扱わないようにしたほうが良いです。

フィリップス 電動バリカン HC9452/15

フィリップス 電動バリカン ヘアーカッター 充電・交流式 HC9452/15

『フィリップス 電動バリカン HC9452/15』は、今回紹介する4機種の中では、最も値段が高くなっています。

しかし、値段が高い代わりに高機能になっているので詳しく解説しましょう。

製品の特徴

本製品は、0.1mm単位で調整できるようになっていて、その範囲は411段階になっており『1~42mm』まで微調整する事ができるのです。

『オートターボ機能』を搭載していて、毛の太さや量に応じて、パワーを調節できるようになっているので、様々な髪型に対応する事が可能です。

さらに『最大9種類の長さ設定』を記憶できるようになっていて、短時間でカットする事ができます。

本体部分には、設定状況が文字で表示されるので、今はどのような設定にしているのか確認する事が容易です。

利用する際には『オイル差し不要』でも、髪の毛をカットできるようになっていて、あまり手間暇をかけずにカットを完了できるのです。

このように高機能なバリカンになっているので、Amazonでは税込価格11,400円になっています。

利用者たちの満足度

ノンオイルの仕様になっていて、あまり手間暇をかけずに利用できる所を気に入っている方がいました。

実際にオイルを差そうとした時に、手元を誤ってしまえば、手が汚れしまいますし、少し匂いが気になってしまう場合もあります。

そのような事を考えたら、ノンオイルの仕様になっているは嬉しいポイントと言えるでしょう。

まとめ

フィリップスのバリカンは、側面に刃を搭載している機種もあれば、パワーのある機種まであるので、自分の好みに合う機種を選ぶ事が重要になります。

多くの機種は値段が安くなっていますが、一部の機種は値段が高くなっているので、特徴だけではなく、コストパフォーマンスも把握するようにして下さい。

そこまで把握してから、購入すれば、後悔する可能性は低くなるでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%…
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%…
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%…
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%…