良い体重計を選ぶポイントになることはどんなことを気にするべきか

タニタ 体重 体組成計 BC-754 WH 自動認識機能付き/測定者をピタリと当てる

体重計は必須とはいえない家電といえるでしょう。

しかし、あればなにかと便利なものであるといえるので、購入して見る価値はあります。

毎日、体重を測ることができるのはダイエットなどには非常に効果的であるといえますから、持っているべきです。

ダイエットをしないにしても健康維持のために持っている価値はあるのです。

そのポイントを知っておきましょう。





体重計とはどんなものか

名前の通り体重計というの自分の重さを測ることができる機械であり、家にいなければならないような機会というわけでもないのですが、あった方が良いという機械の一つでもあります。

最優先というようなものでもないのですが、あれば何かと役に立つことになります。

特にいえることはダイエットをしようとするときなどにはこれがないと今現在が自分の体重がどれぐらいであるのかというのがわからないということになりますのでかなり大変なことになります。

どのような機能がある物を選ぶべきか

人によってどのような体重計を持っているのかというのが違うわけですが、基本的に多機能である事のほうが何かとメリットはあります。

体重以外にも測ることができるものがあればそれが健康維持に対して役に立つことがあります。

一般的なことを言えば例えば体脂肪率などは測れたほうがよいでしょう。

体脂肪率がわかるというのは体重がわかると同じくらい重要なことになります。

ですから、それを知っているのであれば健康を維持するときにどのような方法でダイエットなどを続けるべきであるのかといったようなことが計画を立てやすくなるからです。




安いものも高いものも

体重計は安いものもありますした買い物もかなりあります。

多機能になればなるほどお金がかかるということになりますが一度購入すれば少なくとも5年は使えるようなものですから、心配することはないです。

せっかく買うのであればそれなりに良いものを購入した方が良いです。

基本的にはかなり頑丈に作られていると言っても良いです。

何しろ、数十キログラムは乗せられるものになるわけですから、多少の重さなんてものは気にならないくらいには頑丈になっているのですがだからといって衝撃に強いというわけでもないので乗る時にはゆっくりと乗るようにしましょう。

そんなに壊れやすいというようなものでもないのですがそれなりに高いものを購入するのであればしっかりと丁寧に扱うようにはした方が良いです。

特に欲しい機能

体重計として欲しい機能というのはまず前述の通り、体脂肪率であると言えるでしょう。

それも全体の体脂肪も知ることは重要なのですが部位で知ることができる方が何かとメリットがあったりします。

ダイエットには部位別の体脂肪率のデータが測定できる機能が便利と言えますから、この機能があるのかないのか、ということは確認しましょう。

全身の体脂肪以外にも右腕・左腕・右足・左足・体幹部といった部分的な体脂肪の率も知れるようになりますと集中ダイエットも効率良く行えます。

さらには、トレーニング用なら筋肉量測定機能も欲しい所です。

どの程度の筋肉量の増加やあるいは減少が起きているのか、も知れるようになりますから、これは欲しい機能の一つといえるでしょう。

安くても悪いわけではない

健康管理だけならシンプルエントリーモデルでもまったく問題はありません。

シンプルな機能だけで基本的な情報が判断できるのであればエントリーモデルの体重計だけでも基本的には問題はないでしょう。

最近では体脂肪率が測れるということくらいは当たり前に着いていますからそれで自分が肥満体なのかどうかということの確認だけでもできれば問題はないという人であればそんなに高い体重計を購入する必要性はないです。

がっつりと鍛えている人などで言えば筋肉量とか体脂肪の1%単位での変動を気にすることはよくあるのですが一般人であればそこまで気にしないということも多いわけです。

ダイエットには必須の道具

ダイエットするために様々なジムに通ってみたり、道具を購入してみたり、 と言う事がありますが、まずは何より体重計を持っていることの方が重要であったりします。

正確に自分の体重を毎日記録するということによってダイエットの成果というのを自分の中ではっきりとさせることができるようになるからです。

そのためには記録をしてくれるような体重計である必要があるのですが最近ではスマートフォンなどと連動することができるような体重計も増えています。

かなり高価になってしまうのですが、それでも体重計を使うことによってダイエットが成功するのであれば決して無駄な費用になるということはないでしょう。

いつ乗るべきか

体重を測る時間帯というのはいつがいいのかということになるわけですが基本的に毎日同じ時間であれば同じ状況とすることができるようになりますので全くこだわるようなことではないです。

例えば風呂上がりでも良いですし、朝起きてから、というのも別に悪いわけではないです。

測る時間帯によってヘタをすると1 kgぐらいの差が出てきたりすることがありますから問題になるのは違う時間帯に測ったもので比較するということです。

その点だけは確実に言えることになりますので体重計を利用する時には必ず同じ時間帯で測るようにしましょう。

体重だけでなく、筋肉量や体脂肪率などの体組成を計測して、そして記録していき、その推移を見る事ができるようになりますと日々の健康管理をすることができるようになります。

おすすめできる3つのポイント

体重計を購入しようとする時に考えた方が良いといえるおすすめできるポイントが3つあります。

一つは価格であり、もう一つは機能性であり、最期に大きさということになります。

価格に関して言えば2万円ぐらいのものを購入しておけば基本的には安牌です。

それ以上高いものはそこまで意味があるということもなく、多機能ではあるでしょうがそこまで多くの人に必要とされているものではないことが多いです。

機能性に関して言えば体脂肪や筋肉量が測れる、ということも含めて、 加えて毎日のデータをスマートフォンやクラウドなどに送信することができるような機能があるとものすごく便利です。

但し、これはどうしても高価なものになってしまうので確認しておきましょう。

そして、割と大事になってくることは大きさになります。

最低限小さいものですと本当に足の大きさくらいまでしかないのですが逆にそういうものになりますとスペースはかなり省略することができるのですが、返って使いにくい、と言う事があります。

そこそこ安定感のある大きさと質量の体重計を購入するというのが使いやすさという点においてはおすすめできることになります。

価格に関しては一度購入すれば何年も使えるのですからそこまでケチケチすることはないですがそれこそ業務用のものを使う必要性もないのであくまで必要な機能だけがついているものにした方が良いでしょう。

安定して、確実に使えるモデルを選ぶようにすることです。

まとめ

体重計はあればなにかと役に立つ事があります。

健康を維持するためにも今の現在の体重はいくつであるのか、どのように増減しているのか、と言う事は知っておく価値があるのです。

そういう意味においては間違いなく、どんな人でも一つは持っている価値があるといえるでしょうから、いくつかのポイントを押さえて購入しましょう。