NASと他のHDDの違いとは?大人数で共有したい場合に活躍!

【NAS HDDセット】Synology DS218j & Seagate HDD [2ベイ / HDD IronWolf-4TBx2台同梱 / デュアルコアCPU搭載]

パソコンやインターネットが普及するようになって、HDD(ハードディスク)も様々な種類が登場してきました。

パソコンと一体型になっているHDDもあれば、外付けHDDのDAS(USBやeSATAなどを利用)もあります。

最近では、NAS(ネットワークHDD)も登場するようになりましたが、その違いについて分からない方は多いでしょう。

そこで、NASと他のHDDとの違いや、メリットなどを説明するので、参考にしてみて下さい。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)



NASの特徴

NASは、大人数で利用する事ができるHDDなので、今までのHDDでは満足できなかった方でも、利用しやすくて気にいる可能性が高いです。

それでは、NASの特徴や他のHDDとの違いについて説明するので、みていきましょう。

2つのHDD

DASとNASの決定的な違いは、併用できる人数です。

DASは、パソコンと1対1で接続する必要があるので、同時に複数のパソコンで併用する事が不可能でした。

それに引き換え、NASはLANによってインターネット上で接続できる事から、複数のパソコンで併用する事ができるようになったのです。

つまり、一人でしか利用できなかったDASとは違って、NASは大人数が同時で併用する事が可能になった訳です。

今まで、DASでは不便に感じていた方には、NASの導入をおすすめします。

オフィスで活躍

大人数で利用できるケースとして、多くの方たちがイメージしやすいのが、オフィスの利用でしょう。

実際に、日本企業の多くがNASを利用していて、オフィスで活躍しているのです。

オフィスでは、数十台のパソコンを利用している企業は多くあるので、複数のパソコンのデータをHDDで共有できるようになったら、効率よく作業を進められます。

仕事を効率よく進める事ができれば、今まで残業や休日出勤でカバーしていた時間をなくす事が可能になっていくので、コストダウンを図れます(作業量によって違いがあるので注意)。

外出先で確認が可能

NASの魅力は、大人数で併用できると聞いたら「家庭で利用する自分には関係のないHDDなのか」と落胆してしまったかもしれません。

実は、NASは家庭で利用している方たちでも活用する事は十分に可能です。

なぜなら、インターネット上で共有する事が可能になるので、自宅で保存していたデータを外出先でも確認できるようになるからです。

今まで、インターネットを利用できる所へ宿泊しても、USBメモリを持って来る事を忘れた場合には、保存したデータを確認する事ができませんでした。

しかし、NASであれば、USBメモリを持ち歩かなくても確認する事ができます。

多機能

高い人気を集めているNASは、様々な製品が販売されていて、その中には『多機能』になっている機種もあります。

なぜ、HDDが多機能になっているのかと言えば、数多くあるNASの中にはパソコンに近い構造になっている機種もあるからです。

高性能になっているHDDなので、データを保存するだけではなく、データを管理したり編集したりできます。

さらにケーブルを併用するだけで、データをコピーできる『デジカメコピー機能』まで搭載されているので、今までとは違う利用法が可能です。




NASのメリット

NASの特徴を理解できてもらえたところで、次にどのようなメリットがあるのか紹介しましょう。

そのメリットを理解できたら、ネットワーク上で利用できるHDDの利用価値の高さが分かるはずです。

使い分けが可能

企業は、それぞれ部署が違っているので、多くの場所で併用できるHDDを導入するメリットは大きいです。

しかし、多くの場所で同じ方法で利用しようとしたら、混乱してしまう場合もあるので注意しなければいけません。

NASは、そのような事態を避けられるように『共有フォルダー』を作成できるようになっています。

共有フォルダーとは、OSのログインアカウントによって『アクセス権』を行使して、アクセス可能な人たちを決められるシステムです。

部署ごとに違う共有フォルダーを作成したら、他の部署にとって関係のないデータを操作する事がなくなるので、混乱を防ぎやすくなります。

バックアップ

データを共有する事は魅力的なポイントですが、何かのトラブルでデータがなくなってしまったら、大きな損害を覚悟しなければいけません。

NASは、そのような事態も想定していて『RAID機能』も搭載しています。

RAID機能とは、複数のHDDを1つにまとめているように認識させてデータを保存するデバイスです。

NASであれば、2つのHDDにデータを保存できるので、片方のHDDが故障したとしても、もう片方のHDDからデータを復旧する事が可能です。

NASの活用法

NASの特徴やメリットを理解できても、活用法を知らなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

そこで、今から導入を考えている方たちのために、どのような活用法があるのか紹介するので、みていきましょう。

データを保存

パソコンやスマホを利用していれば、多くの画像や動画データを保存していくので、メモリの空き容量が足りなくなっていきます。

そこで、おすすめしたいのが、画像や動画データをNASにバックアップする方法です。

バックアップしておいて、パソコンやスマホにデータを残しておかなければ、空き容量に余裕が生まれます。

空き容量が多くあれば、様々な専用ソフトまたはアプリなどを活用する事ができるので、快適に利用できるでしょう。

セキュリティ

NASは、企業の部署ごとに使い分ける事ができますが、この機能を『セキュリティ』として活用する事もできます。

実際に、多くのハッカーたちが、インターネットを利用して、重要なデータを見ようとするケースが多くあるのです。

多くのデータを1か所に集めて漏洩した場合には、その損害は計り知れないものがあります。

しかし、NASのセキュリティ機能は優れているので、情報が漏洩する可能性は低くなっているのです。

家庭用と企業用のNAS

企業だけではなく、家庭でも利用されているNASなので『企業用』と『家庭用』が販売されています。

それぞれ、特徴が違っているので、購入する際には注意しなければいけません。

それでは、どのような特徴があるのか説明しながら、選ぶ際のポイントなども紹介しましょう。

2種類の違い

多くの方たちが併用できるNASですが、家庭用よりも企業用のほうが、多くの方たちが利用できるようになっています。

企業の場合には1,000名を超える所が多いのに対して、家庭の場合には多くても10名前後なので、当然と言えるでしょう。

そのため、自社でNASを導入する際に、出費を少しでも抑えるために、値段の安くなっている家庭用を選ばないほうが良いです(社員が10名前後の所は例外です)。

さらに、企業用のほうが多機能になっている機種も多いので、その辺りも覚えておいたほうが良いでしょう。

選ぶ際のポイント

企業で利用する場合には、社員の人数が多い場合には企業用を選べば問題はないのですが、家庭用のNASの機種は多くの物が販売されています。

そのため、自宅で利用する場合には、どの機種を選ぶべきか悩んでしまいがちです。

実際に、家庭用と言っても機能や性能に大きな差があって、停電時には安全にシャットダウンをしてデータを守る機種もあれば、RAID機能に違いがある機種も存在します。

RAIDは、RAID0・RAID1・RAID5・RAID6などがあります。

それぞれ保存をする方法が違うので、あなたの好みに合う機種を選ぶ事が重要です。

まとめ

NASとDASの違いは大きなものがあるので、大人数で併用する際には、NASのほうを検討したほうが良いです。

インターネット上で利用できる事から、様々な仕事を行う事が可能になるので、在宅勤務を模索していた企業は、導入してみる価値があります。

日本は少子高齢化が進んでいますが、在宅勤務は人気が高いので、NASを導入して在宅勤務できるようにすれば、多くの方たちを入社させる事も可能になるでしょう。