バリカンを使ってスキンヘッドにするコツは?押さえておきたい8つのポイント

パナソニック バリカン 充電・交流式 シルバー調 ER-GF80-S

自分でスキンヘッドにするときは、バリカンが役立ちます。

広範囲をサクサク刈り取ることができるため、スムーズに髪を短くできます。

ただし、きれいなスキンヘッドにするためには、それだけでは不十分です。

他のアイテムも必要になってくるので、適当に刈るだけで終わらせてはいけません。

では、スキンヘッドにするときのコツを詳しく説明していきましょう。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

こちらの記事でもおすすめのバリカン製品を紹介していますので参考にして下さい。




シェーバーかカミソリを併用する

きちんとしたスキンヘッドにするためには、バリカンだけでは足りません。

バリカンは、あくまでも短くするだけなので、そのままだとスキンヘッドではなく坊主になってしまいます。

きれいに剃るためには、シェーバーかカミソリも用意しておきましょう。

スキンヘッドにするときのおおまかな流れとしては、まずバリカンでカットし、最後に剃って仕上げをするのが一般的です。

必要なものをしっかり揃えて、きれいなスキンヘッドにしていきましょう。

シェーバーは頭髪用を

シェーバーといえば、髭を剃るときにも重宝されるアイテムです。

そのため、「普段使っているものを利用できるな」と考えてしまうこともありますが、それはよくない方法になります。

本来の用途から外れた使い方をすると、うまく剃れない可能性が高いのです。

そのため、髭剃り用をそのまま使うのではなく、頭髪用の製品を別に購入しておくことをおすすめします。

髭は髭用、頭髪は頭髪用にしておけば、失敗することはありません。

シェーバーは深く剃れない

仕上げにシェーバーを使うときは、剃る頻度が高くなる点に注意してください。

これは、シェーバーの安全性が高いためです。

刃が肌に触れない設計なので、怪我をしっかりと防いでくれますが、その代わりに深剃りはできなくなっています。

少し長めに髪が残るため、剃る回数を多めにしないと、きれいなスキンヘッドを維持できないのです。

安全に剃れることは重要なポイントですが、こうしたデメリットも頭に入れておくようにしましょう。

カミソリは慣れが必要

カミソリを使った場合は、シェーバーよりもかなり深く剃ることができるため、作業の頻度が高くなったりはしません。

しかし、深く剃ることができるのは、刃が肌に触れているからです。

直接触れるものだと、シェーバーより失敗しやすいので、使うときは十分注意してください。

また、カミソリのタイプ選びも重要です。

ストレートタイプだと、なかなか適切な角度にできず、肌を傷つける可能性があります。

それを防ぐためには、T字タイプを選んでおくべきです。

なるべく簡単なものを使い、早く慣れるようにしましょう。




髪が1cm以上なら必ず刈る

スキンヘッドにするときは、できるだけ髪を短くしておく必要があります。

髪が長めだと、うまく剃ることができません。

そのため、1cm以上の長さがあるときは、バリカンでしっかりカットしておいてください。

この点を軽視していると、安易に剃り始めてしまい、失敗することがあります。

短めに見えても、1cm以上だと剃りにくくなるので、刈る作業を省略しないようにしましょう。

一番短いアタッチメントで

バリカンは、アタッチメントを付け替えることで、残しておく髪の長さを変えることができます。

スキンヘッドにするときは、とにかく短くしておくことが大切なので、最も短くなるアタッチメントを選んでください。

おしゃれな坊主にするときなどは、いろいろと長さを変えて調整していくものですが、スキンヘッドならそうした作業は必要ありません。

すべて短く刈り込み、剃りやすい状態にしておきましょう。

バリカンがいらないケース

スキンヘッドにするとき、バリカンによるカットを省いても構わないのは、1cm以下の短い坊主の人だけです。

もともと短い状態なら、刈らなくても問題なく剃ることができます。

自分の髪をよく見て、省略できるところは省略していきましょう。

そうすれば、時間の短縮になります。

ただし、よくわからないようなときは、とりあえず刈っておくことをおすすめします。

短ければ短いほど剃る作業は楽になるので、不安なときはどんどんカットしてください。

刈ったあとに蒸らす

バリカンで髪を刈ったあとは、いきなりシェーバーやカミソリを使うのではなく、まず蒸らすことから始めてください。

蒸しタオルを頭に巻きつけ、頭皮を温めておかないと、失敗することがあります。

乾燥してガサガサした状態で剃り始めると、傷をつけることが多いのです。

痛みを感じることもあるので、かなり剃りにくくなってしまいます。

それを防ぐためにも、慌てて剃ったりせず、30分くらいかけてじっくり蒸らしてみてください。

たっぷり蒸らしてから始めた方が、仕上がりもきれいになります。

シェービングフォームを使う

頭皮を傷つけないためには、ただ剃るのではなく、シェービングフォームを塗ってから剃るようにしてください。

蒸らせばある程度はダメージを軽減できますが、それだけではうまく防ぎきれないこともあります。

確実に傷を防ぐなら、シェービングフォームも塗っておくようにしましょう。

シェービングフォームがない場合は、ボディソープでも代用できます。

毛の流れに逆らわない

髪を剃るきは、毛の流れをよく考えて、なるべくその通りに手を動かすことが大切です。

流れを無視して逆剃りにしたりすると、蒸らしてシェービングフォームを塗っていても、肌へのダメージを抑えられなくなります。

剃ったあとで頭がヒリヒリしてしまうこともあるので、この点には十分注意してください。

無理のない剃り方で、安全に作業を進めていきましょう。

耳を折り畳む

耳の近くは、どうしても剃りにくくなってしまうものです。

そのまま剃ろうとしても、耳が邪魔になり、なかなか思い通りにできません。

とはいえ、カミソリを使ったときなどは、耳を傷つける可能性もあるので、強引に剃るのはやめてください。

失敗しないためには、耳を少し折り、剃りたい部分を露出させるようにしましょう。

耳に隠れた部分を剃るのは難しいものですが、きちんと出ていれば、スムーズに剃ることができます。

念を入れて垂直に剃る

普通に沿っただけだと、微妙に髪が残ってしまい、あまりきれいな仕上がりにならないこともあります。

そんなときは、垂直に動かす方法で、もう一度丁寧に剃り直してみてください。

最後にこの作業を加えることで、かなりきれいなスキンヘッドにすることができます。

このときにも、毛の流れに逆らわず、自然に剃ることを忘れないようにしましょう。

最後の確認を忘れずに

念入りに剃ったあとでも、鏡による全体の確認は怠らないようにしてください。

自分では丁寧に剃ったつもりでも、襟足や後頭部などは、剃り残しがあったりするものです。

鏡を使って確認すれば、見えない部分もよくわかるので、わずかな剃り残しも見逃すことはありません。

ただし、剃り残しを処理するときは、シェービングフォームの塗り忘れに注意してください。

最後に少しだけ剃るようなときは、つい塗らずに沿ってしまうこともありますが、肌を守るためには、やはり必要です。

多少面倒でも、再度塗り直してから剃るようにしましょう。

まとめ

バリカンを使ってスキンヘッドにするときは、ここで紹介したポイントをしっかり押さえておいてください。

適当に作業を進めていたのでは、失敗することになってしまいます。

シェーバーやカミソリを用意していなかったり、きちんと短くしないまま剃ったりすると、うまく仕上げることができません。

場合によっては、肌に余計なダメージを与えてしまうこともあります。

そうしたデメリットを防ぎ、きれいなスキンヘッドにしていきましょう。