快適にトリミング!犬用バリカンを選ぶ時に押さえてほしい5つのポイント

飼い犬のトリミング代を浮かせたい、自分でトリミングしてみたい、などの思いから犬用バリカンの購入を検討している方もいることでしょう。

ですが、犬用バリカンを購入する時、適当に選ぶのは良くありません。

「犬用バリカンは、どれを選んでも大丈夫だよね」などと思って適当に選ぶと、実際に使ってみた時に「なんだか使いにくい」などと後悔してしまう場合があります。

そのようなことを避けるためにも、ここでは犬用バリカンを選ぶ時のポイントを紹介していきます。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




刃の種類を確認しましょう

犬用バリカンを購入する際は、使い方に合わせて選ぶ必要があります。

使い方に合わせて選ばないと、使いにくく不便に感じてしまいます。

では、使い方に合わせて選ぶ場合、どのようなことに注目すれば良いのかというと、それは刃の幅や大きさです。

犬用バリカンは主に全身に使用するものと、部分的に使用すうものの2種類あり、それぞれ刃の特徴が違ってきます。

使い方に合わせて選ぶことにより、使いやすく快適にトリミングすることができます。

全身を刈りたい場合

犬の身体の広い範囲をトリミングしたい場合は、全身に使用するタイプのバリカンを使いましょう。

全身に使用するのにピッタリなのが4.5cmくらいの幅がある刃で、全身を効率的にカットすることができます。

全身など広い範囲をトリミングする時に、小さいタイプの刃を使用してしまうと、詰まったりカットしにくくなったりしてしまい、上手にスムーズにカットすることは難しくなるため注意しましょう。

全身用の犬用バリカンは、犬の種類や毛の性質、季節などによって、3~5mmの替え刃や2mmの替え刃、3mmの替え刃や5mmの替え刃などを使い分けると、自分の好みや犬の特徴に合わせてトリミングすることができます。

部分的に刈りたい場合

足の裏や耳の裏など、部分的にカットしたい場合、全身用のものを使っては上手くカットすることは難しくなります。

器用な方でもカットしにくくなるため、部分的にカットしたい場合は比較的小さめの部分用バリカンを使うようにしましょう。

そこで、「部分用に適しているバリカンってどのようなバリカン?」と思う方もいることでしょう。

部分用は1mmの刃が選択できるもので、1mmの刃を使うことで繊細なカットをすることができ、耳の裏や肛門の周辺など部分的にトリミングしやすくなります。

狭い範囲をカットしたい場合や、気になる部分だけカットしたい場合は、このタイプのバリカンを使用しましょう。

全身用と部分用の2つを揃えること

自分好みにトリミングするには、1つのタイプだけでは物足りません。

全身用と部分用、2つ揃えることによって上手に効率的にトリミングするしやすくなります。

1つのタイプしか使えないと、失敗したり、不自然な仕上がりになったり、満足いく仕上がりにならなかったりしてしまうことがあります。

自然な感じに仕上げたり、満足いく仕上がりにするには全身用と部分用の2つのタイプを使うことが大切なため、両方揃えておくことをおすすめします。




腕に負担がかかりにくい重量のものを

犬のトリミングでバリカンを使用する場合、当たり前のことですがカットしている間はバリカンを持ち続けることになります。

あっという間にカットできれば良いのですが、丁寧に綺麗にカットしようとすると、どうしてもそれなりに時間がかかってしまいます。

つまり、トリミングする時は結構長い時間バリカンを持ち続けることになります。

バリカンが重いほど腕には負担がかかり、腕に負担がかかり続けることで疲れてしまいます。

腕が疲れると、繊細に操作することは困難になり、間違ってカットしてしまう可能性があります。

ですから、使うバリカンの重量は重要で、なるべく腕に負担のかからない重量のものを選ぶことが大切です。

そのようなものを選ぶことによって腕に負担がかかりにくくなり、快適にカットすることができます。

初心者は軽めのものを

犬用バリカンの重さは製品によって異なり、200gくらいのがあれば、900gくらいのものもあります。

重量が重いものは、主にプロの方が使っている製品であり、プロでない一般の方が重めのものを使用すると失敗してしまうことがあります。

そのため、自分でトリミングするためにバリカンを選ぶ場合は、軽めのものを選ぶことをおすすめします。

軽めのものなら腕にかかる負担は少なく、トリミング初心者でも扱いやすいものです。

振動の大きさが重さに関係する

バリカンを作動させると振動しますが、振動の大きさによっては重量が重く感じてしまうことがあります。

振動が小さければ問題ありませんが、振動が大きいと腕に負担がかかることによって重く感じてしまいます。

電源を入れていない時に重く感じていなくても、電源を入れて大きな振動がすると、重く感じてしまうことがあり、重く感じることで腕が疲れてしまいます。

特に初心者はトリミングに慣れていないので、できるだけ振動が小さいものを選ぶことをおすすめします。

なるべく静音性の高いものを

犬用バリカンを購入する際は、なるべく音が静かなものを選ぶようにしましょう。

音が大きいものだと、犬が音を気にしてしまい、ソワソワと落ち着かなくなってしまいます。

音が大きいことで怖がる犬もおり、犬がソワソワしていたり、ビクビクしたいたりしていると、トリミングしにくくなってしまいます。

色々な音が聞こえてくるペットサロンならバリカンの音は目立ちにくいですが、自宅など比較的静かなところでカットすると、バリカンの音が目立ってしまいます。

そのため、できるだけ静音性が高いものを選ぶことをおすすめします。

静音性の高いものなら犬が音を気にしにくくなり、じっとしやすくなります。

あまり動かなければ、快適にスムーズにトリミングすることができます。

コードレスがおすすめ

イヤホンやヘッドホンなどは、コードがない方が使いやすいですよね?

犬用バリカンも一緒で、コードがない方が使いやすいです。

コードレスなら、当然コードを気にすることなくトリミングすることができます。

コードがないためバリカンを動かす自由度が高く、使う場所の自由度も高いです。

細かい動きがしやすく、近くにコンセントがないところでも使えるので、特に初心者にはコードレスのタイプを選ぶことをおすすめします。

パワーに物足りなさを感じた場合

コードレスはとても使いやすいのですが、コードが付いているものと比較すると、パワーの面が物足りなく感じることもあります。

もし、パワーが物足りないと感じた場合は、コンセントにつないで使うと良いです。

コードを使ってコンセントにつなぐことでパワーが出やすくなります。

水洗いできるものがおすすめ

バリカンを使ったら手入れを行うことが大切ですが、細かい毛や汚れなどを落とすのは結構面倒です。

面倒だけど、切れ味を落とさずに衛生的にするためには手入れを行う必要があります。

水洗いできる製品なら簡単に手入れをすることができ、それほど面倒ではありません。

手入れが簡単なことから時短にもなり、時間を上手に使うこともできます。

使用後に手入れをしっかり行うことは、犬用バリカンの寿命を延ばすことにもなるので、手入れが比較的簡単に行える水洗い可能なものを選ぶと良いでしょう。

まとめ

犬用のバリカンを選ぶ時は、刃の種類・重量・静音性・コードレスのタイプか・水洗い可能か、などをしっかり確認しましょう。

扱いにくいものを選んでしまうと、快適にカットすることができなくなったり、上手にトリミングすることが困難になったりしてしまいます。

快適にカットできないものを使うと、犬に余計なストレスを与えてしまうこともあるので、ここで紹介したポイントを押さえて購入するようにしてください。

参考URL・参考文献・根拠など

https://my-best.com/2478
https://thebest-1.com/a1801/