座椅子タイプのゲーミングチェアは意外にもメリットが多い?

Esnato ゲーミング座椅子 150度リクライニング ハイバック ヘッドレスト クッション付き キャスター付き T-3

長い時間に渡って、ゲームをしている方たちの間で、高い人気を集めている『ゲーミングチェア』ですが、実は座椅子タイプもあるのです。

今まで、通常タイプのゲーミングチェアを利用してきた方にとっては、座椅子タイプは利用しやすいのだろうかと半信半疑に陥ってしまうかもしれません。

ところが、座椅子タイプは意外にも多くのメリットがあるので、詳しく解説します。

座椅子タイプのゲーミングチェアのメリット

座椅子タイプのゲーミングチェアには、様々なメリットがあるので、今まで座椅子を利用した事がない方でも利用しやすくなっています。

そこで、どのようなメリットがあるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

コタツと併用

座椅子を利用した事がない方が見落としやすいポイントとして『コタツ』を併用できるところが挙げられます。

寒い冬場の季節になったら、コタツを併用していなければ、ファンヒーターまたはエアコンの設定温度を上げておかなければ、肌寒く感じてしまいます。

設定温度を上げておけばコタツを併用する必要はありませんが、そのような事をしていたら、光熱費にお金をかけてしまうので、あまりゲームにお金をかけられなくなってしまうので注意しなければいけません。

今まで、暖房にお金をかけて困っている場合には、コタツと併用できる座椅子タイプのゲーミングチェアはおすすめです。

正しい姿勢をキープ

座椅子を利用しようとしたら、あぐらをかきやすくなるので、背筋が丸くなりやすいです。

実は、背筋が丸くなってしまえば『S字カーブ』をキープする事が難しくなってしまうので、注意しなければいけません。

S字カーブとは、真横から背筋を見たらS字のような姿勢になっている事を指します。

背筋がS字になっている時は、腰が湾曲になっているので、腰がバネの役割を果たしてくれるのです。

座椅子タイプのゲーミングチェアは、ランバーサポートが備えられているので、S字カーブをキープしやすくなっているので、腰にかかる負担を軽減できます。

優れた安定感

ゲーミングチェアは、通常タイプの椅子とは違って『リクライニング機能』が搭載されています。

しかし、通常タイプのゲーミングチェアでリクライニング機能を活用して、背もたれを水平まで倒したら、椅子が壊れないか心配になってしまうでしょう。

実際に、購入したばかりの時は壊れなくても、利用していくうちに背もたれが折れて、頭から落ちてしまう可能性があるのです。

ところが、座椅子タイプであれば背もたれを水平まで倒した時は、頭の高さが床に近いので、背もたれが倒れても衝撃が少なくて済みます。

頭部をサポート

通常タイプの座椅子を利用した事がある方なら分かるかと思いますが、通常タイプの製品は背中までしか支えられない製品ばかりです。

長い時間に渡ってゲームをしたい方にとって、背中までしか支えられない座椅子では、肩や首が疲れてしまって、途中で辛く感じてしまうはずです。

それでは、ゲーミングチェアの座椅子タイプはどうなっているのかと言えば、お尻から頭まで支えられるようになっているので、肩や首にかかる負担も軽減できます。

利用する際のポイント

ゲームが好きな方にとって利用しやすい座椅子タイプのゲーミングチェアですが、利用する際にはいくつか抑えておくべきポイントがあります。

そのポイントを把握しておけば、快適に利用する事が可能なので、詳しく解説します。

キャスターを活用

ゲームをする方たちの中には、攻略本を使って遊ぶ方もいれば、ゲームをしている時に気になった事をノートに記入をする人もいるでしょう。

実際に、RPGゲームであれば、隠れた宝物やボスなどを見つける事は簡単ではないので、攻略本を併用する事も重要です。

しかし、攻略本を何冊も置いている場合には、コタツに全て置く事ができない場合もあるでしょう。

座椅子タイプのゲーミングチェアは、キャスターを活用する事によって、ある程度まで移動できるので、周辺に置いてある攻略本を手に取りやすいです。

クッションを併用

ゲーミングチェアは『ファブリック』の生地を採用している製品が多いので、あまり通気性がよくありません。

そのため、暑い夏場の季節には体温によって座面や背もたれが熱く感じるようになって、不快感を抱く場合もあります。

暑いのが苦手な場合には、ゲーミングチェアを利用しないほうが良いと思うかもしれませんが、そのような場合には『メッシュ生地』のクッションを併用してみて下さい。

メッシュ生地は通気性が優れているので、併用する事によって、暑い夏場の季節でも利用しやすいです。

利用する際の注意点

利便性や使用感が優れている座椅子タイプのゲーミングチェアですが、いくつか注意すべきポイントがあります。

利用した後に後悔する事がないように、どのような所を注意すれば良いのか説明するので、確認してみて下さい。

ゲームをする時間

使用感が優れている座椅子タイプのゲーミングチェアでも、長い時間に渡って座っていたら、腰を痛めてしまうので注意しなければいけません。

実は、座りすぎていたら死亡のリスクが最大で40%も増えてしまうと言われているのです。

オーストラリアの研究機関によれば、1日の総座位時間が4時間未満の方に比べて、8~11時間の人は死亡リスクが15%増・11時間以上が40%増という事が分かったのです。

そのため、ゲームをする際には、1~2時間に1回は少し立ち上がって休憩をしたほうが良いでしょう。

適度に運動

平日に立ち仕事をしている方であれば大丈夫かと思いますが、デスクワークをしている方が自宅にいる時まで座っている時間が長くなっていたら、足腰の筋力が低下してしまいます。

腰の筋力は、腰を支える働きがあるので、筋力が低下してしまえば、腰痛の原因になってしまうので注意しなければいけません。

腰痛にならないためには、定期的にウォーキングをして、腰の筋力の低下を抑えるようにして下さい。

ゲームをする際のポイント

ゲームをする時に、ゲーミングチェアを利用する際にも、いくつか抑えておくべきポイントがあります。

そのポイントを把握しておかなければ、ゲームを続ける事が難しくなるので、詳しく説明しましょう。

テレビとの距離

狭い部屋の場合には、テレビと座椅子タイプのゲーミングチェアの距離を縮めて設置したくなるかもしれません。

ところが、近い距離からテレビを見ていたら、視力が低下しやすいので注意する必要があります。

特に、激しく色が変わってしまうゲームばかりをしていたら、目の疲労はたまりやすくなります。

そのため、テレビから1m以上まで離した所で、座椅子タイプのゲーミングチェアを置くようにして下さい。

1m以上もあれば、目にかかる負担も軽減できます。

目にかかる負担

目にかかる負担を軽減したい場合には、本来であればゲームで遊ぶ時間を減らしたほうが良いのですが、ゲームが好きな方は時間を減らしたくないでしょう。

そのような場合には、目にたまった疲労を取る事が重要なので、目薬を利用する事も検討したほうが良いです。

目が疲れる前に、定期的に目薬をさしておけば、長い時間に渡ってゲームで遊んでいても、目は疲れづらいです。

さらに、タオルをぬるま湯で温めて絞った物を、目に当てたら疲れを取れます(タオルを当てる時は、目を閉じて、まぶたの上に当てて下さい)。

まとめ

座椅子タイプは、疲れやすいイメージがあるかもしれませんが、ゲーミングチェアであれば正しい姿勢をキープしやすいので、あまり疲労がたまりません。

さらに座椅子タイプであれば、コタツと併用する事ができるので、ファンヒーターまたはエアコンなどの設定温度をあまり上げなくても、快適にゲームを遊べます。

ただし、座っている時間が長くなってしまえば、健康面で悪い影響が出てしまうので注意して下さい。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!