人気ブランドAKRacingのゲーミングチェアの特徴とは、おすすめのチェアを5つ紹介

長時間のゲームをプレーしても疲れないように楽しめるように設計されているゲーミングチェアですが、多くのブランドからさまざまな商品が発売されています。

その中でもAKRacingとDXRACERの二つのブランドは非常に人気で、プロゲーマーにもこの二つのブランド製の製品を愛用している人が多いです。

今回はその二つの有名ブランドのうちAKRacingの製品の特長やおすすめのチェアを紹介していきます。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)



AKRacingとは?

AK Racingは2000年に創業した比較的新しいブランドで、ヨーロッパやアメリカを中心に市場の開拓を行ってきました。

レーシングカーのシート開発にも取り組んでおり、その技術が生産されているゲーミングチェアにも活かされています。

生産の拠点は中国の揚州市に構えており、数多くの開発者が協力しながら今発売されてい製品よりもより良い製品を開発しています。




AKRacingのゲーミングチェアの特徴

元々はレーシングチェアの開発製造がメインだったAK Racingですが、今ではゲーミングチェアの製造販売がメインになってきています。

そのAK Racingが製造する製品にはどのような特徴があるのでしょうか。

レーシングシートの技術が活用されている

レーシングチェア開発からスタートしたAK Racingのゲーミングチェアはその技術を活用した商品が非常に多いです。

人間工学などを活用して設計されており、人間の体にしっかりと背もたれや座面がフィットするようになっています。

そのため長時間座っていても疲れにくく、腰や背中に負担が少なく済みます。

オフィスなどに対応した製品も多数

ゲーミングチェアは基本的に長時間ゲームを行う人やプロゲーマーの人を対象とした製品ですが、最近では長時間座る人の体への負担を軽減するためにオフィスへ採用する企業も多くあります。

AK Racingの製品もそのような使い方を意識した製品も多く発売しており、家庭でゲームを楽しむときに使うだけではなくオフィスでも使いやすいです。

おすすめのゲーミングチェアはこれ↓

AKRacingとDXRACERのゲーミングチェアの違い

ここまでAK Racingというブランドの特徴などを紹介してきました。

では、もう一つの人気ブランドDXRACERの製品とどのような違いがあるのでしょうか。

機能性に関して大きな違いはない

プロゲーマーの人も多く愛用するAK RacingやDXRACERのゲーミングチェアですが、同じランクの製品を比べても機能性に関して大きな違いというのはほとんどありません。

座り心地やフィット感など重要な部分に関しても違いはほとんどないためどちらの製品を買うか迷ったときは好きなデザインのほうを買っておけば間違いありません。

リクライニングできる角度が唯一の違い

AK RacingとDXRACERで大きな違いはほとんどないわけですが、唯一異なる点がリクライニングできる角度です。

AK Racingは製品によりますが最大180度までリクライニングできるようになっていますが、DXRACERは最大150度までしかできない構造になっています。

150度までリクライニングできるのであれば多くの人は十分ですが、180度完全に倒して使いたいという人はAK Racingのほうを選ぶ必要があります。

AK Racingはモデルの展開がわかりやすくなっている

AK Racingの商品展開はランクなどがわかりやすいようになっているため、選ぶときに悩むことが少ないです。

同じランクのモデルを比べた時DXRACERのほうがやや安い

同じランクの製品同士を比べたらリクライニング角度以外には大差はありませんが、価格の面でくらべるとDXRACERのほうがやすい傾向にあります。

少しでも安く購入したいという人はDXRACERのゲーミングチェアのほうがいい場合もあります。

おすすめのAK Racing製ゲーミングチェア

ここまで人気のゲーミングチェアブランドAK Racingの特徴やDXRACERとの違いを紹介してきましたきましたが、実際にはどのような製品が販売されているのでしょうか。

AK Racingのおすすめゲーミングチェアを5つ紹介していきます。

Wolf

Wolf は最も低価格で購入できるエントリーモデルにあたるシリーズです。

エントリーモデルではありますが、基本的な機能の部分は上位モデルとほぼ同じ仕様を使っています。

そしてカラーリングは赤、白、グレーの3色で展開しています。

人間工学を応用した設計で長時間座っていても疲れにくく、座面や背もたれには通気性のいい生地を使っているため汗をかいても臭いが付きにくくなっています。

NITRO

NITRO はハイエンドモデルとエントリーモデルの中間にあたり、カラーバリエーションが一番豊富で赤、青、緑、オレンジ、白の5色で展開しています。

ハイエンドモデルより安い価格でほぼ同じような機能を利用でき、長時間椅子に座って作業するクリエイターにもおすすめですロッキング機能はもちろんのこと最大180度まで倒せるリクライニング機能機能を搭載しており、少しいいゲーミングチェアを購入したい人に最適といえます。

ProX

ProX はハイエンドモデルにあたるシリーズで、カラーリングは赤、白、グレー、青の4種類になっており高級感ある見た目になっています。

日本で発売されているものは日本人の体格に合うように作られており、ほとんどの人が座った時にしっかりとしたフィット感で座れるようになっています。

ロッキング機能搭載で、座面と背もたれを固定したまま傾けることも可能で、レバーを使って機能のオンオフも簡単に行えるようになっています。

また、リクライニング機能は最大180度まで倒すことができ、寝た姿勢でゲームなどをプレイできます。

GYOKUZA

多くのゲーミングチェアはキャスター付きで前後左右に座りながら移動できるようになっていますが、このGYOKUZAシリーズは座椅子タイプのチェアになっています。

このシリーズは日本のみの取り扱いになっており、海外での購入はできません。

和室での使用や高さの低いテーブルを使ってのゲームや作業を考慮しており、床に接する面は360度回転するようになっているため横を向いたりといったことが容易にできるようになっています。

デザインは座椅子の形をしていますが、機能性の部分では普通のモデルと大差はありません。

リクライニングも簡単に行える構造になっており、自分好み角度に背もたれをうまく調整できるのも特徴です。

座面などにはポリウレタンレザーを使用しており、耐久性が高いだけではなく手入れもしやすくなっています。

カラー展開は赤、黒、青の3色の展開になっています。

Premium

Premiumはオフィスでの使用を考慮したシリーズで、黒を基調としたデザインが特徴的です。

今まで開発されてきたレーシングチェアやゲーミングチェアのノウハウは継承しつつオフィスでの使用を考慮したシックなデザインと機能性を兼ね備えています。

カラーの種類はほかのシリーズとは異なり選択肢は少ないですが、座面の高さを2種類から選べます。

さらに、キャスターには床を傷つけにくいポリウレタン製のものを採用しており、床が傷つきにくくストッパーがついているためしっかりと固定できます。

オフィスの使用を前提に作られたモデルですが、落ち着いた雰囲気のデザインが好きで家庭で使いたいという人にも非常におすすめです。

まとめ

人気ゲーミングチAK Racingのゲーミングチェアはプロゲーマーの人たちにも非常に人気で、海外のゲーム大会でも使用されることもあります。

ゲーム中だけではなく長時間のデスクワークでも体をしっかりと理想的な態勢でホールドしてくれるため、腰が痛くなるといった体に不調が出にくいです。

長時間座って作業をするような場合は積極的にゲーミングチェアを活用していきましょう。

ェアブランドAKRacingの製品の特長やおすすめのチェアについて紹介しました。