おすすめのゲーミングチェア ベスト4選

ゲーミングチェアは、通常のオフィスチェアとは違って、高機能な椅子が多くありますが、今まで利用した事がない方はどの製品を購入したら良いのか悩んでしまうでしょう。

そこで、ゲーミングチェアについて詳しく知らない方のために、おすすめの製品を4種類まで紹介しましょう。

その魅力が分かれば、購入するほどの価値がある事が分かるはずです。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)



第1位 「GTRACING ゲーミングチェア GT890J」

「GTRACING ゲーミングチェア GT890J」
Amazonで詳細を見る

465件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

まるでレーシングチェアのような特徴を詰め込んだゲーミングチェアです。

人間工学に基づいてデザインされており、特にアジア人特有の体系にフィットするように作られている本製品は、長時間座っていても疲れにくく、ゲーミングチェア以外の用途では腰痛対策やパソコンチェアとしてもおすすめです。

約170°までしっかりリクライニングでき、収納式のオットマンを必要時に引き出すことで快適なリラックス時間も約束してくれます。

また、それ以外にも、高さが調節できるアームレストや、しっかり頭を支えてくれるヘッドレスト、高反発ウレタン使用の抜群の座り心地などをこのお値段で実現させた、とてもコストパフォーマンスの高い製品となっています。

詳細はこちらから




第2位 「GTRACING ゲーミングチェア スピーカー付き GT899」

「GTRACING ゲーミングチェア スピーカー付き GT899」
Amazonで詳細を見る

127件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

コックピットをイメージしてデザインされたこの近未来的なフォルムは、プロゲーマー向けのゲーミングチェアです。

Bluetoothスピーカーが内蔵されているので、ワイヤレスでとてもパワフルなサウンドを楽しんでいただくことができます。

約20m以内にあるスマートフォンやタブレットなどすべてのBluetooth機器の接続が可能です。

レーシングチェアの抜群の座り心地に迫力のあるサウンドの魅力が加わり、快適さも音の良さも追及したい方におすすめです。

約170°までのリクライニング機能やロッキング機能、高さ調節が可能なアームレスト、高反発ウレタンのクッション性、三次元立体成型のスチールフレームなど、長時間座っていても身体に負担がかからず、疲れにくい構造が自慢です。

詳細はこちらから

第3位 「GTRACING ゲーミングチェア 座椅子」

「GTRACING ゲーミングチェア 座椅子」
Amazonで詳細を見る

160件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

レーシングチェアとしての良さはそのままで、座椅子タイプのゲーミングチェアをご希望の方におすすめなのがこちらの製品です。

ヘッドレストやランバーサポートが頭や腰をしっかりとサポートしてくれるので、長時間の作業でも疲れにくく、また腰痛対策やパソコンチェアとしてもおすすめです。

なお、ヘッドレストやランバーサポートは取り外しも可能ですので、お好みで調整していただくことができます。

座ったままでレバーを操作してリクライニングの角度を調整することも可能です。

ハイバックのバケットシートには高反発ウレタンが使用されており、抜群の座り心地が自慢です。

シートに使われているPUレザーが高級感を演出してくれ、汚れにくく、経年劣化にも強いのが特徴です。

詳細はこちらから

第4位 「AKRACING ゲーミングチェア PRO-X」

「AKRACING ゲーミングチェア PRO-X」
Amazonで詳細を見る

252件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

今回ご紹介した他の製品よりも2倍以上の価格である本製品は、とにかく上質な座り心地を追求するゲーマーの方におすすめのゲーミングチェアです。

その特徴は、最大180°までリクライニングできる機能や、ロッキング機能、そして4Dアジャスタブルアームレスト機能などがあります。

作業のしやすさや、ゲームのしやすさに大きく影響を及ぼすアームレストの位置を上下・左右・回転による調整で自由に調整できる点は他にはない大きな特徴です。

また、取り外し可能なヘッドレストやランバーサポートがしっかり頭や首、腰椎を支えてくれるので、長時間座っていても疲れにくく、腰痛対策にもおすすめです。

人間工学に基づいたスタイリッシュなレーシングシートのデザインは、高品質のPUレザーを使用しているので汚れにくくお手入れが簡単です。

詳細はこちらから

ゲーミングチェアとは

ゲーミングチェアとは文字通りゲームを行うための椅子になります。

ただ、家庭用ゲーム機で娯楽として利用するというものではなく、競技や長時間のゲームプレイに対応した設計となっているのです。

明確な定義はありませんのでメーカーがゲーミングチェアと言って売り出せば、それはゲーミングチェアになるのですが多くのメーカーが展開するゲーミングチェアには一定の共通する構造があります。

その共通した構造によってゲーミングチェアを知らない方であっても何となくオフィスチェアとは違った用途の椅子であると判別できるような特徴をいくつか備えているのです。

次の項目ではこのゲーミングチェアの構造上の特徴について説明していきます。

一般的なオフィスチェアとの違い

一般的なオフィスチェアとの違いは素材、色調、バケット状構造、アームレスト、ランバーサポート、ヘッドレストです。

素材はオフィスチェアよりも通気性や防臭性に優れたものを採用しています。

オフィスでも長時間作業が多いのですが、長時間のゲームプレイではより長時間席を立たずに行うことも多く、ゲームの緊張感やエキサイト性の高さから発汗を多く伴います。

そうなると通気性悪いものは不快感を与え、パフォーマンスを下げますし、防臭性のない素材だと汗臭さや体臭が付いてしまい椅子としての寿命を下げる結果となります。

そう言った意味で素材にはオフィスチェアに比べて、より通気性や防臭性を重視した素材が使われています。

色調も特徴的です。

多くが目を奪われるような色調、オレンジやブルー、レッドなど派手な差し色が入ったものとなっています。

黒や青など単色の多いオフィスチェアにはない特徴です。

バケット構造もオフィスチェアにはほとんど見られない違いです。

企業の幹部が使うような椅子にも近い構造が採用されていますが、ゲーミングチェアは更に先鋭化されあたかもモータースポーツのドライバーズシートを思わせるようなバケット構造となっており、長時間のゲームプレイにも耐えられる構造になっています。

この他、可動するアームレストや背骨を支えるランバーサポート、寝ながらできるヘッドレストなど長時間の座位姿勢を取るのに適した技術や構造をふんだんに取り入れている点が一般的なオフィスチェアには違いであると言えます。

次の項目からこれらの特徴を備えた有名ブランドのおすすめゲームチェアを紹介していきます。

ゲーミングチェアの選び方

E-WINゲーミングチェア CP-BK5B(ピンク)2018シリーズ 座面前傾機能 3D調整アームレスト 通気性向上ピンホールPUレザー 低座面設計 最大荷重150kg

本格的にゲームを楽しむときは、かなり長時間になることもあるため、楽に座っていられる椅子が必要になります。

そんなときは、ゲーミングチェアが最適です。

ゲームで使うことを想定して設計されたものなら、体に負担をかけずに座り続けることができます。

ただし、初めて購入するときは、選び方に気をつけてください。

本当に快適なものを見極めるためには、ポイントを押さえておくことが大切です。

タイプ

ゲーミングチェアには2種類のタイプがあるので、自分に合った方を選ぶことになります。

ふたつのタイプというのは、通常の椅子タイプと、座椅子タイプです。

机でゲームをするなら椅子タイプで問題ありませんが、机を使わない場合は、脚のない座椅子タイプが役立ちます。

座椅子タイプは、床に置いてそのまま座ることができるため、こたつでゲームをしたいときなども重宝される製品です。

普通の椅子タイプより値段が安いこともメリットであり、出費を抑えたいときもおすすめです。

ゲーミングチェアといえば、普通の椅子と同じ形状をイメージすることも多いですが、どちらのタイプが自分に合っているか、よく考えて選ぶようにしましょう。

素材

素材は、快適さにつながる重要なポイントなので、選ぶときは必ずチェックしてください。

大きく分けて3つの種類があるので、メリットの大きいものを選ぶべきです。

では、それぞれの特徴を簡単に説明していきましょう。

ファブリック

ファブリック(布)の製品は、最もよく使われている素材であり、通気性のよさが特徴になります。

椅子に長く座っていると、だんだん蒸れてくることも多いですが、通気性がよいものを使っていれば、不快感は軽減できます。

それなら、長時間プレイしていても、快適に座ることができるのです。

デメリットとしては、耐久性の低さと、汚れの落ちにくさが挙げられます。

付着した汚れが落ちないと、さらに劣化を早めることもあるので、使うときは十分注意してください。

PUレザー

PUレザー(合成皮革)の製品は、フェイクレザーとも呼ばれており、高級感を感じられることが特徴です。

デザインにもこだわりたい人から重宝されており、ファブリックと並んで高い人気があります。

メンテナンスが容易なこともメリットであり、汚れてしまっても、サッと拭き取るだけですぐにきれいになります。

その代り、通気性の方はあまり期待できません。

なにしろ革なので、どうしても蒸れやすくなってしまい、長く座っていると、汗でべとつくことがあります。

普段から発汗が多い人は不快感を感じることがあるので、選ぶときは注意してください。

マイクロファイバー

マイクロファイバーは強度の高さが特徴であり、長く使っていても、あまり毛玉ができません。

通気性や肌触りもよいので、快適に使うことができます。

ただし、ファブリックと同じように、汚れが落ちにくい点には注意してください。

一度汚れるとなかなかきれいにならないので、余計なものが付着しないように、気をつけて使うようにしましょう。

座面

座面をよく見ておかないと、自分の体に合わないものを買ってしまうこともあるので、忘れずにチェックすることをおすすめします。

そのときに注目しておきたいのは、高さ・厚さ・奥行きの3つです。

どれかひとつに問題があると、座り心地が悪くなる可能性があるので、慎重に確かめておきましょう。

高さ

座面の高さをチェックするときは、「床に足がついているか」というポイントを見逃さないようにしてください。

高すぎて足が浮いてしまうようなものだと、長時間座るには向いていません。

足裏で体重を支えることができない場合、太ももにばかり負担をかけてしまうため、血行不良で足がむくんでしまうのです。

使うたびに足のむくみがひどくなるようでは、気軽にプレイできなくなってしまいます。

昇降機能で解決できるなら問題はありませんが、身長が低いとうまくいかないこともあるので、しっかり確認しておきましょう。

また、机との相性も要注意です。

自分の体に合っていても、机に合わないと不便に感じてしまいます。

本当に快適なものを選ぶなら、机の高さも含めて考えるようにしてください。

厚さ

座面が薄く、底つき感があるようだと、長く座るのが辛くなることもあります。

あまり厚いと足がつかなくなってしまいますが、長時間使うのであれば、ある程度の厚さは必要です。

昇降範囲なども考慮しながら、フレームの硬さを感じないものを選んでおきましょう。

厚みがあれば、劣化のスピードも抑えられるため、薄いものより長持ちさせることができます。

奥行き

座面の奥行きは、浅すぎても深すぎても座りにくくなってしまいます。

浅すぎると、お尻の後ろだけに負担が集中してしまい、長く座ることができません。

深すぎるものだと、座面が邪魔になって足がつかなくなることもあるのです。

そうした極端なものは避けて、なるべく自分の体に合うものを探していきましょう。

腰にクッションがあるタイプだと、うまい具合に奥行きを調整できることもあります。

アームレスト

アームレストは、腕を乗せておく部分なので、楽な姿勢で長時間座るためには、大切なポイントになります。

腕を乗せる部分があると、肩の負担が減り、より快適にゲームを楽しむことができるのです。

アームレストは、すっかり固定されているものもありますが、使いやすさを優先するなら、高さや方向を調整できるものにしておきましょう。

肘の位置は人それぞれ異なるものですが、調整できるものなら、ちょうどよい具合に腕を乗せられるようになります。

ヘッドレスト

楽な姿勢でゲームをするなら、腕だけでなく、頭を乗せる部分も重要になってきます。

背もたれに体を預けたとき、首を支えてくれるものがあると、長い時間でもゆったりと座ることができるのです。

それほど長く座らず、背もたれに寄りかからなくても問題がない場合は、ヘッドレストがなくても困ることはありません。

しかし、ゲームのために長時間座るとなれば、ずっと背筋を伸ばしているのが辛くなってくることもあります。

かといって、背中を丸めて前傾姿勢になると、体に余計な負担をかけてしまいます。

そんなときに背もたれを使うと、簡単に楽な姿勢をとることができるので、長く座ることが多いなら、ヘッドレストもしっかりチェックしておきましょう。

リクライニング機能

長い時間ゲームをしていると、ときには背もたれを倒して休みたくなったりするものです。

そんなときは、リクライニング機能が役立ちます。

180°まで倒すことができるものなら、すっかり体を寝かせた状態で、快適に休むことができるのです。

ゲーミングチェアは、基本的に安定性が高くなっているため、180°倒しても、バランスが崩れるようなことはありません。

しっかり体を支えてくれるため、安全に使うことができます。

リクライニング機能がついたものは多くありますが、倒せる角度は製品によって異なるので、選ぶときはよく見て決めるようにしましょう。

また、足置きにも注目してください。

専用の足置きが付属したものを使うと、体を倒したとき、より楽な姿勢で休むことができます。

ゲーミングチェアは便利アイテムですが、どれを選んでも快適に使えるとは限りません。

タイプや素材、座面などが合わないものを選んでしまうと、使いにくさを感じることもあるのです。

そうなると、ゲームに集中できなくなる可能性もあります。

選び方で失敗しないためには、ここで紹介したポイントをしっかりチェックしておきましょう。

ゲーミングチェアの主要ブランド

デラックスレーサー(DXRACER) 

DXRACERは、eスポーツを代表するゲーミングチェアブランドの一つです。

その証としてeスポーツ競技会において数多くの公式ゲーミングチェアサプライヤーとして指定されています。

バケットシートのノウハウを持つメーカーとしてアメリカのミシガン州で2001年に誕生したブランドで、現在はアメリカで開発と設計を行い、中国で製造を行うという方法を取り、数多くのゲーミングチェアを製造するトップブランドメーカーとなっています。

代表モデル:DXR-BKN

【DXRACER正規品】DXRACERゲーミングチェア DXR-BKN ブラック

人間工学に基づいて設計されたDXRACERの代表モデルです。

ゲーミングチェアの基本的な特徴を全て備えウレタンフォームを多用し座面にウェービングベルトと呼ばれる強化ゴムのベルトを使用することで得られるクッション性は長時間のプレイでも快適に過ごすことができます。

ウレタン樹脂製ツインホイールキャスターを装備しており、自宅の床やeスポーツ施設の床を傷つけにくいという特徴もあります。

エーケーレーシング(AKRacing)

AKRacingもゲーミングチェアのトップブランドの一つです。

こちらも多くのeスポーツ大会で公式ゲーミングチェアとして認定されているブランドです。

中国の揚州市で自動車用のバケットシートなどを手掛ける扬州奥凯汽车用品公司が製造する製品で、自動車用シートのノウハウを生かしたゲーミングチェアづくりを得意としています。

特徴としては人間工学に基づく優しい構造と細部にこだわった機能性、そして低価格でありながら高い性能を誇るなどコストパフォーマンスに優れた製品作りを行っているメーカーです。

また、エントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広いモデル展開を行っているのも特徴といえます。

代表モデル:WOLF

上位機種の基本設計や機能を踏襲したエントリーモデルで、ラインナップの中でも特にコストパフォーマンスに優れたモデルとなっています。

特徴はフルフラットまでリクライニングできる可動性やランバーサポートとヘッドレストが取り外せるカスタマイズ性の高さ、最大耐荷重150㎏というほぼすべてのユーザーに対応できる守備範囲の広さが挙げられます。

製品を覆う生地は高級チェアにみられるようなレザーではなく、化学繊維のファブリック(布製品)を使用していますが、高い通気性や防臭性など機能性に優れた素材を採用しており、長時間のゲームプレイでも快適に過ごすことができるようになっています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

サンワサプライはパソコンのサプライ用品(パソコンに関連する小物類)を販売する日本のメーカーです。

パソコン用のオフィスチェアの製造も手掛けており、オフィスチェア製造のノウハウをゲーミングチェアに落とし込んだ製品展開を行っているブランドになります。

つくりはシンプルですが、堅実な製品を作ることで定評があり、ゲーミングチェアの他、日本の実情に合わせてゲーミング用の座いすなどの製品を販売しているのも特徴です。

代表モデル:SNCL003シリーズ

イーサプライ オットマン付き リクライニングチェア 無段階リクライニング バケットシート ハイバック仕様 ゲーミングチェア キャスター 肘付き EZ15-SNCL003

ゲーミングチェアとしては低価格ながら、椅子に備え付けのオットマン(椅子やソファーの前に置いて使う足乗せ用ソファー)を装備しており、セミフルフラットまで背もたれを倒せることから仮眠もできます。

加えてゲーミングチェア全体の表面にPUレザー(ポリウレタンを塗布した人工皮革)で覆う等高級感を持たせた製品となっているのが特徴です。

ランバーサポートやフルフラットの機能はありませんが、休憩を取る際には最適のゲーミングチェアとなっています。

イーウィン(E-WIN) 

イーウィンは中国の安徽省に拠点を持つゲーミングチェアブランドです。

もともと海外のオフィスチェアのOEM(他社ブランド製品の製造を請け負う)を行い実績を積み、そのノウハウをゲーミングチェアにも応用しているのが特徴となります。

欧米やオセアニアにも製品を展開しており、この分野でも実績を積んでいるブランドです。

代表モデル:CL-BG1シリーズ

耐荷重150㎏という鋼材を多用した堅牢性と人工皮革を採用した上質感のある風合いが特徴です。

基本的な性能を抑えており、快適感もあるゲーミングチェアでありながら、非常に低価格で販売されている点が魅力のモデルになります。

バウヒュッテ(Bauhutte)

ドイツを連想させるブランドですが、1997年と比較的若い大阪のオフィス家具メーカーです。

シンプルかつ機能美にあふれた個性的な製品の創造をモットーに製品展開を行っており、オフィスチェアのアイデアや独自のセンスをゲーミングチェアに落とし込んだ製品展開を行っており、学生でも気軽に買える低価格モデルのスチューデントモデルなどを展開しています。

代表モデル:RS-800RRシリーズ&RS-200シリーズ

Bauhutte (バウヒュッテ) ゲーミングチェア RS-800RR-OR レーシング リクライニング 上下左右稼働アームレスト 採用

RS-800RRシリーズはプロのeスポーツアスリートの仕様にも耐えられる設計を施したモデルです。

実用性を重視し表面素材はポリエステル100%のファブリック張り材を使用しており通気性に優れている点やアームレストの可動範囲が広い点、バケット構造を意識した設計などが特徴になります。

RS-200シリーズはスチューデントモデルと位置づけ、必要最低限の機能のみを集約しコストパフォーマンスを追求したモデルで、多くのゲーミングチェアの定価の半額以下で購入することができるのが特徴のモデルです。

GTRACING ゲーミングチェアの詳細

GTRACING ゲーミングチェア オフィスチェア 多機能 ゲーム用チェア リクライニング パソコンチェア ハイバック ヘッドレスト 腰痛対策 ランバーサポート ひじ掛け付き レザー GT002 ブルー『一年無償部品交換保証』

ゲーミングチェアは、フルフラットにできる製品が多いので、横になって仮眠をとる事も可能です。

しかし、安定感が優れていなかったら壊れてしまう可能性もあるので、注意する必要があります。

『GTRACING ゲーミングチェア』の場合には、安定感が優れているので、気軽に利用できるようになっているので、詳しく解説します。

製品情報の内容

本製品の安定感が優れているのは、品質をよくするために『荷重検査テスト』を1700回も行ったからです。

これほどのテストを重ねた製品という事もあって、長い間に渡って利用していても、ガタガタしないので、気軽に仮眠を取る事ができます。

チェアの内部は『高密度・高反発ウレタンフォーム』を利用しているので、優れたクッション性を実現しました。

クッション性が優れていれば、長く利用していても、あまり疲労がたまらないので、ゲームやデスクワークに集中しやすくなります。

カラーバリエーションは、4種類も用意されていて、ホワイト・ブルー・レッド・グレーなどがあるのです。

耐久性・使用感・デザイン性などが優れている製品でも、楽天市場では税込価格16,800円で購入する事ができます。

利用者たちの口コミ

高密度・高反発ウレタンフォームを採用している事もあって、利用者たちの中には、長く座っていても、あまり疲れなくて満足しているケースがありました。

実際に、反発力が高くなっていたら、体があまり沈み込まないので姿勢をキープしやすくなります。

そのため、姿勢が崩れやすくて、短時間でお尻や背中が痛く感じてしまう方は、本製品はおすすめです。

ただし、組み立てる際に、ネジが上手くはめられないケースもあったので、慎重に組み立てたほうが良いです。

フルフラットバケットレーシングチェアの詳細

フルフラットバケットレーシングチェア H-013ブルー デスクチェア オフィスチェア (ブルー)

『フルフラットバケットレーシングチェアー』は、使用感だけではなく、調節機能も優れているので、多くの方たちが自分の体に合う可能性が高いです。

そこで、本製品の使用感や調節機能などを説明するので、参考にしてみて下さい。

製品情報の内容

多くのゲーミングチェアには、背もたれの部分にクッションが備えられています。

本製品の場合には、頭部を支える部分だけではなく、腰を支える部分にまでクッションが備えられています。

腰を支える部分のクッションは、上下にスライドさせる事ができるので、あなたの身長に合わせて、腰を支えられるようになっているのです。

背もたれの高さは約78cmもあるので、背が高い方でも利用しやすくなっています。

座高も調整しやすくなっていて『座面昇降用レバー』を利用すれば、最大で約8cmも高さを変更する事が可能です。

さらに『PUキャスター』も備えられていて、床にあまりキズを付けないようになっています。

多機能な製品になっていますが、楽天市場では税込価格12,980円で販売されています。

利用者たちの口コミ

本製品を利用する際に、リクライニング機能を活用してみたら、チェアーとアームレストが連動して、満足している方がいました。

そのため、簡単に背もたれを倒せる椅子を探している場合には、おすすめの製品です。

腰を支える部分にクッションが備えられていますが、少し薄く感じて、不満を抱いている方もありました。

ただし、この方は座面の座り心地に関して満足していたので、椅子の部分によって好みが分かれるケースもあります。

ZESTRANSIR ゲーミングチェアの詳細

ZESTRANSIR ゼストランサー ゲーミングチェア【オットマン付 耐荷重150kg】無段階リクライニング パソコンチェア ZRグリーン

ゲーミングチェアを探している方たちの中には「できればデザインの良い製品を利用したい」と思う方もいるでしょう。

そこで、おすすめしたいのが『ZESTRANSIR ゲーミングチェア』です。

本製品は、豊富なカラーバリエーションを用意しているので、詳しく紹介します。

製品情報の内容

多くのゲーミングチェアのカラーバリエーションは、1~3種類程度です。

実際に、フルフラットバケットレーシングチェアーの場合ではブルー・グレー・レッドの3種類です。

それに引き換え、本製品(ZESTRANSIR ゲーミングチェア)は、ブラック・レッド・ホワイト・グリーン・ブルーの5種類が用意されています。

さらに『ロゴ有り』と『ロゴ無し』の種類があるので、合計で10種類もあるのです。

ただしブラック以外のカラーは、ブラックとツートンカラーになっているので、注意する必要があります。

本製品は、ランバーサポート(腰当て)を上下にスライドできて、座面はボリュームがあるので底つき感を緩和できるのです。

デザイン性と使用感を両立しているので、高額なイメージを抱くかもしれませんが、楽天市場では税込価格18,800円で購入できます。

利用者たちの口コミ

利用者たちの中には、値段が安くなっている割に、性能が優れていて満足している方がいました。

そのため、コストパフォーマンスにこだわる方であれば、満足できる可能性が高いです。

カラーバリエーションが豊富に用意されている事もあって、自分の好みに合うデザインを見つけられて満足している方もいたのです。

ただし、少しだけ硬く感じてしまった方もいのたで、ソフトな使用感になっている製品を探している方は注意して下さい。

ハイバックオフィスチェア ゲームチェアの詳細

GTRACING ゲーミングチェア オフィスチェア 多機能 ゲーム用チェア リクライニング パソコンチェア ハイバック ヘッドレスト 腰痛対策 ランバーサポート ひじ掛け付き レザー (GT099RED)『一年無償部品交換保証』

『ハイバックオフィスチェア ゲームチェア』は、様々な調整機能が搭載している上に、クッションの数が多くなっているので、使用感が優れています。

そこで、どのような機能やクッションがあるのか紹介するので、確認してみて下さい。

製品情報の内容

多くのゲーミングチェアは、頭部や腰を支えるクッションを備えていますが、本製品は『サイドクッション』まで備えています。

このサイドクッションを備える事によって、優れたフィット感を実現しました。

座面のボリュームは10cm以上もあるので、体重が重くなっている方でも、あまりお尻が痛く感じません。

肘掛には『ボタン』が搭載されていて、このボタンを押す事によって、肘掛の高さを調整できるようになっています。

座高の近くに搭載されている『ガス圧昇降レバー』を上に引き上げるだけで、座高を簡単に変える事が可能です。

カラーバリエーションは4種類も用意されていて、ブラック・レッド・ホワイト・ブルーなどがあるのです。

値段はそれほど高くなくて、楽天市場では税込価格18,800円で販売されています。

利用者たちの口コミ

座面のボリュームが10cm以上もある事から、フカフカとした使用感になっていて、満足している方がいました。

クッション性が優れているゲーミングチェアなので、今まで利用している椅子の座面が硬くて、お尻が痛い場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

肘掛けの高さを調整できる製品ですが、肘掛けをしっかりと固定できなくて、不満を抱いている方もいたので、注意して下さい。

まとめ

ゲーミングチェアは、高機能な椅子が多くありますが、製品によってはクッションの数やクッション性に違いがあります。

クッションの数が少なくなっていれば、体をあまり支えられなくなってしまうので、体の一部分に大きな負担をかけてしまうのです。

そのような事を考えたら、ゲーミングチェアを購入する際には、どのような構造になっているのか把握してから、選んだほうが良いです。