ゲーミングチェアはどう選ぶ?おすすめチェックポイント6選

E-WINゲーミングチェア CP-BK5B(ピンク)2018シリーズ 座面前傾機能 3D調整アームレスト 通気性向上ピンホールPUレザー 低座面設計 最大荷重150kg

本格的にゲームを楽しむときは、かなり長時間になることもあるため、楽に座っていられる椅子が必要になります。

そんなときは、ゲーミングチェアが最適です。

ゲームで使うことを想定して設計されたものなら、体に負担をかけずに座り続けることができます。

ただし、初めて購入するときは、選び方に気をつけてください。

本当に快適なものを見極めるためには、ポイントを押さえておくことが大切です。

タイプ

ゲーミングチェアには2種類のタイプがあるので、自分に合った方を選ぶことになります。

ふたつのタイプというのは、通常の椅子タイプと、座椅子タイプです。

机でゲームをするなら椅子タイプで問題ありませんが、机を使わない場合は、脚のない座椅子タイプが役立ちます。

座椅子タイプは、床に置いてそのまま座ることができるため、こたつでゲームをしたいときなども重宝される製品です。

普通の椅子タイプより値段が安いこともメリットであり、出費を抑えたいときもおすすめです。

ゲーミングチェアといえば、普通の椅子と同じ形状をイメージすることも多いですが、どちらのタイプが自分に合っているか、よく考えて選ぶようにしましょう。

素材

素材は、快適さにつながる重要なポイントなので、選ぶときは必ずチェックしてください。

大きく分けて3つの種類があるので、メリットの大きいものを選ぶべきです。

では、それぞれの特徴を簡単に説明していきましょう。

ファブリック

ファブリック(布)の製品は、最もよく使われている素材であり、通気性のよさが特徴になります。

椅子に長く座っていると、だんだん蒸れてくることも多いですが、通気性がよいものを使っていれば、不快感は軽減できます。

それなら、長時間プレイしていても、快適に座ることができるのです。

デメリットとしては、耐久性の低さと、汚れの落ちにくさが挙げられます。

付着した汚れが落ちないと、さらに劣化を早めることもあるので、使うときは十分注意してください。

PUレザー

PUレザー(合成皮革)の製品は、フェイクレザーとも呼ばれており、高級感を感じられることが特徴です。

デザインにもこだわりたい人から重宝されており、ファブリックと並んで高い人気があります。

メンテナンスが容易なこともメリットであり、汚れてしまっても、サッと拭き取るだけですぐにきれいになります。

その代り、通気性の方はあまり期待できません。

なにしろ革なので、どうしても蒸れやすくなってしまい、長く座っていると、汗でべとつくことがあります。

普段から発汗が多い人は不快感を感じることがあるので、選ぶときは注意してください。

マイクロファイバー

マイクロファイバーは強度の高さが特徴であり、長く使っていても、あまり毛玉ができません。

通気性や肌触りもよいので、快適に使うことができます。

ただし、ファブリックと同じように、汚れが落ちにくい点には注意してください。

一度汚れるとなかなかきれいにならないので、余計なものが付着しないように、気をつけて使うようにしましょう。

座面

座面をよく見ておかないと、自分の体に合わないものを買ってしまうこともあるので、忘れずにチェックすることをおすすめします。

そのときに注目しておきたいのは、高さ・厚さ・奥行きの3つです。

どれかひとつに問題があると、座り心地が悪くなる可能性があるので、慎重に確かめておきましょう。

高さ

座面の高さをチェックするときは、「床に足がついているか」というポイントを見逃さないようにしてください。

高すぎて足が浮いてしまうようなものだと、長時間座るには向いていません。

足裏で体重を支えることができない場合、太ももにばかり負担をかけてしまうため、血行不良で足がむくんでしまうのです。

使うたびに足のむくみがひどくなるようでは、気軽にプレイできなくなってしまいます。

昇降機能で解決できるなら問題はありませんが、身長が低いとうまくいかないこともあるので、しっかり確認しておきましょう。

また、机との相性も要注意です。

自分の体に合っていても、机に合わないと不便に感じてしまいます。

本当に快適なものを選ぶなら、机の高さも含めて考えるようにしてください。

厚さ

座面が薄く、底つき感があるようだと、長く座るのが辛くなることもあります。

あまり厚いと足がつかなくなってしまいますが、長時間使うのであれば、ある程度の厚さは必要です。

昇降範囲なども考慮しながら、フレームの硬さを感じないものを選んでおきましょう。

厚みがあれば、劣化のスピードも抑えられるため、薄いものより長持ちさせることができます。

奥行き

座面の奥行きは、浅すぎても深すぎても座りにくくなってしまいます。

浅すぎると、お尻の後ろだけに負担が集中してしまい、長く座ることができません。

深すぎるものだと、座面が邪魔になって足がつかなくなることもあるのです。

そうした極端なものは避けて、なるべく自分の体に合うものを探していきましょう。

腰にクッションがあるタイプだと、うまい具合に奥行きを調整できることもあります。

アームレスト

アームレストは、腕を乗せておく部分なので、楽な姿勢で長時間座るためには、大切なポイントになります。

腕を乗せる部分があると、肩の負担が減り、より快適にゲームを楽しむことができるのです。

アームレストは、すっかり固定されているものもありますが、使いやすさを優先するなら、高さや方向を調整できるものにしておきましょう。

肘の位置は人それぞれ異なるものですが、調整できるものなら、ちょうどよい具合に腕を乗せられるようになります。

ヘッドレスト

楽な姿勢でゲームをするなら、腕だけでなく、頭を乗せる部分も重要になってきます。

背もたれに体を預けたとき、首を支えてくれるものがあると、長い時間でもゆったりと座ることができるのです。

それほど長く座らず、背もたれに寄りかからなくても問題がない場合は、ヘッドレストがなくても困ることはありません。

しかし、ゲームのために長時間座るとなれば、ずっと背筋を伸ばしているのが辛くなってくることもあります。

かといって、背中を丸めて前傾姿勢になると、体に余計な負担をかけてしまいます。

そんなときに背もたれを使うと、簡単に楽な姿勢をとることができるので、長く座ることが多いなら、ヘッドレストもしっかりチェックしておきましょう。

リクライニング機能

長い時間ゲームをしていると、ときには背もたれを倒して休みたくなったりするものです。

そんなときは、リクライニング機能が役立ちます。

180°まで倒すことができるものなら、すっかり体を寝かせた状態で、快適に休むことができるのです。

ゲーミングチェアは、基本的に安定性が高くなっているため、180°倒しても、バランスが崩れるようなことはありません。

しっかり体を支えてくれるため、安全に使うことができます。

リクライニング機能がついたものは多くありますが、倒せる角度は製品によって異なるので、選ぶときはよく見て決めるようにしましょう。

また、足置きにも注目してください。

専用の足置きが付属したものを使うと、体を倒したとき、より楽な姿勢で休むことができます。

まとめ

ゲーミングチェアは便利アイテムですが、どれを選んでも快適に使えるとは限りません。

タイプや素材、座面などが合わないものを選んでしまうと、使いにくさを感じることもあるのです。

そうなると、ゲームに集中できなくなる可能性もあります。

選び方で失敗しないためには、ここで紹介したポイントをしっかりチェックしておきましょう。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!