子供用のバリカンを選ぶときに注目すべき点は?チェックポイント5選

VDOMUS 電動バリカン 防水 コードレス 充電式 ヘアカッター 幼児・子ども・家庭用 散髪セット ブルー

バリカンは、自宅で子供の髪をカットするとき、とても役立つアイテムです。

ただし、子供用にバリカンを購入するなら、適当に選んではいけません。

使いにくいものを買ってしまうと、失敗することが多くなります。

子供に嫌な思いをさせないためにも、選ぶときは慎重に検討すべきです。

では、子供に適した製品を選ぶためのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

こちらの記事でもおすすめのバリカン製品を紹介していますので参考にして下さい。




コードレスで使えるか

子供の髪をカットするときは、体の動きに注意しなければなりません。

大人と違い、長くじっとしていることができないため、カットの途中で動き始めることがあります。

そんなとき、コードがついたものを使っていると、かなり邪魔に感じてしまうものです。

スムーズに子供の髪をカットするなら、コードなしで使えるものを探しましょう。

自分の動きが制限されない

コードレスタイプのバリカンは、コード付きのものより自由に動かすことができます。

そのため、自分の腕や体の動きが妨げられず、サクサクと作業を進めることができるのです。

子供の急な動きに柔軟に対応することができれば、何度も中断するようなことは起こりません。

自由に動いてさまざまな方向からカットできるため、子供の向きが大きく変わっても、すんなりと終らせることができます。

コードが邪魔でうまく動けないようだと、時間がかかることも多いので、選ぶときはしっかりチェックしておきましょう。

事故防止

コードがある製品は、子供が動いたときに引っかかる可能性もあります。

その点も、子供向きではない理由のひとつです。

少しよろけるくらいで済めばよいですが、思い切り転んだりすると、怪我をすることも考えられます。

大人であればそこまで心配する必要はありませんが、小さい子供は予想外の動きをすることもあるので、油断は禁物です。

事故を起こさないためにも、コードのないタイプを選んでおきましょう。




電源方式はどうなっているか

電源方式は、使いやすさにつながるポイントなので、必ずチェックしておくべきです。

使いにくいと余計なストレスがたまるため、ミスをすることも多くなります。

イライラして失敗しないように、デメリットの少ないものを選ぶようにしましょう。

交流式は避ける

交流式というのは、コンセントに接続して使うタイプです。

つまり、どうしてもコードが必要になるということなので、なるべく避けるようにしてください。

交流式は安価なものが多いため、場合によってはとても助かるタイプになりますが、子供用には向いていません。

動きの制限や転倒などのデメリットを防ぐなら、別のタイプにしておきましょう。

充電式は準備を忘れずに

充電式ならコードなしで使えるようになっていますが、事前の準備が必要になります。

始める前にきちんと充電しておかないと、途中でバッテリー切れになることがあるのです。

フル充電していれば簡単に切れたりはしませんが、忘れていたりすると、肝心なときに動かなくなったりします。

コードレスであることは大きなメリットですが、充電は必ず行うようにしてください。

兼用ならノンストップ

交流式と充電式の兼用タイプは、途中で止まる心配がありません。

どちらの使い方もできるため、バッテリー切れになったときだけコンセントにつなぐ方法が可能になります。

そのため、普通に使うならとても便利なタイプですが、子供用だとコードが邪魔になるので、選ぶときは注意してください。

途中で止まらないことではなく、作業のしやすさの方を重視するなら、やはり充電式の方がおすすめです。

電池式で待ち時間をカット

充電式は、子供に使うなら最適なタイプですが、充電の待ち時間には少し注意が必要です。

フル充電までに長い時間がかかるようだと、使いたいときにすぐ使うことができず、困ることになってしまいます。

その点が気になるときは、電池式のすぐ使える製品を選んでおきましょう。

充電ではなく、電池を入れ替えるだけで済むため、待ち時間は発生しません。

他のタイプと比べると少しパワーは落ちますが、子供の髪をカットするくらいなら、問題なく使うことができます。

どんなアタッチメントがあるか

バリカンは、アタッチメントを変えることで、さまざまな髪型に対応することができます。

ただ刈るより、適した長さのアタッチメントを使った方が、失敗は少なくなるのです。

そのため、どのようなアタッチメントが付属しているのか、しっかり確認してから買うようにしましょう。

目的に合ったものがあれば、上手に髪型を整えることができます。

坊主でも必要

アタッチメントの交換は、坊主のようなシンプルな髪型だと必要ないイメージもありますが、実際には重要な要素になります。

坊主頭といっても、髪の長さによって印象は変わるものです。

その調整を行うには、アタッチメントをうまく使っていきましょう。

適したものを使えば、かなり短い坊主でも少し長めの坊主でも、スムーズに整えることができます。

数より機能

付属のアタッチメントをチェックするときは、数を優先したくなることがあります。

とにかくたくさんあった方が、いろいろな髪型にできるように思えるためです。

しかし、実際に重要なのは数ではなく、「必要な機能があるか」ということです。

いくら数があっても、適した機能のものがなければ、便利には使えません。

希望の髪型や刈りたい部分をよく考えて、それに合うアタッチメントが付属したものを選びましょう。

刈り高の確認を忘れずに

刈り高というのは、要するに髪を刈る長さのことです。

10mmの刈り高なら、10mmを残して刈り取ることができます。

この刈り高は、バリカン本体で調節するタイプと、アタッチメントで調節するタイプがあります。

そのため、アタッチメントをチェックするときは、刈り高もきちんと確認しておきましょう。

持ちやすいか

電源方式やアタッチメントが合っていても、持ちにくい製品では、失敗を防ぐことができません。

うまく持てないと、うっかり手が滑ることも多くなります。

そうなると、刈らなくてもよい部分を刈ってしまうこともあるのです。

常に安定させて失敗を防ぐためには、サイズや重量もよく確かめるようにしてください。

大きすぎるものや小さすぎるものは持ちにくいので、極端なものは避けるようにしましょう。

持ったときに違和感がなく、疲れないくらいのちょうどよいサイズなら、思い通りにカットすることができます。

水洗いできるタイプか

バリカンは、使ったあとに何もしなで放置していると、切れ味が落ちてきます。

これも、失敗しやすくなる原因のひとつです。

劣化を防ぐためには手入れが重要になるので、選ぶときはメンテナンスの方法もチェックしておいてください。

水でジャブジャブ洗えるものは、細かい髪や汚れを簡単に落とすことができるため、とても便利です。

散髪は浴室で行うことも多いですが、水洗いできるタイプなら、その場でまとめて終わらせることもできます。

面倒な方法だと怠けたくなってしまうので、なるべく手間がかからないものを選び、こまめに手入れをしていきましょう。

まとめ

子供用にバリカンを購入するときは、「とりあえずこれでいいかな」といった適当な選び方をすると、あとで後悔することがあります。

電源方式やアタッチメントが合わなかったり、持ちにくかったりすると、大失敗する可能性があるのです。

子供はよく動くことも多いので、少しでも作業しやすくなるように、ポイントをしっかりチェックしていきましょう。