犬用のバリカンが不便に感じるのはどんなとき?避けておきたい5つポイント

Pateker® 充電式コードレス 犬用グルーミングバリカン ペットの全身の毛をプロの仕上がりに 調整可能なコームガイドで小型犬、中型犬、大型犬/猫/その他の動物に幅広く対応 ペットグルーミングセット

自宅で犬のトリミングをするときは、バリカンが役立ちます。

バリカンをうまく使うことで、サロンを利用しなくても、簡単に毛をカットすることができるのです。

ただし、選び方や使い方には注意が必要です。

適当に選んだものを適当に使ったりすると、本来は便利なはずのバリカンも、不便に感じることが多くなります。

では、使いにくく感じるのはどんなときなのか、詳しく説明していきましょう。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




用途に合わない刃を使ったとき

犬用のバリカンは、刃の幅で2種類に分けることができます。

その点をしっかり意識して選んでおかないと、トリミングで困ることになってしまうのです。

合わない刃では、うまく刈ることができず、ミスも多くなってしまいます。

そうした不便さを感じないためには、きちんと用途に合ったものを使うべきです。

犬に余計な負担をかけないためにも、注意して選ぶようにしてください。

全身用

刃の幅が広めになっているタイプは、広い範囲をどんどん刈りたいときに便利です。

そのため、背中や肩などをカットしたいときは、幅広の全身用を選んでおきましょう。

4.5cmくらいの幅があれば、かなりスムーズに作業を進めることができます。

しかし、肉球などの細かい部分は、そのままカットしないように注意してください。

全身用は、細かい部分との相性が悪いバリカンです。

無理に刈ると傷をつける可能性が高いので、余裕のある広い部分だけに使いましょう。

部分用

刃の幅が狭い部分用は、肉球をはじめ、耳の裏や肛門周辺など、細かい部分をカットしたいときに役立つタイプです。

1mm程度の幅であれば、皮膚を傷つけることなく、きれいに毛だけをカットすることができます。

このタイプを広い部分も済ませようとすると、詰まってうまく刈れないことがあるので、使い方には注意してください。

用途に合う幅を選んでおけば、不便に感じることはなくなります。

2種類をうまく使い分ける

トリミングのために初めてバリカンを買うときは、どちらか一方だけではなく、両方を買い揃えておいてください。

2種類のタイプをうまく使い分けることで、作業を進めやすくすることができます。

適当に使ったりせず、広いところは全身用、細かいところは部分用を使い、失敗を防ぐようにしましょう。




重いものを選んだとき

犬用のバリカンは、それぞれ重さが異なるものです。

そのため、よく見ないで選んでいると、持ちにくい不便なものを買ってしまうことがあります。

本当に使いやすいものを選ぶためには、重量をしっかりチェックしておいてください。

手が疲れる

重すぎるバリカンを使っていると、手にかかる負担が大きくなってしまうため、疲れやすくなります。

そうなると、ミスをすることとも多くなってしまいます。

疲労のためにうっかり手を滑らせ、余計なところにまで刃を当てることがあるのです。

使いにくさでイライラするだけならともかく、犬の体を傷つけるようことは、なんとか防ぎたいものです。

そのためには、軽くて扱いやすいものを選んでおきましょう。

初心者向けの軽さ

重いバリカンだと、重量が500~900gくらいあったりしますが、初めての人が使うには向いていません。

そうした重いものは、プロのトリマーがよく使うタイプです。

あまり慣れていない人が無理に使っていると、失敗しやすくなります。

安全なトリミングをするためには、200~300gくらいのバリカンがおすすめです。

それくらい軽いものなら、女性でも楽に扱うことができるため、疲れによるミスは少なくなります。

音が大きいものを選んだとき

音が大きすぎるバリカンは、かなり不便に感じてしまうものです。

刃の幅や重量と違い、刈る作業に直接影響はないようにも思えますが、油断はできません。

あまり音が大きいと、犬が警戒してしまい、なかなかカットさせてくれないのです。

大きい音を怖がる犬は多いので、スムーズに作業を進めるためには、静音性をしっかりチェックしておいてください。

静かな場所では音が目立つ

サロンでトリミングをするときは、バリカン以外にもいろいろな音があるので、犬があまり警戒しないこともあります。

しかし、基本的に静かな家の中では、バリカンの音が必要以上に目立ってしまう可能性があります。

そうなると、スイッチを入れたとたんに強く反応するようになり、うまく刈れなくなってしうのです。

自宅でトリミングを済ませたいなら、静音性は確実に押さえておきましょう。

慣れも大切

バリカンの音に強く反応してしまうときは、決して無理にカットしないでください。

強引にバリカンを当てたりすると、怪我をさせてしまいます。

静かめのバリカンでも警戒があるときは、少し慣れさせることも必要です。

しばらく音を聞かせ、落ち着いた状態になってから始めるようにすると、安全にカットすることができます。

コードがあるものを選んだとき

犬用のバリカンには、コンセントに接続するタイプと、充電して使うタイプがあります。

どちらにもメリットはありますが、コードを使うと、動きが制限されることで不便に感じたりするので、選ぶときは注意してください。

コードで思うように動けないだけでなく、コンセントがないところでは使えないため、場所も限られてきます。

その点が気になるようなら、充電タイプを使うようにしてください。

バッテリー切れに注意

コードレスで使えるものは便利ですが、バッテリーが切れてしまうと、そこで作業を中断しなければなりません。

そのため、使える時間は、しっかり確認しておいてください。

部分用の小さいものだと、5分くらいしかもたないものがあったりするので、よく見ないで選ぶと、あとで後悔することがあります。

1回の充電で長めに使えるものなら、余裕をもって作業を進めることができるのです。

パワー重視ならコードも必要

コードレスのバリカンは、少しパワー不足に感じることもあります。

そんなときは、普通にコードで接続するタイプもチェックしておきましょう。

有線でつなぐものは、コードレスよりパワーが強くなっています。

不便に感じる点がどこかよく考え、メリットの大きいタイプを選ぶようにしてください。

手入れしにくいものを選んだとき

バリカンを使うなら、刈るときだけでなく、刈ったあとの作業も重要になってきます。

汚れたまま放置するのではなく、きれいに洗っておくことが大切です。

そのためには、手入れが面倒なものは避けるようにしましょう。

手入れがしにくい不便なものだと、後回しにしているうちに忘れてしまうことがります。

気軽に洗えるタイプにして、いつも清潔な状態で使うようにしてください。

防水で丸洗い

防水になっているものは、水をジャバジャバかけて丸洗いできるため、手入れがとても楽になります。

手入れのしやすさに注目するなら、防水性はしっかりチェックしておきましょう。

カットを浴室で行う場合は、そのまま洗う作業に移ることができるため、忘れることも少なくなります。

長持ちさせる

簡単に手入れができるものを選び、使うたびにしっかり洗うようにすると、劣化を遅らせることができます。

これも、使いやすさを維持するための重要なポイントです。

いつも汚れた状態で放置していると、切れ味が悪くなり、だんだん使いにくさが増していくことになります。

そうなると作業中にミスをすることも多くなってしまうのです。

バリカンの性能を低下させないためにも、なるべく洗いやすいタイプを選んでおいてください。

まとめ

バリカンを不便に感じてしまうと、トリミングの作業がスムーズに進まなくなり、イライラすることがあります。

そんなときは、犬にも余計な負担をかけてしまうので、使いにくくなる原因には十分注意してください。

ここで紹介したNGなポイントをしっかり避けていれば、デメリットに悩まされることはありません
バリカンを上手に使い、失敗を防いでいきましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://petpetlife.com/hair-clipper…
https://my-best.com/2478
https://wanchan.jp/osusume/detail/1…
https://pettimo.com/dog-hairclipper…
https://goody8.com/37239/
http://inukau.com/犬-トリミン…
https://dog-gakko.com/dog-clipper-1…
https://mofmo.jp/article/9768