猫にバリカンを使うときの注意点は?失敗を防ぐポイント7選

バリカンは、人の髪の毛だけでなく、ペットの毛を刈るときにも役立つアイテムです。

猫のトリミングもしっかりできますが、上手に刈るためには、注意点を押さえておきましょう。

適当に刈っていると、いくら便利なアイテムを使っていても、思わぬ失敗をすることがあるのです。

ここでは、それを防ぐためのポイントについて、詳しく説明していきます。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




落ち着いているときに行う

猫のトリミングは、タイミングが重要になります。

なるべくリラックスしているときを狙うようにしないと、失敗することが多いのです。

猫が緊張しているときに強引に刈ろうとすると、暴れて体を動かします。

そうなれば、気をつけているつもりでも、怪我の防止はかなり難しくなります。

大きく動いたことで、皮膚に傷をつける可能性が高いのです。

そのような失敗をしないためにも、構えてピリピリしているときは、無理に刈らないでください。

なるべく落ち着ているときに始めるようにすれば、猫を傷つけることはありません。

力任せはよくない

猫が嫌がっているとき、無理やり押さえつけて刈ろうとするのはよくありません。

力でねじ伏せるような乱暴な方法では、余計に反発してしまいます。

ただ暴れるだけでなく、噛んだり引っかいたりするようになるのです。

また、恐怖心を植え付けてしまうのも問題です。

強い力で押さえるようなひどいやり方だと、猫を怯えさせてしまい、それ以降もまったく受けつけない状態になることがあります。

そうなれば、自宅でのトリミングはほぼ不可能です。

嫌がっているときは、強引に行ったりせず、別の機会に挑戦してみましょう。

音が小さく振動が弱いものを

猫のトリミングで失敗しないためには、リラックスしている状態を見逃さないだけでなく、興奮させないための対策も重要になります。

そこで注目したいのが、バリカンの選び方です。

音や振動が大きいものは、猫を警戒させてしまいます。

余計な刺激を与えないように、静音設計のものを選んでおきましょう。

静かに作業ができるものなら、興奮して暴れたりしないため、安全なトリミングができます。




人間用はNG

猫のトリミングを行うときは、必ず猫用のバリカンを使うべきです。

人間と猫では毛の質が異なるため、うまく刈ることができません。

また、怪我をしやすくなることも問題です。

猫の皮膚は人間よりも柔らかいので、無理に人間用を使うと、皮膚を傷つけてしまいます。

したがって、猫に使うなら、兼用にしたりせず、きちんと猫用のものを購入してください。

初心者は難易度を低くする

バリカンは、刃幅や刃ミリ数によって、扱いやすさが変わってきます。

刃幅が広いものや刃ミリ数が大きいと、初心者には少しハードルが高くなってしまうのです。

バリカンを使うことに慣れていない人は失敗しやすいので、そのようなものを使うのはよくありません。

初心者が失敗を避けるなら、まず簡単なものから始めるようにしましょう。

刃幅が3cm以下の小さいもので気になる部分をカットするくらいなら、難易度は低くなります。

また、刃ミリ数が1~2mm程度なら、あまり刃が出ていないため、慣れていなくてもそれほど危険はありません。

どんなものでも、いきなり使いこなすのは難しいので、最初はなるべく簡単なものを選び、安全第一で刈っていきましょう。

バリカンが合わない部分を避ける

バリカンは便利ですが、どんなところでも刈れるわけではありません。

細かい部分などは、バリカンだと難しいところもあるので、無理に刈るようなことはしないでください。

注意しておきたいのは、顔と手足、そして尻尾です。

顔は重要な部分が多い

顔には目や鼻があるので、強引に刈るようなことは絶対にやめてください。

バリカンで刈ろうとした場合、そうした重要な部分を傷つける可能性が高いのです。

特に、使い始めたばかりで慣れていない人は要注意です。

目に入ったりすると大変なので、顔だけは確実に避けておきましょう。

手足と尻尾は暴れやすい

手足と尻尾は、猫の体の中でも、かなり敏感な部分になります。

そのため、安易にバリカンを当てると、びっくりして暴れることが多いのです。

突然動きが大きくなれば、慎重に刈るつもりでも、どこかを傷つけてしまう可能性があります。

そうした失敗を避けるためにも、手足や尻尾のカットは控えてください。

人間も、敏感な部分を触られると、じっとしていられないことがあるものです。

それは猫も同じなので、無理に触らないようにしましょう。

皮膚疾患の部分は軽く刈る

もし湿疹などの皮膚疾患がある場合は、むやみに短く刈らないようにしてください。

ダメージを受けている部分の毛が極端に短くなると、日の光がもろに当たるようになり、悪化するおそれがあります。

直射日光が当たりすぎると、水泡ができてしまうこともあるのです。

猫の体に負担をかけないためには、あまり刈りすぎず、通気性をよくするくらいの軽い刈り方にしておきましょう。

通気性をよくして蒸れを防いでおけば、治りやすくなります。

短くしすぎない

皮膚疾患などが特にない健康な猫だったとしても、あまり短く刈り込むのはやめてください。

正常な皮膚であっても、日光が当たりすぎると、日焼けしたような状態になることがあります。

猫はよく日向ぼっこをするので、直射日光をガードできるくらいには、毛を残しておきましょう。

体温調節がしやすいように

必要以上に短くした場合、正常な体温調節ができなくなり、体調を崩すことがあります。

特に、お腹の部分は要注意です。

毛を刈りすぎると、お腹が冷えやすくなってしまい、下痢になることがあります。

夏ならともかく、そんな状態で冬を過ごすのは厳しいものです。

寒い地域でも、体調不良のリスクを高めることになってしまいます。

そうしたデメリットを回避するためにも、アタッチメントをうまく使い、ちょうどよい長さにカットしておきましょう。

短毛ならバリカンは使わない

短毛の猫に無理にバリカンを使うと、どうしても刈りすぎになってしまいます。

ただでさえ短い毛が、さらに短くなってしまうため、日光の影響を受けやすくなります。

そのため、短毛ならバリカンは避けるようにしてください。

猫の体を守るためには、無理なカットをしないことが大切なのです。

これは、怪我をさせないためにも重要なことです。

毛が短いと、バリカンの感触に敏感に反応してしまうため、急に動いたことで、皮膚を傷つける可能性があります。

安全のためにも、毛の短い猫には十分注意してください。

最後は必ず手入れをする

トリミングのあとは、必ずメンテナンスを行うべきです。

放っておくと雑菌が繁殖してしまうため、皮膚疾患の原因になります。

また、刃の劣化も気になるところです。

不潔な状態のまま放置していると劣化が進むため、切れ味が落ちやすくなります。

よく切れないものを使うと、うまく刈れないだけでなく、皮膚を傷つけることも多くなるのです。

それを防ぐためにも、使い終わったら洗う癖をつけておきましょう。

水洗いできるタイプだと簡単に掃除できるので、楽にメンテナンスをしたいならおすすめです。

まとめ

猫のトリミングでは、適当な方法で刈ったりせず、必ず正しい方法で行うようにしてください。

そのためには、ここで紹介した注意点をしっかり押さえておきましょう。

注意点が守れていないと、怪我や体調不良などのトラブルが起こってしまいます。

猫にストレスを与えたり、負担をかけたりしないためにも、バリカンを上手に使っていきましょう。