犬用のバリカンを上手に使うコツは?失敗しないためのポイント10選

犬用のバリカンは、自宅でトリミングをするときに役立つアイテムです。

バリカンを用意しておけば、サロンに行かなくても、簡単に毛を刈ってあげられます。

ただし、その方法には十分注意してください。

適当な方法で刈っていると、失敗することがあります。

犬に怪我をさせないためにも、うまく使うコツを押さえておきましょう。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




準備してから始める

バリカンを上手に使うなら、いきなり始めてはいけません。

まず、刈りやすくするための準備をしっかり行うことが大切です。

ブラッシングやシャンプーなどを事前に済ませておけば、スムーズに作業を進めることができるのです。

傷んで抜けそうになった毛をそのままにしておくと、作業の妨げになることがあります。

ブラッシングをきちんと行っていれば、そうしたデメリットに悩まされることはありません。

ひどい汚れなどもシャンプーで丁寧に取り除き、できるだけ刈りやすい状態にしてから始めるようにしましょう。

そもそもトリミングとは、カットだけでなく、ブラッシングなどもすべて含めた手入れの総称です。

他の必要な作業も忘れずに行い、失敗を防ぐようにしましょう。




全身用と部分用を使い分ける

犬用のバリカンは、刃の幅によって2種類に分けられます。

それが、広いところを刈る全身用と、細かいところを刈る部分用です。

全身用は刃が広く、部分用は狭くなっています。

その違いをよく見て、適切な方を使うことが大切です。

刈りたい部分とバリカンの種類がちぐはぐになっていると、失敗が起きやすくなります。

例えば、肩や背中などの広い部分に無理やり部分用を使った場合は、毛が絡まってしまい、うまく刈れないことがあります。

逆に、全身用で足裏などの細かい部分を刈ると、肉の部分まで傷つけてしまうおそれがあるのです。

そうした失敗を避けるためにも、2種類のバリカンをうまく使い分けていきましょう。

軽く持つ

バリカンを使うなら、握りしめるような持ち方はNGです。

そのような持ち方は、一見すると安定しそうですが、実際には動かしにくいことの方が多いのです。

持つときはギュッと握ったりせず、なるべく軽く持つようにしてください。

力を入れすぎない

バリカンを軽く持つことは、皮膚に刃を当てないための対策にもなります。

がっちり手を握っていると、無駄な力が入ってしまい、毛以外の部分を傷つける可能性が高いのです。

そのため、あまり強く握るのはおすすめできません。

できるだけ軽く持つようにして、怪我を防いでいきましょう。

親指位置にも注意

バリカンを持つときは、ただなんとなく持つのではなく、スイッチの位置を考慮しておくことも大切です。

指の位置が悪く、すぐにスイッチを押せないようだと、少し不便に感じることが多いのです。

スイッチ操作でもたつかないためには、あらかじめ位置を確認して、ちょうどよい位置に親指を置くようにしましょう。

平行に当てる

バリカの持ち方が適切だったとしても、当て方がよくなかった場合は、怪我を回避できないことがあります。

きちんと安全な刈り方をしたいなら、皮膚に対して平行に当てることを常に意識しておきましょう。

その点をクリアできていれば、刃が皮膚に食い込んだりはしません。

適当に当ててしまい、刃が立っていた場合は、毛と一緒に皮膚や肉まで切ることがあります。

犬に痛い思いをさせないためにも、角度には十分注意してください。

ゆっくり動かす

バリカンを安全に使い、なおかつ上手にカットしていくためには、スピードにも気を配ってみましょう。

やたらと速く動かしていても、作業が捗るわけではありません。

変に急いでいると、うまく刈ることができず、汚い仕上がりになることも多いのです。

そうなると、やり直しが必要になってくるため、結果的には長い時間をかけることになります。

また、角度の乱れも問題です。

雑に速いスピードで動かしていると、平行な状態をきちんと維持することができず、刃が立ってしまうことも多くなります。

そうした失敗を防ぐためには、落ち着いてゆっくりと進めることが大切です。

刈るべきところを見逃さず、角度もできるだけ平行に保っていれば、犬に負担をかけることはなくなります。

初めてなら足裏から挑戦

バリカンを使うときの失敗を防ぐなら、「どこから始めるか」ということも重要な要素になってきます。

いきなり難しいところから始めるより、まずは簡単なところから済ませていった方が、失敗は少なくなるものです。

特に、初めての人や、まだ慣れていない人は要注意です。

スタートする部分を適当に決めてしまい、難易度の高いところから始めたりすると、なかなかうまく刈ることができません。

ミスを連発してしまい、後悔するような結果に終わることもあります。

そんな事態を防ぐためには、足裏がおすすめです。

広い部分から大胆に刈っていく方法は、初めての人には難しいだけでなく、不安も大きいものです。

まず細かい部分を刈り、徐々に広い部分へ移るようにすると、うまく刈ることができます。

ハサミを併用する

バリカンを上手に使うためには、ハサミで刈りやすくする方法もおすすめです。

胴体のような広い部分を刈るときは、ひたすらバリカンだけに頼っていると、うまくいかないことがあります。

長い毛が絡まり、作業を妨げてしまうのです。

そんなときは、ハサミで少しカットして、短い状態で始めるようにしてください。

無駄に長くなければ、簡単に引っかかるようなことはありません。

また、バリカンで刈ったあと、残ってしまった毛をハサミで整えることも大切です。

バリカンとハサミを組み合わせて使い、よりきれいに仕上げていきましょう。

毛の流れを意識して順番に

バリカンを使うときは、バラバラに刈るべきではありません。

あちこちバラバラに進めていくと、ガタガタの虎刈り状態になってしまうことが多いのです。

そのような失敗をしないためには、毛の流れに沿って、少しずつ順番に刈るようにしてください。

途中まで刈っていきなり別の部分にとんだりせず、なるべく連続して刈るようにしましょう。

自然な毛の流れを意識しながら、バラバラな刈り方を避けていれば、おかしな仕上がりになることはありません。

2人がかりでカットに集中する

犬の体の動きが多いときは、うまく刈れずに悩むことが多くなります。

丁寧にやりたくても、体を押さえながらの作業では、どうしてもミスが多くなってしまいます。

カットに集中するためには、すべてひとりで解決しようとするのではなく、誰かの力を借りることも大切です。

家族や友人に協力してもらい、体を抑える係を担当してもらうと、自分はカットだけ進めることができます。

それなら、「押さえながら刈る」という同時進行の作業ではなくなるため、余計な失敗を回避することができるのです。

手入れを忘れずに

最後の手入れを怠り、汚れたまま放置したりすると、劣化が早まります。

そうなると、切れ味が落ちてしまい、次からスムーズに刈れなくなってしまうのです。

いつでも刈りやすい状態にしておくためには、作業が終わったあと、必ず洗うようにしてください。

防水性の高いバリカンを選んでおけば、浴室でカットしたあと、そのまま水洗いすることができます。

丁寧に汚れを洗い落とし、本来の性能を長く維持できるようにしましょう。

まとめ

自宅でトリミングをするなら、ここで紹介したコツをしっかりチェックしておいてください。

基本的には便利なバリカンも、使い方によっては、刈りにくさを感じることがあります。

それが原因で皮膚を傷をつけたり、余計なところまで刈ったりすると、犬につらい思いをさせてしまうのです。

コツを意識して上手に使い、安全なトリミングをしていきましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://transworldweb.jp/articles/1…
https://petokoto.com/articles/1285
https://my-best.com/2478
https://wanpedia.com/care-self-cut/