電池交換が不要でお財布に優しい!おすすめのアナログ体重計5選

体重計にはアナログのものとデジタルのものがありますが、どちらの方が良いのでしょうか。

体重計を買い替えたいけどどちらが良いかは迷ってしまいますよね。

そこで今回はアナログ体重計のメリットやデメリット、おすすめのアナログ体重計を紹介していきます。

アナログ体重計にしようかなと悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。





アナログ体重計のメリット

まず始めにアナログ体重計のメリットについて紹介していきましょう。

アナログ体重計のメリットには電池を交換しなくても良いことや安く購入できることがあげられます。

また、デジタル体重計に比べてアナログ体重計の方が体重を軽く計測されますよ。

それでは詳しく見ていきましょう!

電池を交換しなくても良い

アナログ体重計の最大のメリットは電池交換をしなくても良い点です。

電池が必要ないので、電池の減りを気にすることなく使い続けることができます。

また電子機器と違って長持ちもするでしょう。

電池交換の必要がなく長持ちもするのでとても経済的。

とりあえず体重だけを測りたいという人にはアナログ体重計がおすすめです。

安く購入できる

アナログ体重計はデジタル体重計よりも安く購入することができます。

体脂肪などを測る機能が付いていないので当然ではありますが、体重のみを把握したい人はアナログ体重計で十分。

体重計を安く購入したい人にはアナログ体重計がおすすめです。

軽く計測される

アナログ体重計はデジタル体重計に比べて1㎏ほど軽く計測されると言われています。

それははたしてメリットなのかと疑問ではありますが。

モチベーションを維持するためにも、ちょっとだけ軽く計測されたい人にはおすすめです。




アナログ体重計のデメリット

続いてアナログ体重計のデメリットについても紹介していきましょう。

アナログ体重計のデメリットには細かい体重までは計測できないことや体重しか計測できないことがあげられます。

アナログ体重計を購入するときはメリットデメリットを参考にしてみてくださいね。

それでは詳しく見ていきましょう!

細かい体重までは計測できない

アナログ体重計には細かい体重までは計測できないというデメリットがあります。

アナログ体重計は1㎏単位で計測するものが多いです。

そのためグラム単位まで計測したい人にはおすすめできません。

ダイエットのために体重計を購入する人はデジタル体重計の方が良いでしょう。

体重しか計測できない

アナログ体重計はもちろん体重しか計測することはできません。

中にはBMIの目安を測ってくれるものもありますが、体重のみのものが多いです。

そのためダイエットやトレーニングをしていて体脂肪も管理したい人にはおすすめできません。

ダイエットやトレーニングをしている人にはデジタル体重計や体脂肪計の購入をおすすめします。

おすすめのアナログ体重計5選

続いておすすめのアナログ体重計を紹介していきましょう。

アナログ体重計にはシンプルなものやおしゃれなものが取り揃えられています。

自分の好みに合わせて選ぶことができますよ。

また体重計の大手メーカーTANITA(タニタ)からもアナログ体重計はしっかり発売されています。

それでは詳しく見ていきましょう!

TANITA(タニタ)アナログヘルスメーター ブラック HA-650

タニタ 体重計 アナログ 大画面 ブラック HA-650 BK 見やすい大きな目盛版

おすすめのアナログ体重計一つ目は、「TANITA(タニタ)アナログヘルスメーター ブラック HA-650」です。

こちらのアナログ体重計は黒を基調としたシックなデザインが特徴的。

電池交換の心配はありません。

体重は130㎏まで計測することができます。

シンプルな体重計なのでどんなインテリアにも合うでしょう。

体重計はTANITAが良い!という人におすすめです。

dretec(ドリテック) アナログ体重計 シェイプス BS-302WT(ホワイト)

おすすめのアナログ体重計二つ目は、「dretec(ドリテック) アナログ体重計 シェイプス BS-302WT(ホワイト)」です。

こちらのアナログ体重計はコンパクトで軽量なデザインが特徴的。

使わなときはサッと収納しておくことができます。

そして電池交換の心配はありません。

体重は120kgまで計測することができます。

ダイヤルで目盛りを調節することができるので、 洋服の重さを引いて測定することも可能です。

シンプルなデザインなのでお部屋や洗面所に違和感がないでしょう。

TANITA(タニタ)アナログ体重計 BMIチェッカー付き HA-552 SV

タニタ 体重計 アナログ シルバー BMIチェッカー付き HA-552 SV

おすすめのアナログ体重計三つ目は、「TANITA(タニタ)アナログ体重計 BMIチェッカー付き HA-552 SV」です。

こちらのアナログ体重計はBMIチェッカーが付いていることが特徴的。

体重を測ったときに「やせぎみ」「標準」「やや肥満」「肥満」の4つから肥満度を教えてくれます。

目安にはなるので体重を気にしている人におすすめです。

こちらのアナログ体重計も電池交換の心配はなし。

体重は120kgまで計測することができます。

QITJK 円型 アナログヘルスメーター

体重計 円型 アナログ ヘルスメーター 機械的 スケール 金属 強化ガラス

おすすめのアナログ体重計四つ目は、「QITJK 円型 アナログヘルスメーター」です。

こちらのアナログの体重計はおしゃれなデザインが特徴的。

ボディには強化ガラスが使用されていますが円型になっているのでぶつかってもケガの心配がありません。

また電池交換の心配がないので経済的ですね。

体重は120㎏まで計測することができます。

キラリと輝く体重計はインテリアのひとつになるでしょう。

個性的な体重計が欲しい人におすすめです。

ハインツコーポレーション ケロリン アナログ体重計

ハインツコーポレーション ケロリン アナログ 体重計 00706

おすすめのアナログ体重計五つ目は、「ハインツコーポレーション ケロリン アナログ体重計」です。

こちらのアナログ体重計は銭湯でおなじみのケロリンデザインが特徴的。

電池交換の心配はありません。

体重は120kgまで計測することができます。

ケロリンデザインの風呂おけや椅子と一緒に購入するのがおすすめです。

お風呂の時間がハッピーな時間になるでしょう。

ひと味違ったデザインの体重計を求めている人におすすめです。

収納には体重計スタンドが便利

アナログ体重計の収納には体重計スタンドが便利です。

体重計を床に置いておくと髪の毛やほこりで汚れてしまいますし、掃除もしにくいですよね。

そこで体重計をスタンドに立てかけておくと掃除もしやすいですし、汚れにくくなります。

体重計スタンドは家電量販店やネットショップで簡単に購入することができますよ。

体重計を新しく購入する際には体重計スタンドを一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

山崎実業 tower 体重計スタンド

山崎実業 体重計スタンド タワー ブラック 2802

こちらの体重計スタンドは山崎実業の体重計スタンドです。

カラーはホワイトとブラックがあります。

体重計をスリムに立てて収納することができるので狭い洗面所でも安心。

使うときだけサッと取り出せるので便利ですよ。

また珪藻土のバスマットを立てて置くこともできます。

値段も安いのでコストパフォーマンスが高い体重計スタンドでしょう。

まとめ

今回の記事ではアナログ体重計のメリットやデメリット、おすすめのアナログ体重計を紹介してきました。

アナログ体重計は体重だけを計測したい人や安く購入したい人、ちょっとだけ体重を軽く計測したい人におすすめです。

また体重計と合わせて体重計スタンドも使ってみると便利ですよ。

それでは自分にぴったりと合ったアナログ体重計を探してみましょう!