バリカンで頭の後ろを刈るときの注意点は?セルフカットのポイント5選

フィリップス 電動バリカン ヘアーカッター コードレス (1mm単位、23段階長さ調節) HC5440/15

バリカンを使い、自分で頭の後ろをカットするなら、雑な作業にならないよう、十分注意してください。

適当に手を動かしたりすると、失敗することがあります。

頭の後ろはよく見えない部分なので、慎重に進めるようにしないと、うまく刈ることができないのです。

では、頭の後ろを上手に刈るための注意点について、詳しく説明していきましょう。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




首の角度を変える

頭の後ろをカットするときは、まっすぐ前を向いたままだと、うまくいかないことが多くなります。

これは、首の角度が急すぎるためです。

その状態だと、バリカンを動かしにくくなるため、かなり難易度が上がってしまいます。

バリカンをスムーズに動かせないため、思い通りにカットすることができません。

刈りたい部分をすべて刈ることができず、おかしな具合に残ってしまうこともあります。

そのような失敗を防ぐためには、首の角度を変えてから刈るようにしてください。

他の部分を刈るときは前を見ていても構いませんが、後ろを刈るときもまったく動かないのはよくありません。

見えにくい部分を刈るなら、首を動かして、少しでも作業しやすい状態にしておきましょう。

しっかり準備を整えておけば、バリカンを動かしやすくなるため、ミスを防ぐことができます。

首を前に倒す

バリカンを動かしやすい角度にするときは、首を少しだけ前に倒す方法がおすすめです。

前に倒すと、首の後ろが伸びるようになるため、バリカンを当てやすくすることができます。

まっすぐ前を向いていると、後ろが少し縮まった状態になるため、どうしても刈りにくくなってしまうものです。

しかし、首を倒して角度をゆるやかにしておけば、すんなりとバリカンを動かせるようになり、失敗が少なくなります。

そのため、顔を正面に向けるのではなく、少し下に向けた姿勢をとるようにしましょう。

首の後ろを伸ばすような感覚で角度を調整すれば、後頭部の曲線にバリカンがうまく当たり、きれいにカットすることができます。

顎を引く

首を前に倒すといっても、顎が出ていると、それほど刈りやすくはならないものです。

顎が出ていると、首の後ろが伸びるような状態にはならないため、下向きになっていても、うまくバリカンを当てることができません。

本当に刈りやすい姿勢にするなら、下を向いて首を前傾させるだけでなく、顎を引くようにしてください。

顎を引いたまま首を倒すと、うまい具合に首の後ろが伸び、後頭部のカットがしやすい状態になります。

普通に下を向いていれば顎が出るようなことは少ないものですが、無意識に姿勢を崩してしまう可能性もあるので、しっかりチェックしておきましょう。




ブロッキングを忘れない

後ろの見えにくい部分をカットするときは、ブロッキングという髪を分ける作業が重要になってきます。

この作業を軽視していると、刈らなくてもよい部分までうっかりカットしてしまい、後悔することがあります。

よく見える前の部分なら失敗は起きにくくなりますが、後ろは難しい部分なので、油断は禁物です。

ただでさえ刈りにくいところに、まったく分けないままいきなり手をつけてしまったのでは、間違えるのも無理はありません。

思った通りにカットして理想的な髪型にするなら、刈りやすくする対策を確実に行うようにしましょう。

アイテムを揃える

髪をブロッキングするときは、ダッカールというピンを使って留めることになります。

100円ショップなどで簡単に手に入れることができるため、持っていないときはきちんと購入しておきましょう。

ただし、ダッカールで必ずうまくいくとは限らないので、少し注意が必要になります。

髪質は人によって異なるものですが、かなり柔らかい髪だった場合は、ダッカールでは留めきれないことがあるのです。

留めようとしても、柔らかさが邪魔をしてしまい、なかなか固定できなかったり、すぐ外れたりします。

そんなときは、平ゴムも用意しておくことをおすすめします。

ゴムで留める方法なら、ダッカールよりも確実性が高いため、髪質に関係なくがっちりと固定することができます。

刈るべき部分と残す部分をしっかり分けて、失敗を防いでいきましょう。

間違いなく分かれているか確認

ブロッキングは、慎重に行うことが大切です。

雑な留め方をしていると、正確に分けることができず、結局は失敗してしまう可能性が高いのです。

そのような事態を防ぐためには、ダッカールや平ゴムで留めたあと、本当に正しい分け方ができたか確かめるようにしてください。

なにしろよく見えない部分なので、準備段階でミスがあると、成功は難しくなってしまいます。

合わせ鏡でしっかり後ろを見て、間違いなく分けられたことが確認できたら、そこで初めて作業にとりかかるようにしましょう。

横着して適当に済ませてしまうと、準備の意味がなくなってしまいます。

確実に成功させるためにも、石橋を叩いて渡るつもりで丁寧に作業を進めてください。

作業中は必ず鏡を見る

鏡による確認が必要になるのは、ブロッキングのときだけではありません。

刈っている途中でも、こまめに見ておくことが大切です。

そうした確認作業は面倒に感じてしまうこともありますが、だからといって雑にバリカンを当ててはいけません。

鏡を見ずになんとなくカットしたりすると、おかしな刈り方になったり、残しておきたい部分まで切ってしまうことがあるのです。

いくらブロッキングをしたからといって、ろくに見ないで刈るのはリスクが大きすぎます。

鏡を積極的に使い、少しずつカットしていきましょう。

慌てて動かさない

頭の後ろをきれいにカットするためには、作業のスピードにも注意すべきです。

手を動かすスピードが速すぎると、ミスをしやすくなるものです。

おかしな刈り方になることを防ぐためには、慌てて動かしたりせず、鏡を見ながらゆっくりとカットしていきましょう。

ゆっくり少しずつ手を動かしていれば、間違えそうになったときでも、すぐに止めることができます。

しかし、無駄に急いでカットしていると、そうした対応はきません。

途中で止めることができず、必要ない部分まで大きく食い込んでしまうこともあります。

ブロッキングしていれば刈りやすくなるとはいえ、あまり乱暴な刈り方をすると、どんな失敗が起こるかわからないのです。

後ろはやりにくい部分なので、多少時間がかかっても、コツコツと進めるようにしてください。

乾いたまま刈らない

セルフカットをするときは、乾いた髪よりも、少し濡れた髪の方がうまく刈ることができます。

そのため、後ろをカットするときも、きちんと湿らせるようにしてください。

ぐっしょり濡らすと逆に刈りにくくなることもあるので、やりすぎてはいけませんが、霧吹きで少し湿らせるくらいなら問題はありません。

これは、寝ぐせを直すためにも必要なことです。

寝ぐせで乱れていると、思い通りにカットするのが難しくなります。

失敗しないためには、ある程度セットしてから始めることが大切です。

頭の後ろは見にくいので、失敗につながる要素を少しでも減らして、カットしやすい状態にしておきましょう。

まとめ

バリカンを使ったセルフカットは、お金をかけずに散髪ができるため、節約したいときはぜひおすすめです。

ただし、後ろを刈るときは、ここで紹介したような注意点をしっかり押さえておいてください。

刈りやすい角度やブロッキングなどを無視していると、刈り残しが多くなったり、刈る必要のない部分までカットすることが多くなります。

失敗を防ぐ対策をして、上手に髪型を整えていきましょう。

参考URL(文献)・根拠など

http://coolovely.com/hairstyle/bari…
https://mens-modern.jp/1186
https://www.shigo45.com/entry/2016/…
https://uranaru.jp/topic/1029435
http://coolovely.com/hairstyle/two-…