バリカンでセルフカットすると得られる4つのメリットと1つのデメリット

自分で自分の髪を切ることには様々なメリットがあります。

ですから、美容院や床屋には行かず、セルフカットしている方は結構多くいます。

セルフカットする際、おすすめなものがバリカンで、バリカンは髪を簡単にカットすることができます。

ここでは、バリカンを使ってセルフカットするメリットを紹介していくので、セルフカットに興味のある方は参考にしてみてください。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




美容院や床屋に通うとトータルの散髪代はかなり高額になる

綺麗に整ったオシャレな髪型にしたい場合、セルフカットするよりも美容院や床屋で切ってもらった方が良いです。

それは、髪を切るプロに任せた方が綺麗にオシャレに仕上げてもらうことができるからです。

そのため、自分で切るよりも安心ですが、美容院や床屋で切ってもらうと当然お金がかかります。

美容院や床屋の一般的な料金はそれなりにし、安いとは言えません。

1,000円で髪を切れるところもありますが、お金がかかることには変わりません。

1回の散髪で4,000円かかり、一ヶ月に1回のペースで通うとすると、1年間で48,000円かかってしまいます。

1回の散髪代が更に高く、通う頻度が同じ場合は、更にお金がかかってしまいます。

1,000円でカットするところを利用しても、積もり積もれば高額になってしまいます。

つまり、美容院や床屋で髪を切ってもらっていると、かなりのお金を支払うことになるのです。




メリット1.散髪代がかからない

先程、美容院や床屋で髪を切ってもらうと、お金がかなりかかるということをお話ししました。

プロに髪を切ってもらっているので、お金がかかるのは仕方のないことですが、お金に余裕がない方にとっては厳しいかと思います。

そこでおすすめしたいのがバリカンによるセルフカットで、バリカンでセルフカットすれば散髪代はかかりません。

細かいことを言うと、バリカンの購入代やバリカンを使う際の電気代はかかります。

ですが、購入代は最初だけで、電気代はたいしたことありません。

つまり、バリカンでセルフカットすると、散髪代がほぼ浮くということになります。

散髪代が浮くということは嬉しいことですよね。

散髪代を他のことに回せるわけですから。

今まで散髪代として一ヶ月5,000円使っていたとしたら、バリカンでセルフカットすれば、当然他のことに5,000円使えることになります。

浮いたお金で美味しい物を食べてもいいし、趣味に使ってもいいし、貯金してもいいし、楽しみが広がりますね。

メリット2.通わなくて良い

髪を切りに美容院や床屋に行くには時間を確保する必要があり、行くという行動自体が面倒ですよね?

自宅から遠いところに行く場合は、特に面倒に感じるかと思います。

ですが、バリカンでセルフカットすれば、当然、美容院や床屋に行く必要はありません。

美容院や床屋に行かなくなることにより、行かない分、時間を好きなように使うことができます。

待たなくても良い

美容院や床屋に通うのには時間がかかり、待合室で待っている時間もありますよね。

予約をすれば、待たずに髪を切ってもらうことは可能ですが、それでも多少時間はとられてしまいます。

自宅でセルフカットすれば待つことはないので、効率的に時間を使うことができます。

メリット3.切りたい時に切れる

美容院や床屋に行かず、バリカンでセルフカットしている場合、切りたい時に切れるというメリットもあります。

切りたい時に切れるといっても、外出している時や仕事をしている時、学校に入る時などは切ることはできません。

ですが、自宅にいて時間がある時は、髪を切りたいと思えばすぐに切ることができます。

そのようなことから上手に時間を使うこともでき、お金がかからないので気軽に切ることもできます。

メリット4.自分で好きなように切れる

自分で自分の髪を切るわけですから、当然自分が好きなように切ることができます。

美容院や床屋で髪を切ってもらう場合、プロの技術で綺麗にカットしてもらうことができますが、「前髪ちょっと切り過ぎ」などと思うこともあることでしょう。

ですが、そのようなことを思っても、多くの方はクレームをつけず、「まあ、しょうがないか」と思います。

バリカンでセルフカットする場合は、自分で好きなように切ることができます。

切り過ぎても自己責任になりますが、自分で好きなように切れるのはセルフカットのメリットになります。

使っていくうちに上手くなる

美容院や床屋で髪を切る場合、切るたびにお金がかかるので、その日の気分によって髪型を変えるのには限界があります。

それは、その時の髪の長さに対応した髪型にしかできないからです。

ですが、バリカンがあれば、自分が好きなように髪をカットすることができるため、すぐに対応することができます。

バリカンを使い慣れていないと失敗してしまうこともありますが、バリカンで髪をカットするコツが分かっていけば上手にカットすることも可能です。

バリカンでセルフカットする経験が増えることでバリカンの使い方が上手くなり、イメージに近い髪型、もしくはイメージ通りの髪型にすることができるようになります。

付属のアタッチメントの種類が多いものを選べば、様々な髪型に対応することができます。

デメリット1.慣れていないと失敗することもある

バリカンでのセルフカットは、慣れていないと失敗することもあります。

それはバリカンのセルフカットだけに限らず、仕事や料理なども慣れていないと失敗しやすいものです。

そのため、バリカンを使い始めた時は失敗しても仕様がありません。

ですが、他のことと同じように、慣れていくうちにコツが分かっていくので、失敗しにくくなります。

見えない部分がカットしにくい

自分で自分の髪を切るので、バックなど見えない部分はカットしにくくなります。

そのため、見えない部分は手で触った感覚などで判断してカットしていく必要があり、特に襟足の長さなどは失敗しやすい部分でもあります。

ですが、バリカンでセルフカットする経験が増えていくことでカットするのが上手になっていくため、心配ありません。

バリカンの価格はそれほど高くない

前述した通り、バリカンでセルフカットすると散髪代はかかりませんが、バリカンを購入する費用はかかります。

ですが、美容院や床屋のようにカットするたびにお金はかからなく初期費用だけです。

また、バリカンはそれほど高いものではく、数千円で買えるものもあります。

高いものでも9,000円くらいなため、毎月美容院や床屋でカットするのに比べると遥かに安く済みます。

おすすめのバリカン

私がおすすめするバリカンは、付属しているアタッチメントの種類が多く、水洗いできるものです。

アタッチメントの種類が多いほど、髪をカットする長さを細かく調節することができます。

また、髪をすくことができるアタッチメントや、ナチュラルな感じに仕上げるアタッチメントがあるととても便利です。

つまり、アタッチメントの種類が多いと髪型のバリエーションを増やすことができるのです。

バリカンの切れ味を維持するには、使用後に手入れを行うことが大切ですが、手入れは意外と面倒なものです。

ですが、水洗い可能なものであれば、水道でジャーと洗い流すだけで簡単に綺麗にすることができるので、手間はかからず面倒ではありません。

アタッチメントの種類が多く、水洗いできるものは価格が高めになるため、そこは考慮しておきましょう。

まとめ

バリカンでセルフカットするメリットはたくさんありますが、慣れていない始めの頃は失敗することもあるでしょう。

ですが、使っているうちに上手くなりますし、散髪代を浮かすこともできます。

バリカンを使った後は、必ず手入れをして綺麗にしましょう。

バリカンについた細かい髪を除去したり、汚れを落としたりするだけでなく、油を差すことも大切です。

油を差さないと切れ味が悪くなり、上手にカットすることが困難になります。

参考URL・参考文献・根拠など

http://iitokoiimono.hatenablog.com/…
https://beauty.rakuten.co.jp/rakula…
https://www.lifehacker.jp/2019/04/h…