セルフ坊主にしたい方、おすすめのバリカンをご紹介!

髪を切りに行くのって面倒ですよね。

予約の電話を入れて、出向いて、美容師さんと会話をして…。

そして何より美容室ってお金がかかります。

それなら自分でバリカンを買ってセルフカットトした方がいいんじゃないと、思う方も多いのではないでしょうか?

部活などで坊主にしている学生さんは特にそう思うのではないでしょうか。

そんな方にセルフ坊主におすすめのバリカンをご紹介したいと思います。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




坊主の種類

バリカンで刈るにしても、そもそも坊主の定義とは何なんでしょうか?

また長さの印象についてもご存じでしょうか?

そちらについてまずは解説したいと思います。

1分刈り

1分刈りとは髪が3mmの長さのことを言います。

3mmだとやや地肌が見える長さで、少し青い感じには見えます。

それよりも短い1mm、2mmに比べると髪の毛の存在感を感じますし、指先でつまむことも可能です。

直に日差しが当たらないので肌には優しいです。

また冬の寒さにからも守ってくれる長さです。

3分刈り

3分刈り は6mmの長さになります。

この長さくらいになると髪の毛で肌が隠れてるので青さはなくなり、黒い印象が強くなります。

また頭の形によっては少し横への膨らみを感じる方もいると思います。

一番オーソドックスでセフル坊主にする人はこの長さが多いかと思います。

5分刈り

5分刈り は9mmの長さを言います。

9mmの長さだと少し髪の毛に動きがつけられる長さになります。

ワックスやジェルをつけると束感をつけることが出来るので、ただの坊主は嫌だ、少し遊びを残しておきたいという方はこの長さがおすすめです。

7分刈り

7分刈り は12mm~13mmくらいです。

これくらいになるとだいぶ長い印象かと思います。

髪質によってはべリーショートのスタイルになります。

もちろんワックスなどで遊べる長さなのでオシャレを楽しみたい人はこれくらいが良いでしょう。

逆に野球部などだと長すぎる印象になり、もしかしたら注意を受けてしまうかもしれません。




坊主に刈る手順

それでは次に坊主にセフルカットする手順について解説します。

やみくもに刈らず、順を追って刈ることで失敗を防ぐことが出来ます。

しっかりと濡らす

美容院でもそうですが、髪は乾いている時よりも濡れている時の方が柔らかいので切りやすくなります。

そのためまずは髪をしっかりと濡らすようにしましょう。

霧吹きなどを使うと全体に満遍なく濡らすことが出来るのでおすすめです。

バリカンの長さを調節する

バリカンはカットする長さを調節するアタッチメントというものがあります。

自分の希望の長さのアタッチメントをセッティングしましょう。

これを忘れて剃り始めてしまうと大変なことになりますし、修正が不可能です。

もし、長さを迷っているなら、最初は長いアタッチメントから順に入れ調節していきましょう。

バリカンを入れる

頭皮に沿わすようにして入れるのがポイントです。

順番としては前、横、後の順が望ましいです。

前はおでこからつむじへ、横は、もみあげから前と同様につむじに向かって刈ります。

後ろも同様に襟足あたりからつむじに向かって刈ります。

どこもコツは髪の毛の生えている方向に逆らうことが大切です。

そうすることで刈り残しが少なくすみます。

刈り残しのチェック

最後に髪を流して刈り残しがないか合わせ鏡などでチェックします。

特に自分では見えにくい後は丁寧にチェックしましょう。

刈り残しがあれば再びカットします。

綺麗に刈り揃えたら完成です。

バリカンの種類

バリカンの種類についてはご存知でしょうか。

セフル坊主の刈り方はわかったけど、肝心のバリカンをどのように選べば良いかわからないという人のため、簡単に解説します。

充電式バリカン

バリカンは、大きく分けると充電式、交流式、電池式、兼用タイプの4種類があります。

まずはコードレスでどこでも使うことの出来る「充電式バリカン」について説明します。

コードレスなので使う際のコードの引っ掛かりや、トラブルを回避するメリットがあります。

バッテリーはメーカーにもよりますが大体40分から1時間くらいが平均です。

しっかり充電しておかないとカットの途中で止まってしまう場合があるので、充電忘れには注意しなければなりません。

交流式バリカン

反対にバッテリー切れの心配もなく、比較的安価なのが「交流式バリカン」です。

コンセントに差し込んで使用する交流式バリカンは、バッテリー切れの心配がなく、最後まで安心して使うことができます。

安価な商品も多いので、小さいお子さんや学生さんなどにおすすめです。

ただ使う場所が限定されてしまうため、どこでカットするかと予め決め、準備しておく必要が出てきます。

電池式バリカン

電池式バリカンというのもあります。

こちらは充電式のようにコードレスで、交流式のように充電なしでも使えるという優れものです。

ただ他のタイプと比べると少しパワー不足なのであくまで携帯用として使用するのが良いでしょう。

兼用タイプのバリカン

こちらは充電式と交流式どちらも選べるタイプのバリカンになります。

そのため使い勝手が良く、セフルカットを頻繁に行う方にはおすすめのタイプになります。

ただ高価なものが多いのも特徴で、学生さんには初期投資としては痛いかもしれません。

坊主刈りにおすすめのバリカン3種

それではセフル坊主におすすめのバリカンを3種ご紹介したいと思います。

フィリップス セルフヘアカッター QC5572/15

フィリップス 電動バリカン セルフヘアーカッター 充電・交流式 QC5572/15

まずフィリップス から出ているセルフヘアカッター QC5582です。

一番の特徴は180度回転するヘッド部分。

これで手が届きにくい部分も楽にカットができ、セルフカットに最適なバリカンです。

1時間の充電で120分間の長時間使用が可能です。

刃の水洗いができるのでお手入れしやすいというのも魅力です。

また長さは、0.1mm単位で411段階という非常に細く刈り高さの調節ができる「デジタルスワイプ」という新機能が搭載されています。

その分、高価にはなりますが、かなり使い勝手のよい高性能なバリカンなので、綺麗に美容院でしたようなセフルカットがしたいという方におすすめの製品になります。

パナソニック バリカン 充電・交流式 ER-GC10-R

パナソニック バリカン 充電・交流式 赤 ER-GC10-R

こちらはパナソニック製のバリカンで、2600円前後と比較的リーズナブルな価格のモデルになります。

重量は約105gと軽量なので腕が疲れにくく、また充電式、交流式両用のバリカンなので使い勝手も良いです。

充電時間8時間で、約40分の使用が可能です。

こちらも刃の水洗いが可能なので手入れもしやすいです。

長さは3~12mmの4種類のアタッチメントが付属しているので、刈る長さは4通りに変更が可能です。

自分の希望の長さがあるかあらかじめチェックするようにしましょう。

ブラウン ヘアークリッパー HC5030

ブラウン ヘアークリッパー HC5030

最後にこちらのブラウンから出ているバリカンです。

充電約8時間で50分間使用できる充電式、交流式両用のバリカンになります。

本体の水洗いが可能なので、お手入れが簡単です。

2種類の付属専用コームは、16段階と細かく長さを調節することが可能です。

坊主の長さを何度も変える可能性がある方は、こちらが助かりますね。

また、コームの長さを記憶する「メモリーセーフティロックシステム」が搭載されている、逆にいつも同じ長さでバリカンを使用したい方にもおすすめです。

値段も3000円前後とリーズナブルなのではじめてバリカンを買うという方にすすめたいです。

まとめ

思っていたより簡単にセフル坊主出来るんだなと感じた方、多いのではないですか?

このようにバリカンさえあれば誰でも簡単にセルフカット出来るのです。

かなり多くの種類のバリカンが発売されているので、きっと自分に合ったものが見つかるはずです。

今まで美容院に時間とお金をかけて行っていた方は、これを機にセルフ坊主に挑戦してみてはいかがでしょうか。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.amazon.co.jp/gp/bestsel…