男性のすね毛処理にぴったり!バリカンの使い方のコツ

夏になると、男性もショートパンツを履く機会が増えてきます。

最近は男性もムダ毛処理する時代になっていますから、ボーボーのすね毛を人目にさらすのは印象が悪くなります。

わざわざ脱毛に通うのも抵抗があるし、カミソリで剃るのも面倒だという場合には、すね毛用のバリカンを使ってみましょう。

手間を省いてムダ毛の悩みも改善するバリカンの魅力について紹介しましょう。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




足のすね毛処理が必要な理由

近年は男性も清潔感が求められる時代です。

暑い季節にショートパンツなどを履いて、濃くてボーボーのすね毛が見えていると、やはり他人からの印象が悪くなってしまいます。

特に女性からの受けが悪くなり、不潔に見えるとか気持ち悪いなどと感じてしまう人もいます。

暑いのに普通のズボンを履くのも大変ですから、手間のかからない方法ですね毛処理してしまうのが一番です。

適度にカットしたり間引いたりすることでかなりすね毛を減らせますから、短パンなどを履いても周りに悪い印象を与えなくてすみます。

夏ならではのファッションも楽しめますし、女性からの印象がアップするのもうれしい点です。




男性のすね毛処理に適した方法

男性のすね毛処理の方法も、今は多種多様になっています。

完璧につるつるにするならクリニックで医療脱毛する方法もありますが、お金がかかるのが難点です。

カミソリで剃るという方法もありますが、男性の毛は濃くて長いですから、カミソリに毛が絡まって意外と時間がかかってしまいます。

カミソリ負けしたり肌荒れしたりしますし、カミソリだと毛が伸びてきた時にチクチクして不快感があります。

適度に毛を減らせて薄く見せることができるのがバリカンです。

アタッチメントで毛の長さが調節できますし、カミソリのように刃に毛が絡まってしまう心配もありません。

自然な感じに仕上がりますから、毛がない状態だと抵抗があるという人にも向いています。

バリカンですね毛処理するメリット

カミソリや除毛クリームなどを使う方法でなく、バリカンですね毛処理するメリットは、やはり不自然にならないという点です。

適度にすね毛を残してくれますから、つるつるにならずにすみます。

広範囲をまとめてカットできますから、カミソリよりも短時間で毛の処理が終わり、時間と手間を省けます。

アタッチメントの設定次第で、長めに残したり短めに刈ったりなど、調節しやすいのもメリットです。

バリカン本体は2000円くらいから売っていますし、1回買えば数年ほど持ってくれます。

カミソリよりもコスパに優れていて、ほとんどお金がかからないです。

バリカンを使う時のポイント

男性がバリカンで、すね毛処理する時のポイントについて紹介しましょう。

慣れるとカミソリよりも楽ですし、時間もそれほどかかりません。

アタッチメントの調節は長めから

最近のバリカンはとても多機能ですし、アタッチメントも複数付いてきます。

長めに刈れるアタッチメントから使ってみて、自分に合った長さのものを見つけましょう。

バリカンの種類にもよりますが、3mmから20mm程度の調節が可能です。

10mmくらいで自然に薄くすることができて、3mmにもなればかなりすね毛を減らすことができます。

失敗しては大変ですから、徐々に長さを短くしていくのがおすすめです。

刈りにくい部分は当て方を工夫

ふくらはぎなど足の裏側はカーブしていますし、目が届きにくいですから、刈る時にちょっとコツがいります。

ゆっくりと皮膚を巻き込まないように、角度を調節してバリカンを動かしましょう。

座ったままの状態だとやややりにくいですから、立ったままの状態でやるのがおすすめです。

凹凸のあるひざは少しずつバリカンを動かし、角度を変えながら多方向から当ててあげましょう。

掃除しやすさも考慮

刈った毛が周りに飛び散ってしまいますから、新聞紙を広げて敷いた上でやるのがおすすめです。

処理後に丸めて捨てるだけでOKですから、特別な掃除も必要ありません。

風呂場で刈る方法もありますが湿気で刈りにくくなりますし、バリカンの種類によっては壊れてしまいます。

刈った毛が排水溝に詰まる場合もありますから、風呂場での処理は避けた方が無難です。

肌を乾燥させた状態で刈る

夏場は汗をかきやすく、汗で毛が肌に張り付いたりして、刈りにくくなってしまいます。

涼しくて乾燥した場所だときれいに刈れますから、クーラーが効いた室内でやるのがポイントです。

また、汗でどうしても刈りにくい場合には、ベビーパウダーをはたいてから刈るようにしましょう。

パウダーが汗を吸って肌がサラサラになり、毛が肌に密着しにくくなりますから、刈りやすくなります。

すね毛処理するベストな頻度

すね毛の濃さやどんな風に仕上げたいかにもよりますが、すね毛処理は1週間に1回くらいで十分です。

慣れてくれば、バリカンで10分程度で刈ることができますから、予想以上に楽して印象のいい足をキープできます。

海やプールに行くとか彼女とデートするなど、イベントなどがあってもっときれいな足になりたい時には、追加して刈ればいいだけです。

アタッチメントを調節して短めにしてみるなど、臨機応変に行うのが大切です。

平均的には1週間に1回、場合に応じて回数を追加するようにしましょう。

すね毛処理に適した使いやすいバリカン

ヘア用やヒゲ用バリカンでも、すね毛処理に適したタイプがあります。

そんな人気も高くて使いやすいタイプを紹介しましょう。

フィリップス ヘアカッター HC3412/15

フィリップス 電動バリカン ヘアーカッター コードレス HC3412/15

アタッチメントが1mmから23mmに対応していて、理想的な長さに刈ることができます。

12段階もの長さに対応していますから、多くのニーズを満たしてくれます。

フル充電で75分間も連続使用できますから、すね毛だけでなく他の部位のお手入れにも使えます。

刃の切れ味が長持ちするように作られていますし、錆びにくく耐久性に優れています。

メンテナンスも楽ですし、刃やコームは水洗い可能ですから衛生的に保てます。

パナソニック ヒゲトリマー ER-GB74

パナソニック ヒゲトリマー シルバー調 ER-GB74-S

1台で髪の毛とヒゲ、ボディの3つの毛の処理ができてしまう多機能タイプです。

それぞれのアタッチメントが使いやすい形になっていますから、全身1つでお手入れ可能です。

刃の調節が0.5mm刻みと細かいですから、どんな長さにも対応してくれます。

刃を本体から外さなくても水洗いできるウォータースルー機能付きですから、メンテナンスも楽です。

しっかりカットできる刃の作りになっていますから、毛質を問わず使いやすいです。

テスコム 電気バリカン/TC420

電気バリカン テスコム TC420 A

低価格でコスパがよく、アタッチメントの種類も豊富です。

1mmから40mmの長さに対応していますから、すね毛だけでなくどんな部位のカットにも向いています。

刃は水洗いできますし、ポンと開いて水で洗い流すだけなので、手間もかかりません。

均一にしっかり刈れる設計になっていますから、毛を均一にきれいに仕上げることができます。

防滴加工されていますから水にも強く、耐久性も高いです。

まとめ

今や男性もムダ毛処理が必須な時代です。

夏場に周りの人に悪い印象を与えないためにも、短時間で処理できるバリカンを使ってみましょう。

本体はそれほど高くありませんし、1つあれば様々な用途にも使えます。

使い方のポイントさえ押さえておけば、初めて使う人でも大丈夫です。

夏のハーフパンツなどを堂々と着こなせるようになり、ファッションの幅も広がります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.philips.co.jp/c-p/HC341…
https://panasonic.jp/mens/face/er-g…
https://www.tescom-shop.jp/item/TC4…