バリカンで髪型をセットする方法を解説!セルフカットしたい方は必見

まとめ買い 美人髪 カラー ダッカール ヘアクリップ 100mm ブラック8本セット

美容院または理容院で、髪をカットしてもらっていたら、お金を使う事になってしまうので、自宅でセルフカットしてみたい方は多いでしょう。

しかし、セルフカットしたら、失敗する事が怖くて、美容院または理容院へ行っている方も多いはずです。

そこで、バリカンを利用して、上手に髪型をセットする方法を解説していくので、参考にしてみて下さい。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




バリカンでセルフカットする準備

バリカンで、髪型をセットする前に、まずはカットしやすいように準備をしなくてはいけません。

何も準備をしないでカットしていけば、イメージ通りの髪型にする事ができないですし、掃除をする時に苦労してしまうので、準備の仕方を紹介していきます。

新聞紙を敷物として準備

自宅でセルフカットする場合には、何も準備しておかなければ、床に大量の髪の毛が落ちてしまうので、カットする前に掃除しやすいように環境を整える必要があります。

敷物を購入しても良いのですが、敷物を購入した場合には、髪の毛が敷物に落ちた時に、全ての髪の毛をゴミ箱またはホウキへ綺麗に払い落とさなくてはいけません。

敷物の材質によっては、簡単に髪の毛を払い落とす事ができないので、注意する必要があります。

そこで、おすすめなのが、何枚もの新聞紙をガムテームで、つなぎ合わせる方法です。

新聞紙を敷物として利用すれば、髪をセルフカットした後に新聞紙を丸めて捨てれば良いだけなので、苦労しないで掃除を終わらせる事ができます。

小道具を準備

バリカンでセルフカットをすると説明しましたが、バリカンだけでは上手くカットできないので、様々な道具が必要になります。

必要な物として、鏡・ハサミ・すきバサミ・ダッカールなどが挙げられます。

通常のハサミだけではなく、すきバサミまで必要なのは、通常のハサミではバッサリと髪の毛をカットする事になってしまうからです。

そのようなカット方法では、髪の毛が同じ長さにカットされてしまうので、不自然な髪型になってしまいます。

カットする自信があまりない場合には、すきバサミも用意するようにしましょう。

鏡の位置を調整

鏡を用意する場合には、1枚ではなく2枚まで用意したほうが良いです。

なぜなら、前に鏡を立てているだけでは、後頭部の髪の毛を上手くカットできないからです。

そのため、鏡を前後に1枚ずつ置いて、後頭部の髪の毛もしっかりとカットできるのか準備しておきましょう。

理想としては、前に置いておく鏡はドレッサー台のように固定された物で、後ろに置いておく物は全身鏡にしたほうが良いでしょう。

全身鏡であれば、固定させる事ができますし、後頭部の大部分を見る事ができます。

ただし、様々な方面から後頭部をチェックしたい場合には、全身鏡よりも手鏡を利用してみて下さい。




ツーブロックのカット方法

セルフカットする準備が整った所で、ツーブロックにしたい場合には、慎重にカットしていく必要があるので、詳しくセット方法を説明するので確認してみて下さい。

ダッカールを使用

丸坊主にカットしていく場合であれば、バリカンだけでもカットしていく事は可能ですが、ツーブロックの場合には『ダッカール』を利用して下さい。

ダッカールとは、髪の毛をまとめる道具の事で、ツーブロックにカットする場合には必要不可欠な小道具と言っても良いほどの物です。

まずは、ダッカールでカットしない髪の毛を上側のほうにまとめましょう。

髪の毛をまとめた後は、耳周りの部分をバリカンでカットして下さい。

バリカンの長さ調整

ダッカールを使って、耳周りの髪の毛をカットする場合でも、どの程度の長さでカットするかが重要になっていきます。

少し青くなってしまうほど短くカットしてしまえば、あまり見た目がよくないので、最初のほうは少し長めにカットしたほうが良いです。

上位機種のバリカンにもなれば、1~40mm以上まで調整できる機種もあるので、あまり頭皮を見せるほど短くカットしたくない場合には、長さ調整が優れているバリカンを利用しましょう。

すきバサミを併用

耳周りの髪の毛をカットした後は、ダッカールでまとめていた髪の毛もカットしていきます。

すきバサミを使えば、ランダムな長さにカットできるので、あまりセルフカットした事がない方でも失敗する可能性が低くなります。

ただし、すきバサミを使う場合には、横方向ではなく縦方向にカットしていきましょう。

縦方向であれば、自然な感じにカットできるので、セルフカットでは有効な方法です。

ソフトモヒカンのカット方法

ソフトモヒカンも、ツーブロックと同じように、人気の高い髪型です。

しかし、セルフカットする場合には、どのようにしてカットすれば良いのか分からない方は多いと思うので、詳しく解説します。

頭部に応じてカット

ソフトモヒカンにする場合には、トップの髪の毛を長く残しておいて、サイドの髪の毛を短くカットしていく必要があります。

後頭部も短くカットする場合もありますが、短くカットする所は、頭部の形に沿ってバリカンをスライドさせていきましょう。

バリカンにアタッチメントを取り付けている状態でも、頭皮にバリカンを垂直に当てるような方法では、頭皮に大きなダメージを与える恐れがあります。

そのため、頭部の形に合うように、バリカンを水平の向きにしてカットして下さい。

長さを微調整

ソフトモヒカンで、トップの髪の毛を調整する場合には、バリカンに取り付けるアタッチメントを取り替えておきましょう。

アタッチメントを取り替えながら、カットしていけば、グラデーションのように髪の毛の長さを変えていく事が可能です。

実際に、ソフトモヒカンは中央部分が最も髪の毛が長くなっていて、サイドに近づくにつれて短くなっていきます。

アタッチメントを活用したら、自然な感じで、サイドに近づくにつれて髪の毛を短くしていく事ができるでしょう。

刈り上げを行う際のカット方法

社会人の場合には、清潔感のある髪型にしたいと思うでしょう。

そのような場合には、刈り上げを行なって、カットする方法がおすすめなので、詳しく紹介します。

長い髪を残してカット

刈り上げる部分は、ミリ単位でカットしていって、耳付近の上側やトップの髪を長く残していけば、長短差が生じます。

長短差が生じれば、メリハリの効いた髪型になるので、清潔感をキープしながら、オシャレな髪型にする事が可能です。

そうすれば、ビジネスの時だけではなく、プライベートの時でも堅苦しさをあまり感じさせません。

ただし、後頭部の刈り上げる面積が広くなってしまえば、オシャレな髪型にする事が難しくなってしまうので、気を付けて下さい。

定期的にカット

刈り上げる場合には、ビジネルとプライベートの両方で対応できるので、デメリットがないように感じてしまうかもしれません。

ところが、刈り上げた場合には髪の毛が短くなっている状態なので、少しだけでも髪の毛が伸びてしまえば、髪型全体に大きな影響を与えてしまいます。

そのため、刈り上げた場合には、定期的に短くしている所を再び刈り上げていく必要があるので、手間暇をかける髪型である事は覚えておきましょう。

まとめ

バリカンで丸坊主にする場合であれば、あまり多くの道具を必要とはしません。

しかし、小道具を揃える事によって、様々な髪型に挑戦する事ができるので、丸坊主に飽きてきた場合には道具を揃えるメリットは大きいです。

実際に、ソフトモヒカンやツーブロックの髪型にする事ができれば、美容院でカットしてもらうような髪型にする事ができるので、試してみる価値があります。

参考URL・参考文献・根拠など

http://coolovely.com/hairstyle/bari…
http://coolovely.com/hairstyle/mohi…
https://www.finemakeyuri.com/softmo…
https://arine.jp/articles/23906
https://おしゃれ髪型.xyz/arch…
https://mens.tasclap.jp/a1664