バリカンでセルフカット! 6つのメリットと使い方のコツ

髪の毛は気づくとすぐに伸びてきてしまいますから、こまめに美容室や床屋に行かないといけません。

最近は1000円程度でカットできるところもありますが、それよりもお金と時間の節約になるのがバリカンです。

バリカン本体さえあれば、後は自宅で暇な時間にカットできてしまいます。

そんなバリカンのメリットや、使い方のコツについて紹介しましょう。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




バリカンを使うことで得られるメリット

バリカン1台あれば散発を自分でできて、わざわざ美容室や床屋に行かなくてもすみます。

そんなバリカンを使うメリットについて紹介しましょう。

色んな髪型にチャレンジできる

バリカンだと坊主やスポーツ刈りなど、決まった髪型にしかできないイメージがあります。

最近のバリカンはアタッチメントの種類が豊富ですから、慣れてくれば様々なヘアスタイルにチャレンジできます。

流行のツーブロックややや長めのヘアスタイルだって簡単ですし、おしゃれな髪型にだってできます。

セルフカットに大活躍してくれますし、女性でも使いこなすことができて、ボブやレイヤーカットなども楽々できてしまいます。

アタッチメントを付ければそれ以上短く刈ることができませんから、失敗することも少ないです。

髪の毛が重たい部分をすくアタッチメントもありますから、細かい部分までしっかり仕上げられます。

初めての人でも安全安心

初めてバリカンを使う時には、安全にカットできるかどうかなどが気になるものです。

家庭用のものは刃が地肌に当たらない設計になっていますから、地肌を怪我してしまう心配はありません。

サイドや襟足などの短くしたい部分でも、きちんとアタッチメントが決まった長さで刈れるようにサポートしてくれます。

初めてでも地肌を傷つける心配はありませんし、正しく扱えば手を切る恐れもありませんから心配無用です。

コードレスタイプならどこでもカットできる

バリカンには電源を取って使うタイプもありますが、充電したり電池で動くコードレスタイプもあります。

コードレスタイプなら場所を選ばずに使えますから、どこでもカットできて便利です。

天気のいい日に庭でカットしたり、後始末が楽なようにバスルームでカットすることも可能です。

使う場所を選ばないですから、初心者の方はコードレスタイプを使うのがおすすめです。

掃除が楽で長期使える

最近のタイプはメンテナンスが楽にできていて、ボタンを押して刃を外し、軽く水で洗い流せば掃除ができてしまいます。

アタッチメントもそのまま洗って乾かすだけでOKですから、メンテナンスの手間もかかりません。

種類によっては水が使えないタイプもありますから、あらかじめ水で洗えるタイプを選ぶのが大事です。

耐久性も高いですから、一度買ったら数年は使えます。

カット代を大幅節約できる

セルフカットになれてしまえば、床屋や美容室に行く必要がなくなります。

バリカン本体は5000円以下で性能のいいものが手に入りますし、数年は壊れずにずっと使うことができます。

毎月カットに行っていたなら、その分カット代を節約できてしまいます。

混んでいる美容室や床屋ではカットしに行くと待たされることもあります。

そんなカットしに行く時間や待ち時間まで節約できて、お金と手間を大幅節約できてしまいます。

セルフカットが上手になる

最初はバリカンの当て方などで戸惑ってしまうこともありますが、2回目、3回目と使っているうちにどんどん慣れてきます。

複数のアタッチメントを使いこなすことができるようになり、セルフカットの技術も上がってきます。

セルフカットが楽しくなりますし、飽きたら違う髪型にすることもできます。

上手になれば家族や友達からもうらやましがられて、バリカンでカットを頼まれることだってあります。




バリカンを使うデメリット

バリカンは色んなメリットがありますが、やはりデメリットもあります。

美容師や理容師が技術を駆使してカットした髪型には及びませんし、上手くなるまでには多少の時間がかかります。

男性のあまりこだわらない髪型なら10分程度でできてしまいますが、ツーブロックなどの凝った髪型なら慣れても30分くらいはかかります。

新聞紙を敷いて準備したりブロッキングなども必要になりますから、面倒なのが嫌だという人にとってはデメリットになってしまいます。

オーソドックスな使い方

特に技術も必要なく、全体を短めにカットするなら初心者でも大丈夫です。

長めのアタッチメントを装着して設すれば、失敗も少なくなります。

アタッチメントを付けたバリカンで全体的に刈ってあげれば、均一に同じ長さに仕上がってすっきり感があります。

もうちょっと短めにしたい場合にはアタッチメントを付け替えて、また全体的に当ててあげるだけでOKです。

失敗しないコツは、アタッチメント使いにあります。

長めのものから試してみて、徐々に短目のものを使うようにしましょう。

初回は数日かけてでもいいので、納得できる仕上がりになるまで徐々に短いアタッチメントで刈ってあげましょう。

髪をすいてくれるアタッチメントがあるなら、重めになってしまうもみあげやサイド、後ろなどを少しすいてあげるときれいに仕上がります。

おしゃれなツーブロックにする方法

ツーブロックも意外と簡単にできてしまいます。

短く刈る部分と長く残す部分を自分で決めて、残す部分をまずはブロッキングしてしまいます。

襟足などの短くしたい部分を短めのアタッチメントで刈り上げて、ブロッキングした部分を刈らないように注意しましょう。

次に長く残したい部分に長めのアタッチメントを使って、全体的に刈っていくだけです。

きちんとブロッキングすることと、アタッチメントを付け替えて2つの部分を別々に刈るだけです。

慣れれば30分程度で、おしゃれなツーブロックをセルフカットでできるようになります。

初心者でもセルフカットしやすいおすすめのバリカン

セルフカット派から便利だとか、使いやすいと評判のおすすめバリカンを紹介しましょう。

TESCOM スキカット 電気バリカン TC396

コスパ最強で低価格ですが、アタッチメントの種類が豊富です。

1mmから30mmまで対応していますから、様々な髪型にチャレンジできます。

髪をすく用のアタッチメントもありますから、軽やかさを出すことができます。

ディープクロス刃というしっかり刈れる刃を使っていますから、太くて硬い髪質の人でも安心です。

コードレスタイプでどこでもカットできて、場所を選びません。

パナソニック カットモード ER-GF80

セルフカット派や子供の髪をカットするママなど、多くの人から人気を集めているタイプです。

耳周りをきれいにカットできるナチュラルアタッチメントのおかげで、すっきりとカッコいい髪型にできてしまいます。

サイドやトップなどの髪を減らすのにも使えますから、髪の毛が多くて困っている人もボリュームダウンして軽めに仕上がります。

アタッチメントも3mmから70mmと幅広く対応していますから、色んなヘアスタイルにチャレンジできます。

ウォータースルー洗浄で刃を外さないでも掃除できますから、メンテナンスの手間も省けます。

まとめ

バリカンは慣れてしまえば意外と簡単ですし、本体が低価格ですから初めての人でもチャレンジしやすいです。

徐々にスキルが上がってくると、自分でなりたい髪型にもできてしまいます。

散髪代の節約にもなりますし、わざわざ床屋や美容室に出向かなくてもすみます。

コスパ最強ですから1台購入して、セルフカットにぜひチャレンジしてみましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.amazon.co.jp/TESCOM-ス…
https://panasonic.jp/haircut/produc…