バリカンを買うならどんなもの?失敗しないバリカンの選び方

BESTOPE バリカン 家庭用 8 in 1多機能性 電動バリカン 電気シェーバー 充電式ヘアカッター 鼻耳顔カッター ヒゲトリマー USB充電式 低騒音

バリカンと一口に言っても、いろいろなものが売られていますよね。

だから、いざバリカンを買おうと思っても、どんなものを買ったらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

どうせ買うならば、買って後悔しない、失敗しないバリカンの買い方をしていきたいものです。

そこでここでは、失敗しないバリカンの選び方について紹介していきます。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




丸洗いできる防水性のあるものを選ぶ

バリカンを買うならば、本体をそのまま丸洗いできるような、防水性の高いバリカンを選ぶのがおすすめです。

それにはやはり、バリカンの使用用途が関係しています。

バリカンというのは、やはりすごく髪の毛を短くカットするために使いますよね。

となるとやはり、カットして落ちてくる髪の毛も短くなってきます。

最初のうちは、ある程度長い毛が落ちていきますが、そこからさらに短くしようとしてアタッチメントを付け替えたりしているうちに、ドンドン落ちてくる髪の毛も短くなってくるんです。

長い髪の毛は、そんなにたくさんバリカンにくっつくということはありません。

でも、すごく短い毛は、割とたくさんバリカンにくっついてしまうんです。

そうしてバリカンに髪の毛がたくさんくっついてしまうと、すごく厄介です。

見た目も気持ち悪くなりますし、それは手軽に綺麗にしたいと思うもの。

だから丸洗いできるものがいいんです。

丸洗いできれば、水でさっと流していくだけで、簡単にくっついた髪の毛を払っていくことが出来るようになります。

防水性が高ければストレスが溜まらない

防水性がなくても、地道に髪の毛を除去していけば、きれいに保つことはできます。

でもそれは、すごく面倒だし、時間もかかります。

そして何より、そうして髪の毛を自分で少しずつ除去していく作業は、すごくストレスが溜まるんです。

何かを買う時に大切なのは、使用時のストレスを軽減すること。

その買った何かを使用するのはまず間違いなく1回ではないでしょう。

何回も何回も使うものなのに、使うたびにストレスが溜まっていたら、結局次第にそれを使いたくなくなります。

そして違うものに買い替える。

そうなると、そこにかけたコストは無駄になりますよね。

だから、最初から使用時のストレスが溜まらなさそうなものを買うべきなのです。




アタッチメントが豊富なものを

バリカンを買うならば、アタッチメントが豊富なものを選ぶ方が良いです。

バリカンにとってアタッチメントは、どんな素人でも期待通りの仕上がりにするために欠かせないアイテムになります。

それが豊富だということは、より理想の仕上がりを作りやすいということになります。

だから、アタッチメントはなるべく豊富な方が良いのです。

出来れば6種類くらいついてくるものを選ぶのがおすすめです。

そうすれば、だいたいのスタイルを作り上げることが出来ます。

アタッチメントは代用が難しい

最初からアタッチメントがたくさんついていれば、簡単に自分のかなえたいスタイルをかなえることが出来ますが、もしアタッチメントがあまりついていなかったらどうでしょうか?

その場合には、何かで代用しないとならなくなりますよね。

アタッチメントなしで長さをそろえるのは難しいですから、まず何も装着しないというのは無理です。

だから長さの短いアタッチメントを装着したうえで、残りの長さ分を何かで代用するのが理想です。

でも、残念ながらそんな都合の良いアイテムはないんです。

たとえばすごく長いブラシなどがあったとしても、頭蓋骨は基本的にカーブしているものなので、うまくブラシをスライドさせていかないと長さが不ぞろいになってしまいます。

それも、すごく不自然な不ぞろいなので、残念な仕上がりになることは間違いありません。

アタッチメントさえ豊富についていれば解決できることなのに、アタッチメントがついていないせいでそうなってしまうのだから、アタッチメントは豊富についているに越したことはないのです。

交流式の充電方式のもの

バリカンは、基本的には充電して使うものがほとんどです。

そんなバリカンの充電方式には、二つの種類があるのです。

一つは一般的な充電式。

充電している間は充電に集中させて、バリカンとして使用することはできないタイプものです。

そしてもう一つが、交流式というタイプ。

交流式とは、充電している間もそのままコンセントにつないだまま使用することが出来るものになるのです。

こういう二つがあったとき、どっちの方が使いやすいかは明確なのではないでしょうか?

どう考えても交流式のバリカンの方が使いやすいです。

だから、バリカンを買うのであれば交流式のバリカンがおすすめになります。

充電した後でももちろん使えるのが交流式

交流式は、充電している間「にも」使えるというものになるので、別に充電さえできれば、コンセントにつながなくても使用することが出来ます。

このあたりが勘違いしがちなところになりますが、別に使用する間中、ずっとコンセントにつなげていないといけないというわけではないのです。

だから、コンセントにつなげて使用するのは、線が邪魔になりそうだから嫌だなという人でもあっても、それは特に問題ありません。

充電が十分になるのをまって、コンセントから外して使えばいいだけですから。

コンセントをつないだままでも使えるし、そこから外しても使えるという二つの使い方が出来た方が、使いやすいことは間違いないです。

なのでできれば交流式の充電タイプのバリカンがおすすめになるのです。

ある程度の長さがあるもの

バリカンには、すごくコンパクトなものもあります。

でも、基本的にはバリカンは家で使うものになりますよね。

たとえばどこか外に持っていってバリカンを使うという機会はそうそうありません。

何らかの罰ゲームで使用するのであれば、そうすることもあるかもしれませんが、それだって毎週のようにあることではないはずです。

せいぜい外に持ち出すとして年に1回くらいでしょう。

あとはほとんど家の中で使用するものになるわけですから、バリカンを選ぶ際にコンパクトさというのはそこまで気にすることではないのです。

むしろ、あまりコンパクトなものは選ばないのがおすすめになります。

逆にある程度のサイズ感のものを選ぶのが良いです。

コンパクト過ぎると持ちづらい

コンパクトなバリカンは、やはりその分だけ持ちづらくなります。

持ちづらいということは、イコールで動かしづらいということ。

だから、うまくバリカンの操作が出来ない可能性が出てくるのです。

上手くバリカンの操作が出来ないとなると、やっぱり綺麗には仕上がりません。

出来るだけ持ちやすい、動かしやすいものを選べばそうなることを回避できる可能性は高くなるのですから、そうしない理由はありません。

もちろん収納場所の都合上どうしてもコンパクトなものを選ばないといけないという場合には仕方ありません。

でも最近のバリカンは見た目もすごくスタイリッシュですから、いちいち収納しなくても、インテリアとして出しておいても映えます。

なので出来ればコンパクト過ぎるものは避けた方が良いのです。

まとめ

バリカンを選ぶ際には、これらの4つのポイントに注目して選んでみてください。

どれもちょっとしたことではありますが、こうしたちょっとしたことで使用感は大きく変わってきます。

そしてこれらの4つを満たしたところで、選択肢が格段に少なくなるということもありません。

だから是非、これらのことを参考に、失敗しないバリカン選びをしていってください。