使いやすい犬用バリカンの特徴は?5つの注目ポイント

バリカンは、ペットのトリミングでも活躍するアイテムです。

ただし、選び方には注意してください。

犬用のバリカンだからといって、適当なものを選んだりすると、意外に使いにくいものを引き当ててしまうこともあります。

安全に毛を刈るためには、そうした製品を避け、本当に使いやすいものを見極めることが大切です。

では、使いやすいバリカンとはどんなものなのか、詳しく説明していきましょう。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




刃が使い方に合っている

犬用のバリカンを選ぶときは、適当に決めるのではなく、使い方をきちんと考えておく必要があります。

それに合ったものを選ぶようにしないと、不便に感じてしまうことが多いのです。

そこで注目したいのが、刃の違いです。

犬用のバリカンには、全身用と部分用の2種類があり、それぞれ異なる刃がついています。

使いやすいものを選ぶなら、使い方との相性がよい方を選んでおいてください。

その点をしっかり押さえておけば、デメリットに悩んだりせず、サクサクと作業を進めることができます。

全身を刈る

全身を広くカットしたい場合は、全身用の大きいバリカンがおすすめです。

大きいタイプは、刃の幅が4.5cmくらいあるため、肩や背中などの広い部分をどんどん刈ることができます。

全身のカットで小さいタイプを使ったりすると、詰まってしまう可能性が高いので、選ぶときは注意してください。

また、替え刃にも要注目です。

全身用は、幅の異なる刃を使うことで、より便利に使うことができます。

犬の毛質や季節に合わせて、狭い刃と広い刃を使い分けていきましょう。

一部分だけ刈る

足裏や耳裏などの細かい部分を刈るなら、大きいサイズを使うのは危険です。

細かい部分を幅広の刃で強引に刈ったりすると、毛ではないところまで切ってしまい、怪我をさせることがあります。

安全に刈るためには、サイズの小さい部分用を使うようにしてください。

コンパクトな部分用は、刃幅が1mmしかないため、細かい作業には最適です。

気になる部分だけカットしたいときは、こちらを選んでおきましょう。

両方揃える

常に自宅でトリミングをするのであれば、どちらか一方だけでなく、両方購入しておくべきです。

どちらも使うことで、広い部分と細かい部分をしっかりカットすることができます。

1種類しかないと、うまく刈れなかったり、肌を傷つけたりすることがあるので、全身をしっかり刈ることができません。

自力で上手に、なおかつ安全に済ませたい場合は、必ず両方をチェックしておきましょう。




疲れない重さ

バリカンが重いと、使っているうちに腕が疲れてきます。

そんな状態で作業をしていると、ミスをすることも多くなってしまうのです。

気をつけているつもりでも、腕の動きが鈍れば、思わぬ間違いが起きる可能性は高くなります。

そのため、重量は軽視できない要素です。

怪我の原因をつくらない本当に便利なバリカンを見つけるには、重量も必ず確認しておいてください。

自分の腕に余計な負担をかけないものなら、しっかり動かして安全に刈ることができます。

重いものはプロ用

バリカンの中には、400~900gくらいの重めのタイプがあります。

そうしたものは、あまり一般向けではありません。

どちらかというとプロ向きのタイプであり、トリマーがよく使うバリカンになります。

自分で普通に使うときは、重すぎて腕を上げているのが辛くなったりするので、適当に決めないように注意してください。

特に、女性は要注意です
無理に重いものを使っていると、疲労を強く感じることになります。

重量をよく見て、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

家庭向けの軽さ

軽くて使いやすいバリカンは、200~300gくらいのものです。

それくらいの重量なら、多少長めに使っていても、あまり疲れることはありません。

普通に家庭で使うものを選ぶときは、見落とさないようにしっかりチェックしておいてください。

軽いものなら、まだ作業に慣れていない初心者でも、安全に使うことができます。

振動に注意

バリカンの重量には、振動も影響することがあります。

実際に重量が変化するわけではありませんが、振動が加わることで、重くなったように感じてしまうのです。

そのため、振動が大きいものだと、軽いものを選んだつもりでも、意外な重さに戸惑ってしまうことがあります。

トリミングを楽にするためには、口コミなどをチェックして、なるべく振動の小さいものを選んでおいてください。

音が小さい

犬のトリミングをするときは、音がデメリットになることもあります。

バリカンの音が大きいと、犬が怖がってしまい、すんなりカットさせてくれないのです。

特に、自宅で行うときは注意が必要です。

家の中が静かなときは、バリカンの音だけが目立ってしまいます。

他の音も多いトリミング室ならそれほど目立ちませんが、静かな場所で行うと、かなり敏感に反応することも多いのです。

その点を考慮するなら、おすすめは静音性の高いタイプになります。

スイッチを入れても大きな音が出ないタイプであれば、犬に無駄なストレスを与えることはありません。

大人しくなってくれれば、作業もしやすくなるのです。

コードレス

使いやすさに注目して選ぶなら、やはりコードレスであることは欠かせません。

コードレスのバリカンは、場所を選ばず、どこでも使うことができます。

近くにコンセントがない場所でも、延長コードを用意するような手間をかけず、どんどん使うことができるのです。

その点に注目するなら、コードレスで使えるものを選びましょう。

動きを制限されない

コードがあるタイプだと、動かせる範囲が限られてしまうため、不便に感じたりするものです。

少し向きを変えたくても、コードが伸びないようなときは、思うように動くことができません。

そうしたデメリットを防ぎたいときも、コードレスが役立ちます。

コードの長さを気にせず、自由に動くことができるため、作業しやすくなるのです。

できるだけ刈りやすくなるものを使い、失敗を防いでいきましょう。

パワー重視なら有線も

コードレスタイプは便利ですが、有線に比べると、少しパワーが弱く感じることもあります。

そんなときは、普通にコンセントにつないで使うようにしましょう。

直接つなげば、パワーが落ちることはありません。

そうした使い分けができる点も、コードレスタイプのメリットになります。

重視する点がどこかよく考え、上手に使っていきましょう。

水洗いできる

使いやすいバリカンを探すなら、手入れの方法も含めて確認しておくことが大切です。

刈るときは使いやすくても、手入れが面倒なものは、不便に感じたりするものです。

そうならないためには、防水性の高いものを探してみましょう。

防水なら、使ったあとに丸洗いすることができるため、簡単に汚れを落とせるようになります。

犬のトリミングでは、肛門周辺などの汚れが多い部分も行うため、使用後はきちんと洗い、きれいな状態にしておくことが大切です。

浴室でカットする場合は、そのまま洗う作業も済ませることができるので、防水性はぜひチェックしておいてください。

まとめ

犬用のバリカンを選ぶなら、ここで紹介した特徴を細かくチェックしてください。

使いにくいもので無理やり刈っていると、失敗することが多くなります。

犬の体を傷つけたり、必要ない部分まで刈ったりしないためにも、雑な選び方をせず、慎重に探していきましょう。

使いやすさにつながる特徴を押さえておけば、自分に合った本当に便利なものが見つかります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://my-best.com/2478
https://wanchan.jp/osusume/detail/1…
https://pettimo.com/dog-hairclipper…
https://goody8.com/37239/
http://inukau.com/犬-トリミン…