セルフツーブロックの落とし穴?バリカンで後頭部をカットする際のポイント

自分でツーブロックを作る際に、一番難しいのはやっぱり襟足部分の仕上がりなのではないでしょうか?

後ろはなかなか自分では見えないところになりますし、そして当然手もうまく動かしづらいところになりますから。

失敗すると目立つところでもあるので、誰だって失敗はしたくないですよね。

そこでここでは、バリカンで後頭部をカットする際のポイントを紹介していきます。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




立体感を持たせるようにする

バリカンで後ろ側をカットする際に、失敗しないようにするために一番大切なのは、やっぱり長さ調節になります。

長さが長すぎるとあまり意味がありませんが、短すぎると悲惨です。

後ろをカットする際には、特に何も気にしないで横と同じくらいの長さにしてしまう人も多く見られます。

でも、横と同じくらいの長さにしてしまうと、どうしてもバランスが悪くなってしまうのです。

言うなれば、坊主の上に髪の毛をかぶせているような見た目になってしまいます。

それは誰が見ても違和感を感じるものです。

でも、ツーブロックという髪型は、刈り上げた中の上に髪の毛をかぶせていくものですし、坊主の上に髪の毛をかぶせるというのでも間違ってはいないのではないか?

と思うものですよね。

しかしそれは間違いなのです。

中の刈り上げには、実はすごく立体感が大切になります。

横も後ろも同じ長さに刈り上げてしまっていたら、その立体感がなくなります。

だから違和感が感じられるようになるんです。

では、立体感を出すためにはどうすればいいでしょうか?

横と長さを変えればいい

その答えは簡単です。

あえて横の刈り上げ部分と長さを変えればいいのです。

同じ長さにしようとするから、立体感がなくなり、違和感が出るようになってしまう。

なのでそれを打破するために、後ろは横と比べて気持ち長めに設定したバリカンで刈るようにするんです。

そうすれば、自然と立体感がでて、きれいなツーブロックが完成していきます。

極端に変えすぎない

当然ながら、横と後ろで極端に長さが違うとなると、それはそれですごく見た目に違和感がある様になります。

だから長さを変えるとは言っても、2ミリくらい変えておけば十分です。

ただ全体的に2ミリくらい変えておけばいいというわけでもありません。




後ろはグラデーションにするときれいになる

人の頭の形を想像してみてください。

緩やかなカーブを描いていますよね。

その緩やかなカーブがどこで一番顕著にみられるかといえば、それはやはり後頭部になります。

だからこそ、後ろ側にバリカンを入れるのは難しかったりするんです。

その緩やかなカーブを活かして、きれいな後頭部の仕上がりにするためには、バリカンもグラデーションを意識して入れていく必要があります。

長さを細かく変えるということ

グラデ―ションとは簡単にいえば、長さを細かく買えるということです。

たとえばサイドを9ミリで刈ったとします。

そうしたらそこから2ミリくらい長いのが適切なので、襟足の一番短い部分は11ミリとなります。

でも、いきなり11ミリで入れてしまうと、グラデーションが出来なくなるので、11ミリで入れるのは最後。

11ミリから逆算して、残りの部分の長さを設定していくんです。

長い部分はだいたい10ミリくらい長いのが適切なので、長い部分は21ミリとなります。

なのでまずは21ミリで全体的に後ろを刈っていく。

その後、長い部分が21ミリ、短い部分が11ミリだと差がありすぎて綺麗なグラデーションには見えないので、その間の長さも欲しいです。

だから、まずは21ミリで刈ったら、その後下から3分の2くらいのところまで16ミリくらいでカットしていきます。

そして最後の3分の1を11ミリで刈っていく。

するときれいなグラデーションが出来て、カーブを活かした綺麗な襟足部分ができやすくなります。

髪の毛のかかり方が自然になる

こうしてカーブを活かすことによって、襟足部分の髪の毛のかかり方が自然になるということがあります。

カーブを活かさないで均一に刈っていくと、髪の毛のかかり方がカツラのようになってしまうのです。

場合によっては本当にカツラをしていると思われてしまうこともあるでしょう。

それは誰だって嫌ですよね。

だから、グラデーションはかけるべきなのです。

下から上に入れていく

バリカンを入れる際には、下から上に入れていくのが基本です。

それは、襟足であってもサイドであっても、そして違うところであっても同じです。

なので襟足にバリカンをいれる際にも、下から上に入れるように意識してください。

襟足は、自分でバリカンを入れるとなると下から上には動かしづらいですよね。

だからついつい上から下に向けてやってしまう人もいるかもしれません。

でも、下から上にやるように意識してください。

なぜ下から上なのか

何故バリカンを入れる際には下から上なのか。

別に上から下であっても結果的には同じなのではないか?

と思う方もいるかもしれません。

でも、下から上に向かうのがいいということには、理由があります。

何もやりやすいから下から上に向かっていくのが良いというわけではないのです。

下から上にバリカンを向かわせることによって、バリカンを入れる際にしっかりと髪の毛を立ち上げて、捕まえやすくなりますよね。

だから、バリカンで綺麗に長さを整えることが出来るようになるんです。

たとえば全体的に短いところに、数本だけ長い毛があったら、それはすごく気になりますよね。

そうなることが防げるようになるんです。

襟足こそ下から上に

これがたとえば、サイドは前頭部であれば、数本だけ長い毛があればその気にはすぐに気が付くものです。

でも、後ろはまた違います。

襟足の部分は、基本的には自分では見ることが難しいですよね。

全体的にふわっと見ることはできても、数本の長い毛に気が付くほどではありません。

となるとヤッパリ、そういう毛が生まれやすくなるんです。

でも、自分以外の人には良く見えますし、気が付かれることもある。

そうなったら恥ずかしいので、そうならないようなバリカンの使い方をしていくべきなのです。

写真で確認しながらがおすすめ

もう一つ、襟足にバリカンを入れる際のコツがあります。

それが、写真で確認しながら入れていくというもの。

襟足にバリカンを入れていく際、合わせ鏡でなんとか見ようとしながらやっていた人も多いでしょう。

確かにそれでもある程度は把握することは可能です。

でもそれはあくまでもある程度ですし、何となく頭も使うので、落ち着いて確認することが出来ません。

そこで役立つのが写真です。

スマホで写真を撮れば、それをゆっくり見ながら確認できます。

完成図のイメージも付きやすくなるので、失敗する可能性はぐっと減るのです。

時間はかかりますが、逐一写真をとり、それを確認しながらバリカンを入れていくことをおすすめします。

いろいろな角度から見られる

写真であれば、おちついて見ることが出来るというだけではなく、いろいろな角度から自分の後頭部を見ることも出来ます。

だから、グラデーションがいまいちなことなどにも気が付きやすいです。

それもまた、写真を撮りながらバリカンを入れるのがおすすめな理由です。

まとめ

バリカンで後頭部部分を綺麗にカットしていくためには、こうしたコツが必要になります。

逆に言えば一見するとすごく難しく見える後頭部部分も、コツさえしっかりと把握して、それを意識しながらやっていけば意外とうまくできます。

是非これらのことを参考にして、セルフツーブロックでも失敗しないようになっていってください、