トリミングに行かずに自宅でカット、バリカンのすすめ

マルカン コードレスバリカン ミニ DP-933

犬と快適に暮らすにはトリミングはかかせません。

しかも今はただ短くしてくれるだけでなく、オシャレにカットしてくれるところも多く、一つのファッションになりつつあります。

でもトリミング代って結構かかりますよね。

しかし、バリカンさえあれば自宅で簡単にカット出来ちゃうんです。

犬のカットに最適なバリカンをご紹介したいと思います。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




バリカンの種類

バリカンには種類はあるのでしょうか。

簡単にタイプ分けしたのでご紹介します。

全身カット用

毛の伸びる犬種など定期的に全身のお手入れをするなら、全身カット用のバリカンを使うのがおすすめです。

広範囲をカットすることが出来るので、時間短縮になり、犬への負担も軽くなります。

ただ初めてバリカンを使う方が、いきなり犬の全身をカットするのは難しいため、まずは部分カットから始めることをおすすめします。

部分カット用

こちらは反対に細かい部分をカットするのに適したバリカンです。

全身をカットするほどではないが、足の裏やおしり周りなどの少ない範囲の毛をカットする場合におすすめです。

刃先の幅も狭いため音も小さく、力も入れずに済むため初めてバリカンを使う方でも簡単に扱えます。

このように犬用バリカンには、大きく分けて「全身カット用」と「部分カット用」の2種類があります。

犬の毛の状態や大きさ、使用目的に合わせて適切なものを選ぶようにしましょう。




バリカン使用で注意すべきこと

それでは次に、バリカンを使用する上で注意すべきことについてご説明します。

毛が生えなくなる場合がある

バリカンで全身カットする場合、バリカンを入れることにより毛が生えなくなったり、毛の密度がスカスカになる「バリカン後脱毛症」になることがあります。

犬種でいうとポメラニアンに発症しやすいと言われていますが、毛の柔らかい子、量の多い子は注意が必要です。

私はサモエドを飼っていますが、やはり最初はこの症状が出てしまい、毛の密度が少なくなりました。

過去にバリカン後脱毛症になったことがある子は、トリマーや獣医に相談してからバリカンを使うようにしましょう。

毛が刈れない場合がある

例えバリカンをもってしても刈れない場合があります。

毛の量が多い子やアンダーコートが密な子、また既に毛玉が出来てしまっている子は刈りにくいことがあります。

毛が刈れないのに無理に刈ろうとするとバリカンが壊れたり、最悪犬に怪我をさせてしまう場合があります。

こういう時は刃を皮膚に平行にし、ゆっくり動かすことがポイントです。

それでも刈れない時はバリカンの刃が汚れていたり、破損している場合もあるので一度確認して下さい。

バリカンを嫌がる場合がある

怖がりな子の場合、バリカンの音や振動を怖がってしまう場合があります。

そういった場合に無理に使用せず、まずはバリカンそのものに慣れさせることから始めるようにしましょう。

最初は体にバリカンを当てず、音に慣れさせます。

そしてスイッチを付けない状態でバリカンを体に当て、道具が怖いものではないことを知ってもらうようにしましょう。

そうやって徐々に慣れさせ、できるだけ犬にとってバリカンがストレスにならないようしていくことが大切です。

バリカンでのカット方法

次にバリカンでのカットの仕方をご紹介します。

まずは足裏から

いきなり全身のカットから始めるのではなく、まずは足裏のトリミングをおすすめします。

実は肉球の間の毛が伸びると足が滑りやすくなってしまい、また湿気などによる皮膚病を起こしやすくなります。

そのためここのカットは非常に大切なのです。

机の上などに滑り止めを敷いて犬を乗せ、犬の身体を脇で抱え込むようにして脚先を取り上げます。

もし抱っこができる犬なら、ヒザの上に乗せるなどして抱くようするのもおすすめです。

そして指を1本ずつ広げながら、ゆっくりと毛をカットしていきます。

足裏のカットが終ったら、足の指先全体が丸く見えるように飛びだした毛を整えていきます。

胴回り

胴回りのトリミングは、広い面をカットすることになるため顔周りよりも比較的簡単です。

足裏のカットに慣れてきたら次は胴回りに取り掛かりましょう。

ただいきなりバリカンで刈りこもうとすると毛が絡まってしまう場合があります。

まずコームなどで整えながら、好みのコートの長さになるまではハサミで切っていきます。

その後にバリカンでなぞるようにカットすると、ムラなくきれいに仕上げることが出来ます。

そして刈り残した部分を再びハサミで整え、ブラッシングして完成です。

最後に顔周り

とにかく顔周りのカットは、安全性を重視することが大切です。

やはりバリカンが見えてしまう分、顔周りのカットを嫌がる犬は多いです。

歯先は絶対に犬のほうに向けず、全体を寝かせながらカットしていきます。

顔は短く切りすぎると失敗が目立ちやすいので、最初は長めにまとめるのがいいと思います。

おすすめのバリカン3種

それでは最後に犬の毛のカットにおすすめのバリカン、3種をご紹介したいと思います。

Esher Storeペット用バリカン

ペット用バリカン 犬猫用クリッパー シェーバー 低騒音・高性能 業務用 Esher ネイビー

こちらのバリカンの刃の部分は「チタン合金の上にセラミック」の二重構造になっており、とてもパワフルで巻き毛・濃密毛・長い毛・細い毛のペットでも簡単にカットすることができます。

また低騒音低振動なのでペットも警戒せず、落ち着いた状態でカット出来るのバリカン初心者にはおすすめです。

更に大容量バッテリーが搭載されているため、一回の充電で300分以上使用でき、例え途中電量が不足になってもケーブルをコンセントに繋ぐだけで続けることが出来ます。

お買い上日より12ヶ月の保証期間がついているのもポイント高いです。

これだけ高性能で2,299円なのでかなりおすすめのバリカンです。

Pateker充電式コードレス 犬用グルーミングバリカン

Pateker® 充電式コードレス 犬用グルーミングバリカン ペットの全身の毛をプロの仕上がりに 調整可能なコームガイドで小型犬、中型犬、大型犬/猫/その他の動物に幅広く対応 ペットグルーミングセット

こちらはプロ精度のトリミング用バリカンです。

高品質なチタニウムの刃とセラミック製可動式の刃によってあっという間に毛をカットしてくれます。

またカットの長さが最大4段階調整可能です。

長さは、3mm、6mm、9mm、12mmです。

犬の毛にあわせて長さを調整し、自分の好みのスタイルに仕上げましょう。

しかも軽量かつコードレスなのでコードのトラブルを気にすることなく、どこでもいつでも手軽にトリミングが可能です。

こちらも2,889円とかなり安いので、カットに使いたい場所にコンセントがない、といった方はこちらのバリカンをおすすめします。

JPIIEEペットクリッパー

こちらのバリカンの刃の部分は、サラミ+チタン合金刃なので切れ味抜群なのが特徴です。

「低騒音」使用時のノイズはわずか50デシベルと振動も少なく、ペットが怖がる心配もなく夜でも音を気にせずに使用することが出来ます。

3時間で満充電の状態になり、約240分連続稼動出来るのもこのバリカンの魅力です。

もちろんカットの長さも調整可能。

3mm、6mm、9m、12mmという4つのアタッチメントが付くので、好きな長さやスタイルにカットすることが可能です。

こちらも安心のメーカー1年間保証が付き。

値段は3,800円と上二つと比べ、少しお高めですが、その分切れ味は抜群。

毛の量の多い犬を飼っている方、また刈る面積の広い大型犬を飼っている方はこちらのバリカンだとストレスなくカット出来ると思います。

まとめ

このように、ペット用のバリカンさえあれば自宅で簡単にトリミングをすることが出来ます。

初心者は足裏からはじめ、次に胴体、顔と、最終的には自分好みのカットが出来るようにしましょう。

犬と快適に暮らしていくためにもトリミングはかかせません。

トリマーさんに任せるのでなく、自分でカットしてみたいと思っていた方は是非参考にしてみて下さい。

参考URL(文献)・根拠など

実際に犬を飼っているので実体験
購入したEsher Storeペット用バリカン を参考