バリカンで坊主にするときのコツは? セルフカットのポイント9選

バリカンが家にあると、自分で坊主にするときはとても便利です。

ハサミなどと違い、サクサクと刈っていくことができるため、簡単にきれいな坊主にできます。

ただし、あまり雑なやり方だと失敗してしまうので、適当に刈るのはよくありません。

では、坊主のセルフカットで失敗しないためのポイントについて、詳しく説明していきましょう。



こちらの記事でおすすめのバリカンを紹介していますので参考にして下さい。




長さに合ったアタッチメントを使う

ひとくちに坊主といっても、髪を長めに残す坊主もあれば、かなり短く刈り込む坊主もあります。

1mmまで刈り込むと肌が見え、カミソリで剃ったような印象になります。

長めに15mmくらい残しておく方法だと、髪に動きが出てくるので、ワックスなどでセットすることもできるのです。

したがって、セルフカットをするなら、どのような坊主にするのか、しっかり考えてから始めることが大切です。

刈りながら考えていたのでは失敗してしまうので、まず目標を定め、それに合わせた刈り方をしていきましょう。

アタッチメントをうまく使えば、上手にセルフカットができます。

合った長さを選ぶ

アタッチメントにはいろいろな長さがあるので、最初に決めた理想的な長さに合わせて、適切なものを選ぶようにしましょう。

間違ったアタッチメントを選ぶと、自分が目指している坊主にできなくなります。

例えば、長めに髪を残しておきたいとき、よく考えずに短いアタッチメントを使ったりすると、想像とまったく違う結果になってしまうものです。

そのような失敗をしないためにも、アタッチメント選びは慎重に行いましょう。

使い分けておしゃれな坊主に

アタッチメントを上手に使い分けると、髪の長さにグラデーションをつけることができます。

例えば、サイドは3mm、トップは9mm、それ以外は6mmといった具合です。

そのように、刈る部分によって長さを変えていけば、少し凝った坊主にすることができます。

ただの短い坊主ではなく、おしゃれ坊主にしたいときは、そのようにアタッチメントを使いこなすことが重要なのです。

うまく調整しながら使い、個性的な髪型にしていきましょう。




髪を濡らす

バリカンを使うときは、いきなり刈り始めるのではなく、まず髪を濡らしましょう。

乾いた状態だと、少し刈りにくくなってしまいます。

失敗を防ぐためには、デメリットになる要素をしっかり排除する必要があるのです。

特に、バリカンにあまり慣れていない場合は要注意です。

初めてだと難しく感じることも多いので、なるべくカットしやすい状態にしておいてください。

髪を濡らして寝ぐせなどを直しておけば、スムーズに作業を進めることができます。

すべての方向から刈る

バリカンで髪の毛を刈るときは、一方向にだけ動かすのではなく、なるべく方向を変えることが大切です。

全体的にただ短くするときは、適当に同じ方向で刈ってしまうこともありますが、それだと失敗する可能性があります。

刈ったあと、白く筋が残っているように見えることがあるのです。

きれいな坊主にするためには、方向を固定せず、まんべんなくバリカンを動かすようにしてください。

上下左右だけなく、斜めにも動かし、いろいろな方向から刈っていけば、失敗を防ぐことができます。

バックは鏡を見ながら

自分で坊主にするときは、後ろのカットで困ることがあります。

後ろを直接見ることはできないので、バリカンをどう動かせばよいかわからず、手が止まってしまうのです。

かといって、よく見えない状態で無理に作業を進めようとすると、失敗してしまいます。

この問題を解決するために役立つアイテムが、鏡になります。

手鏡などを用意し、そこに後ろを映して確認しながら刈るのがおすすめです。

それなら、何も見えない状態で刈るより、失敗は少なくなります。

見にくい部分であっても、スムーズにカットすることができるのです。

耳たぶを折って刈る

耳のあたりは、少し刈りにくい部分になります。

広い部分ならどんどんカットできますが、細かいところだと、あまり大胆な作業はできません。

そのため、サイドを刈るときは十分注意してください。

強引にカットしようとすると、耳を傷つける可能性があります。

安全に作業を進めるには、耳たぶを折って押さえ、できるだけ刈りやすい状態にしておきましょう。

耳の周辺が刈りにくいのは、耳たぶが邪魔になってしまうからです。

しっかりよけて刈るようにすれば、失敗することはありません。

多少面倒でも、慎重かつ丁寧な作業を心がけてください。

しっかりブロッキングする

通常の坊主ではなく、おしゃれ坊主にしたい場合は、3段階に分けてカットしていくことになります。

アタッチメントで長さを変え、グラデーションがつくように刈っていくわけです。

そのときに重要となるポインとが、ブロッキングです。

特定の部分だけをきれいにカットするには、邪魔な髪を留めておく必要があります。

それには、ダッカールというヘアカットのためのピンを用意しておきましょう。

ダッカールで髪を固定しながら刈っていけば、うまくグラデーションにすることができます。

おしゃれにこだわりたい人は、こうした工夫もしっかり行ってください。

ハサミも併用する

バリカンは便利なアイテムですが、なんでもできるわけではありません。

襟足や耳周りなどの細かい部分をカットしたいときは、バリカンだけだとうまくできず、困ってしまうことがあります。

耳の場合は、先述したように折ってから刈る方法もありますが、慣れないと難易度が高く感じるものです。

そんなときは、ハサミがあると便利です。

細かい部分の余分な髪は、ハサミを使ってカットした方が、きれいに整えることができます。

刈りたい部分に適したアイテムを使い、失敗を防いでいきましょう。

スピードはゆっくり

セルフカットを上手に行うなら、手を動かすときのスピードも重要になってきます。

きちんと理想通りの髪型にするなら、あまり速く動かさないようにしてください。

時間がなかったりすると、急いで終わらせるために速く動かしたくなりますが、それは失敗の原因になります。

焦って雑な作業になっていると、やりすぎてしまうことも多いのです。

そのような事態を回避するためにも、スピードはできるだけ抑えてください。

ゆっくり丁寧にカットしていけば、大きな間違いが起きることも少なくなります。

そのためには、時間を確保することも大切です。

余裕がないときに無理に行うのではなく、時間があるときを狙い、じっくりカットしていきましょう。

排水溝にネットをかぶせる

セルフカットでは、刈ったあとのこともしっかり考えておくべきです。

バリカンを使う場所は、浴室を選択することも多いですが、何もせずにただ始めてしまうと、排水溝が大変なことになります。

大量の髪が集まるため、すっかり詰まってしまうことがあるのです。

いくら上手にカットできても、そのために余計なトラブルが起きるようではいけません。

髪を刈るときは、浴室の排水溝にネットをかぶせ、詰まりの対策をしておきましょう。

キッチンの三角コーナーで使うようなネットを利用すれば、しっかりガードすることができます。

まとめ

バリカンを使って坊主にする方法は、ただ短く刈るだけの簡単な作業のようなイメージもありますが、油断は禁物です。

あまり適当に刈っていると、思わぬ失敗をすることもあります。

それを防ぐためには、ここで紹介したポイントをしっかり押さえておいてください。

雑な方法で刈ったりせず、正しい方法で慎重に刈っていけば、上手なセルフカットができます。